JR東海CM・長谷寺・奈良大和四寺編(2)









JR東海の 「うまし うるわし 奈良」 キャンペーンの新作は、


“長谷寺・奈良大和四寺編”




シリーズ第31作目は、「長谷寺からはじまる奈良大和四寺の旅」として、長谷寺、室生寺、岡寺、安倍文珠院の4か寺が取り上げられています。

テレビCMが始まりました。
特設サイトでも見ることができます。 →


  天に詣でる
  長い登り廊をたどると 天空の舞台
  奈良 長谷寺




動画では、長谷寺のみ取り上げられています。
30秒という時間枠の中で4か寺すべては無理がありますからね。
このため、他の3寺の印象はゼロ。

前半に流れる曲は、G.ホルスト作曲・組曲『惑星』の中から「木星」(ジュピター)の冒頭部分。(シンセサイザーっぽい)
ナレーションにある「天」がキーワードになっているので、宇宙的なものをアピールするためでしょうか。
後半の音楽は、お約束のテーマ曲(『ダッタン人の踊り』のアレンジ曲「Again」)ですね。




※ JR東海 「うましうるわし奈良」 キャンペーンソング →

   ♪ Time again
     Take my heart to a gentle place ♪




JR東海CM・長谷寺・奈良大和四寺編









JR東海の 「うまし うるわし 奈良」 キャンペーンの新作は、


“長谷寺・奈良大和四寺編”




2006年に始まったこのキャンペーン。
キャッチコピーは、 “ いま、ふたたびの奈良へ ” 。

シリーズ第31作目は、キャンペーンとして初めて、複数の寺院をまたがるエリア展開というもの。
「長谷寺からはじまる奈良大和四寺の旅」として、室生寺、岡寺、安倍文殊院を含む4か所の寺院が取り上げられています。
4寺とも近鉄沿線ですね。
岡寺と安倍文殊院はキャンペーン初登場。

室生寺の金堂に安置されている仏像群の一部が、2020年春オープン予定の宝物殿に引っ越しされるため、現状のそろい踏みの状態を拝めるラストチャンスだそうです。

岡寺の本尊・如意輪観音菩薩坐像の胎内に小さな仏像が納められていることがわかったと、先日報道がありました。
今回のキャンペーンに合わせた発表だったのかな?
岡寺は西国三十三所第7番札所。

安倍文殊院の渡海文殊菩薩像は快慶作の傑作(国宝)。


TVCFは、2019年4月6日~28日。
ポスターは、2019年4月6日から順次掲出。
ホームページ内特設ページは、2019年3月22日から順次公開。





安倍文殊院にて。

“安倍晴明公 天文観測の地” (榊莫山)
201705280583A.jpg





晴明堂
201705280580A.jpg






201705280590A.jpg






201705280602A.jpg




JR東海CM・興福寺中金堂編









JR東海の 「うまし うるわし 奈良」 キャンペーンの新作は、


“興福寺 中金堂編”




2006年に始まったこのキャンペーン。
キャッチコピーは、 “ いま、ふたたびの奈良へ ” 。

シリーズ第30作目は、今年2018年10月、約300年ぶりに再建なった興福寺の中金堂を特集。
興福寺としては早くも三度目のキャンペーン登場です。

TVCFは、2019年1月12日~27日。
ポスターは、2018年12月22日から順次掲出。
ホームページ内特設ページは、2018年12月20日から順次公開。




竣工ちかい中金堂
201806103162A.jpg
(2018年6月)




「うまし うるわし ニャら」
201806103142A.jpg







≪余談≫

 最近の女子フィギュアスケートは日本人スケーターが大活躍していますね。
 しかもそのほどんどが関西勢なのがすごい。
 そんな女子のひとり、坂本花織ちゃん。
 初めてテレビ画面で見たときから、どこかで見かけたことがあるような気がしていたのですが、最近になって答えが見つかりました。











興福寺の仏頭
buttou11-02-2016.jpg
(パンフから拝借)


 目元が似ているような気がするのですが。。。


JR東海CM・ならまち元興寺編









JR東海の 「うまし うるわし 奈良」 キャンペーン、2018年の第3弾は、


“ならまち・元興寺編”




2006年に始まったこのキャンペーン。
キャッチコピーは、 “ いま、ふたたびの奈良へ ” 。

シリーズ第29作目は、「元興寺」 とかつてその境内だった 「ならまち」 を特集。

「うまし うるわし 奈良」 キャンペーンは1年に2回実施される場合が多いのですが、今回は3回目です。
3回目のある場合のほとんどは9月にキャンペーンがスタートし、デジタルサイネージとポスターでの対応までとなり、動画のテレビCMはありません。
過去の “中宮寺編” や “聖林寺編” もそうでした。

元興寺の極楽堂の隣にある禅室では、今年2018年6月から7月にかけて 「屋根裏探検」 が行われました。
創建当初の飛鳥時代、奈良時代、鎌倉時代などの各時代の部材が屋根裏に使われているのを間近で見られる貴重な機会で、この秋にも再び実施されるそうです。

「うまし うるわし 奈良」 キャンペーンでは珍しく、今回のポスターではならまちにあるお店が登場しているのが特徴的。
「こたろう」、「茶論」、「奈良ホテル THE BAR」、「リストランテ・リンコントロ」、「吉田蚊帳」、「粟 ならまち店」 ・・・

ならまち界隈には魅力的で個性的なお店があちこちにあって、風情ある町並みを愛でながら巡るのも楽しいと思います。


 ※ 元興寺HP →


201807153875A.jpg






≪余談1≫

  7月中旬、元興寺禅室の 「屋根裏探検」 を体験。


201807153864A.jpg






201807153859A.jpg


  奈良市はこの日、最高気温37℃の猛暑日。
  炎天下の屋根裏。。。。想像を絶する暑さでした。
  元興寺地獄堂でした。
  別の意味でも貴重な体験でした。




≪余談2≫

  ならまちにある個性的なお店のひとつ、小川又兵衛商店。
  元興寺の前にあります。
  元興寺禅室の屋根裏で地獄体験したあと、思わず飛び込みました。


201807153878A.jpg






201807153879A.jpg


  ときどきお店のワンちゃんが店番で窓口に出ます。
  ワタクシが行ったときは、お昼寝中で会えませんでした。



うましうるわし円成寺



前回記事 の続編のような感じですが。。。



JR東海の 「うまし うるわし 奈良」 キャンペーン。
2018年の第2弾 “円成寺篇” が現在展開されています。
  特設サイト →


キャンペーンにつられて久しぶりに参拝。


運慶のデビュー作として知られる大日如来坐像。
昨年2017年の秋、東京国立博物館の「運慶」展へのお出ましまで多宝塔に安置されていましたが、
戻ってからは、新しくできた収蔵庫 「相應殿」 に安置されています。
横から見たときの肩から背中、腰に至る様子が実にしゃきっとしていて、ほれぼれしますな。
多宝塔には模刻の大日如来さん(ピカピカ)が新たに安置されています。


相應殿
201805121790A.jpg
拝観受付所の後ろにある。








201805121771A.jpg








201805121809A.jpg








201805121767A.jpg








多宝塔の大日如来さん見仏用のぞきメガネはまだ現役。
201805121775A.jpg








春日堂・白山堂
201805121772A.jpg

春日大社の式年造替の際、古い社殿を他場所に移築する 「春日移し」 の現存最古社殿と言われている。
移築は安貞二年(1228)。
春日信仰との結びつきが分かります。
何気に国宝。







鐘楼もある。
201805121774A.jpg







アクセスが不便なところにあるので、参拝する場合は時間に余裕を持った計画を立てるのがベター。


※ 円成寺HP →
  (相應殿など最新の情報に更新されていないのが残念)






キャンペーンにあわせて、ミニクリアファイルがいただけます。

miniclearfile-111.jpg
(無くなり次第、終了)






門前で出口調査があって、答えたら 「鹿のしおり」 をいただきました。

shiori-011.jpg
鹿。。。ですか。






※ JR東海 「うましうるわし奈良」 キャンペーンソング "Again" →

   ♪ Time again
     Take my heart to a gentle place ♪



検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -