デボラのテーマ



6月の奈良の恒例行事として定着してきた“ムジークフェストなら”。
今年2017年ではジョン・ウィリアムズの映画音楽の演奏会があって、
聴きに行きたかったのですが、残念ながら都合がつかず断念。
そうなると、無性に聴きたくなってきます。
YouTubeには映画音楽がたくさんアップされているので、いろいろ聴きました。
今の時代、こういうサイトがあって本当にありがたい。



Star Wars (ベルリン・フィル、ラトル指揮) [2:56]


ライトセーバーを弓がわりにして弾いていたり、
女性ホルン奏者がレイア姫の髪型だったりと、
突っ込みどころがいろいろあります。





シンフォニックなジョン・ウィリアムズもいいのですが、個人的にはエンニオ・モリコーネの曲がワタクシの心を揺さぶります。
映画 『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年) の曲も感動的でした。
映画 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984年) に登場するデボラちゃんのテーマは大好きな曲のひとつで、
少女時代から彼女に恋するヌードルス (ロバート・デ・ニーロ) の回想シーンでこの曲が流れると、
切ない気持ちが溢れてきます。


Deborah's Theme (Once Upon a Time in America) [4:22]





デボラちゃんの少女時代を演じるのは、ジェニファー・コネリー。
本当に可愛い!
物置で踊るときに流れていた曲は、「アマポーラ」。
この映画を初めて見たとき、オリジナル曲と誤解しましたが、映画の中で使われた編曲がまた素晴らしく美しい。


Amapola [5:23]

(この映像は映画と直接関係ないです)





成人したデボラちゃんを演じるのは、エリザベス・マクガヴァンという女優さん。
この映画では、無愛想で、影のある陰鬱な表情が多いので、いまひとつ評判は良くなかったようです。
そういう役柄ですから、ある程度仕方がありませんね。
眼が綺麗で、背の高い彼女は個人的にけっこう好きです。


デボラ (エリザベス・マクガヴァン)
Deborah05-111.jpg

数少ない笑顔のシーン。





で、デボラちゃんを演じたエリザベス・マクガヴァン。
その後どうしたのかと気にかかって調べていたら、
NHKの日曜夜に放映しているドラマ 『ダウントン・アビー』 に出ていることを最近知って、びっくり!
グランサム伯爵夫人コーラとして登場しているではありませんか。
コーラがあのデボラちゃん??




2012年のカンヌ国際映画祭で、デジタル修復とともに未公開シーンが加えられた
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 が特別上映されました。
会場には関係者が集まり、ロバート・デ・ニーロ、マックス役のジェームズ・ウッズ、
エリザベス・マクガヴァン、ジェニファー・コネリーという豪華メンバーが登壇しました。
そのときの様子がYouTubeにありました。


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 特別上映会で ~ カンヌ国際映画祭 (2012年) [6:06]

観客席にいるエンニオ・モリコーネも拍手され、立ち上がっています。





で、エリザベス・マクガヴァン。
もっと驚いたことに、音楽バンドを持っていて、自らヴォーカリストとして音楽活動も行っています。


Everybody's Got A Song (2014)  [3:56]

バンドのHP →



デボラちゃん、元気そうです。



桂離宮






201705200346aA.jpg







庭園のところどころにある穴。
201705200351aA.jpg
大事な役目があります。







201705200355aA.jpg








201705200360A.jpg








201705200363arA.jpg








201705200379aA.jpg








201705200385aA.jpg








201705200388aA.jpg








201705200402aA.jpg








201705200410aA.jpg








201705200421aA.jpg








201705200426aA.jpg





初めての訪問。
建築や庭園について知識があれば、もっと楽しめたかもしれません。
でも、行ってよかった。

  ※ 桂離宮の紹介ビデオは、こちら




「わたしは、奈良派。」




201705210452aA.jpg



“ ザ・なら ” なポスターです。
近鉄の駅構内などで貼り出されています。

  ※ 「 わたしは、奈良派。」 サイト →







ということで、ワタクシも真似してみた。




201702116428a-011.jpg








201706180948-0111.jpg














ただ。。。







201608072158-1111.jpg




「 ときどき、京都派デス。申し訳ございません。」

201608072159-1111.jpg


“ 謝るときは、正面に向きなさいっ! ”



「青春18きっぷ」ポスター紀行 in 奈良 (その2)



奈良県立美術館で開催されたJRの 「青春18きっぷ」 のポスター展。
2017年4月15日~5月21日の前半と後半の2期に分けて、約25年分のポスターが展示されました。


201704238700-0111.jpg






201705210467A.jpg







後半展示から、好きなポスターをいくつか。



「あ  の  頃  の  青  を  探  し  て  。」
201705210470A.jpg








「この夏の新色です。」
201705210471A.jpg








「おみやげに持って帰れないものがありました。
この景色です。」
201705210474A.jpg








201705210475A.jpg




あ~、旅に出たい。




  ※ 前半展示の記事 →


平重衡を追う(57)~ 敵の敵・横川覚範



横川覚範の供養塔と首塚
201705110268aA.jpg




吉野の上千本に、横川覚範 [よかわのかくはん] の供養塔と首塚があります。

以下、説明板から抜粋・要約:

  文治元年 (1185) 12月、兄の頼朝の怒りに触れた源義経が、家来 (武蔵坊弁慶、佐藤忠信、伊勢の三郎、
  常陸房 [ひたちぼう] 海尊、鷲尾の七郎、片岡の八郎) と、静御前を連れて雪の吉野山に入り、
  吉水院 (吉水神社) に身を隠していた。
  ところが、あてにしていた金峯山寺の僧兵が敵になったため、吉野水分神社まで逃げた。
  僧兵の中でも屈強の横川覚範が追ってきたので、佐藤忠信が義経の身代わりとなって戦い、
  花矢倉から矢を浴びせて覚範を討ち取り、そのすきに義経一行を落ち延びさせた。
  討たれた覚範の首が埋められたのがこの場所と伝わる。


「横川」 なので、比叡山の僧だったのでしょうね。
そういえば、武蔵坊弁慶も比叡山にいたな。


横川覚範首塚から少し登ったところにある花矢倉の展望台
201705110258aA.jpg
(現状、立ち入り禁止)

しかし、大量の矢はどうやって手に入れたのか?
















今回の記事はあまり平重衡に関係のない余談っぽいのですが、さらに余談です。



勝手神社
201701035670aA.jpg


 中千本バス停の横にある勝手神社は、2001年に放火により焼失してしまいました。
 立ち入り禁止だった境内は、最近になって入れるようになりました。
 静御前が追っ手に捕まったときに、この境内で舞を舞ったと伝わります。








白拍子の舞
201701286261aB.jpg


 静御前の母・礒野禅尼は大和高田市が出身地と言われ、吉野で捕まった娘とともに鎌倉へ送られました。
 静は鎌倉で義経の子を産みましたが、男子であったため頼朝の命により赤子は由比ヶ浜で殺されました。
 静御前と礒野禅尼は釈放され京都へ戻ったとされますが、その後の消息は不明のようです。
 郷里の大和高田市に戻ったとも言われています。
 このため大和高田市には、静御前や礒野禅尼の伝説が残っています。
 写真は奈良大立山まつり2017で披露された 「白拍子の舞」 で、大和高田市の出し物。
 もちろん静御前をイメージしていますね。




 比叡山・横川ゆかりの僧侶といえば、慈慧大師良源 (元三大師)、恵心僧都源信が有名。
 良源はおみくじを始めた人。
 源信は 『往生要集』 を著した人。奈良博の源信展、楽しみです。


検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR