「わたしは、奈良派。」




201705210452aA.jpg



“ ザ・なら ” なポスターです。
近鉄の駅構内などで貼り出されています。

  ※ 「 わたしは、奈良派。」 サイト →







ということで、ワタクシも真似してみた。




201702116428a-011.jpg








201706180948-0111.jpg














ただ。。。







201608072158-1111.jpg




「 ときどき、京都派デス。申し訳ございません。」

201608072159-1111.jpg


“ 謝るときは、正面に向きなさいっ! ”



「真田丸」がらみで落穂ひろい (3)



ほとぼりが冷めないうちに、「真田丸」関連ネタの蔵出しを追加。

今回は、秀吉の甥・豊臣秀次の墓所。




【瑞泉寺(京都)】

201607161544A.jpg








201607161546A.jpg








  201607161548A.jpg







201607161537A.jpg




  豊臣秀次とその一族の墓所で、菩提寺。
  境内は狭いながらも参拝自由なので、何度かお参りしています。
  平成28年秋の京都非公開文化財特別公開では、屋内で秀次ゆかりの貴重な品々が展示されました。
  秀次の一族が処刑された話は、あまりにもむご過ぎる。
  処刑された女子の多くはまだ年齢が10代で、彼女らが詠んだ辞世の掛け軸が展示されていました。
  その掛け軸は生前愛用していた着物で表装されたものだそうで、目頭が熱くなるばかり。
  普段は京都国立博物館に寄託されているとのこと。








【光臺院(高野山)】

  201310280533A.jpg

  快慶作のとても優美な阿弥陀三尊像を拝観するため、2013年に伺いました。
  裏山に、秀次の墓所があります。
  高野山で文禄4年(1595) 7月15日に切腹したあと首は京都に送られたので、ここにはムクロが埋葬されていることになります。
  光臺院はいわゆる観光寺院ではないため、アポなし参拝は不可です。
  参拝に当たってはいろいろ条件があり、事前に電話で確認するのがよいでしょう。



  201310280536A.jpg

  境内にある多宝塔はレプリカ。 (という表現でいいのかな)
  オリジナルの多宝塔は大阪の藤田美術館の庭園に移設されています。






≪余談1≫

  近江八幡は秀次が築いた城下町。

  201411220370A.jpg






≪余談2≫

  豊臣秀長墓所 @大和郡山

  201402097269A.jpg







  201402097267A.jpg


  秀長は秀吉の弟。
  もう少し長生きしていたら、晩年の秀吉の暴走を止められていたかも。





   ※ 「真田丸」 がらみで落穂ひろい (1) →





「真田丸」がらみで落穂ひろい (2)



【藤井寺市・道明寺】

  近鉄道明寺駅近くで
    201606180912A.jpg







201606180873-1111.jpg







  道明寺参道で
    201305186746A.jpg






  道明寺天満宮で
    201606180906-1111.png







【大阪・天王寺】

  茶臼山
    201612035413A.jpg
    実は古墳とのこと。墳丘頂に登りましたが、樹木がなかったら見晴らしがよさそうです。
    戦場になり、安眠を邪魔されて、被葬者はきっと迷惑だったでしょうね。
    ただし、古墳ではないという説もあり。





    201612035395A.jpg
    茶臼山の南側にあるこの池は和気清麻呂が掘らせたとの言い伝えがあり、
    茶臼山に渡されたこの橋はこれにちなんで 「和気橋」 と名付けられています。






    201612035451A.jpg






  霧降りの松 (一心寺) 。 家康ドロン。
    201612035418A.jpg






  安居神社
    201612035427A.jpg






    2015092153400072A.jpg






    201612035428-0111.jpg







    2015092153400065A.jpg
    (2015年撮影)






    201612035442aA.jpg






    201612035510A.jpg






【その他】


  ゆかりの地を示す幟はあちこちに
    201512061709A.jpg






  大阪市地下鉄駅構内で
    201612035459A.jpg






  JR大阪環状線
    201606110738A.jpg




※ 「真田丸」がらみで落穂ひろい (1) へ →

※ 「真田丸」がらみで落穂ひろい (3) へ →


「真田丸」がらみで落穂ひろい (1)



歴史散策しているうちに、真田信繁 (幸村) ゆかりの場所に偶然立ち寄ったことがたびたびありました。
大詰めを迎えている大河ドラマで話題の人物ですし、撮った写真をお蔵入りさせるのももったいないのでアップします。
なお、中には数年前に撮ったものもあり、最新の状況と異なっている場合もありますので、あしからず。



【大阪城】

  内堀をめぐる黄金の御座船から眺める
    201606110776-111.jpg






    201606110809A.jpg
    寺社巡りをすると、秀頼による寄進や再興のところが意外にある。



  自刃の地の石碑から少し離れたところにある観音さんは、殉死した人々の慰霊のために昭和時代に造立されたようです。
  殉死者リストには、真田大助 (信繁の長男)、毛利勝永、大野治長、大蔵卿局。。。。

    201606110816A.jpg






  クリーンボランティアさん。
    201606110805A.jpg

    ゴミばさみをよく見たら、刀の柄のデザインが!
    201606110805B.jpg







【九度山】

  真田庵で
    201605140111A.jpg






  南海・九度山駅で
    201605140118A.jpg






    201605140125A.jpg






    201605140126A.jpg






  真田ストリートで
    201605140011A.jpg






【高野山】

  蓮華定院
    201605140139A.jpg






【大阪・玉造】

    2015092153400002A.jpg






    2015092153400012A.jpg






  三光神社
    2015092153400016A.jpg






    2015092153400022A.jpg




※ 「真田丸」がらみで落穂ひろい (2) へ →


奈良も共感? 島根自虐カレンダー




  人口が、練馬区に抜かれた。



アニメ「秘密結社 鷹の爪」に登場するキャラクターを起用して、
郷土愛あふれる自虐ネタで島根県をPRする『島根県×鷹の爪 スーパーデラックスカレンダー』
2015年版もウソのようなコメントが炸裂。

過去の自虐カレンダーも含めて、改めて確認してみると、
奈良にも当てはまりそうなコメントがあります。
以下に、いくつかご紹介。



  駅、徒歩 古墳。

      古墳好きさん垂涎の物件を多数ご用意!?




  また、庭から遺跡が出てきた。

      ニュースにもならない?




  神話も、ここでは実話。

      奈良県立美術館の大古事記展は2014年12月14日までの開催ですが、
      奈良県やその周辺にゆかりの地がたくさんありますので、現地へもぜひ足を運んでみてください。


      天岩戸@室生
      201105025489-111.jpg


“大和は 国のまはろば たたなづく 青垣 山ごもれる 大和し 美し” by 日本武尊
201010112495-1111.jpg





      少女に扮することができる美青年とは程遠い、好々爺っぽい日本武尊。(@伊吹山山頂)
      201109248493-111.jpg


      望郷。大和(奈良)方面に向かって立っています。
      201109248491-111.jpg





  Uターンしてくるのは、神様ばかり。

      島根では毎年10月にUターン。
      奈良では毎年3月に二月堂に参集されますが、
      若狭國遠敷の神様は諸般の事情で遅参されます。




  天国に近い県。

      高天原@御所市
      201205057727-111.jpg




  終電を逃すと生死にかかわる。

      電車ではありませんが、奈良県某所で見かけたバス停の時刻表。
      201406148188-111.jpg

      奈良や島根に限らず都市部から外れると、日本国じゅうどこも似たり寄ったりですが。








島根特有のコメントの中からいくつか。。。


  人口は七十万、神様は八百万。

      練馬区の人口は約72万人(2014年11月1日の推計人口、wikipedia)なので、
      「人口が、練馬区に抜かれた。」は本当の話。



  日本一の美肌県だけど、披露する相手がいない。

      化粧品会社ポーラの調査「美肌県グランプリ」の結果、
      島根県が初実施の2012年から3年連続総合1位となったそうです。
      日照時間が短くて紫外線の影響を受けにくく、
      水蒸気の密度が高いことなどが勝因だとか。
      ちなみに、奈良県は28位。
      美肌県グランプリ→



  県名より出雲大社の方が有名

      高円宮典子さまのご結婚で、出雲大社の知名度がさらにアップしました。



鳥取と混同されることがよくあるみたいです。

  妖怪が多いのが鳥取です。神様が多いのが島根です。

  島根って、鳥取のどの辺?ってきかれた。

  いいえ、砂丘はありません。

    20121122-051a.jpg








<余談>

島根県産米「きぬむすめ」
おいしいです。
東京・日本橋のアンテナショップにいたイメージキャラクター・古代少女きぬむすめ。

    201011263183-111.jpg



東京・日本橋にあるアンテナショップ・奈良まほろば館から
歩道を北のほうに歩いて数分のところににほんばし島根館があります。
201211226794-111.jpg





続・奈良の柿


新幹線の車窓から見えるはずだったのに、見つからなかった野立て看板
 奈良の柿


じっくり観察しましたが、やはりありませんでした。
もしあれば、楕円のあたりにあるはずなのですが。。。。

    

こんな看板が。

    

。。。。残念。





(おまけ) ニチバンの看板

    

  『無くしてわかるありがたさ
   親と健康とセロテープ』


印象に残ります。
仲畑貴志氏のコピーです。

富士山


7月上旬でこの暑さ。

見るだけでも涼しくと思いまして、かぎろひさんのブログ記事雪の金剛山に便乗して。。。。










どれも新幹線から撮ったものです。
新幹線に乗ると、たまに「ただいま富士山がきれいに見えています」などと車内放送があって、一斉にシャッター音が響きます。
やはり富士山が見えると嬉しいものです。

   

山腹に松竹の文字を入れたくなる。(笑)


(余談1)
  富士山の五合目の標高は各登山道によって違うのはご存知でしたか?
  たとえば、河口湖側の富士スバルライン(自動車道)で行くと2305mですが、
  太平洋側の富士山スカイライン(自動車道)で行くと2400mです。

(余談2)
  富士山の麓には自衛隊の演習場があって、驚くほど速く走る戦車を目撃することがあります。



ワタクシのお気に入りは、東名高速上り線の「さったトンネル」を出たときに目の前にド~ンと見える富士山。
ちょっと感動モノです。
ちょうど広重の「東海道五拾三次之内(由比)」と、ほぼ同じ光景です。→

この光景は、聖武天皇の若い頃に活躍した山部赤人が東国に行ったときに詠んだ、

   田子の浦 うち出でてみれば真白にぞ 富士の高嶺に雪は降りける

とほぼ同じだろうなと想像します。
 ※個人的にこの歌の「ゆ」がお気に入り。

山部赤人は、ウワサに聞いていた富士山を実際に見て、とても驚き、感激したでしょうね。


以前経験した感動富士山は、羽田から西に向かって乗った飛行機(どこ行きが忘れた)から見た富士山。
「ちょうど富士山上空です」と機長の機内放送があって、飛行機を傾けて飛ばしてくれたので、窓からほぼ真下に富士山の火口が見えました。
ずいぶん前の話なので、最近こんなことやってくれるのか知りませんけど。


これは大和富士といわれる「額井岳」
  

近くから撮ったので富士山っぽく見えませんが、遠くから眺めるとそれっぽく見えます。

額井岳の麓には、山部赤人の墓との伝説がある五輪塔があります。
富士山が世界遺産になって、さぞお喜びでしょう。

  

  


そろいました!
















  ようやく蝶を撮ることができました。

  シカトしてください。


仁王立ち

関西圏の駅構内にあるポスターです。




  仁王立ち!
  乗るも降りるも、
  ひと苦労。


乗り降りのお客さまのためにドア付近を広くおあけいただきますようお願いいたします。

みんなでつくる
みんなの快適

JR西日本、近鉄、南海、京阪、阪急、阪神、北大阪急行、泉北高速、神戸電鉄、山陽、大阪市交通局、神戸市交通局、大阪モノレール、能勢電鉄、神戸新交通




※こういう輩には、執金剛神に撃退いただきましょう。

 “ゴルルルァ!”





お伊勢参り


伊勢神宮に参拝しました。


宇治橋



内宮参道





今回の参拝で、伊勢神宮についての思い違いが発覚。
いい勉強になりました。


[思い違い1]

 (誤)伊勢神宮は皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)の2社のことを言う。

 (正)内宮と外宮のふたつの大神宮を中心として、14の別宮、43の摂社、
    24の末社、42の所管社、合わせて125の宮社を総称して伊勢神宮と言う。



[思い違い2]

 (誤)式年遷宮(社殿を新しく建て直すとともに場所を遷す祭礼で、
    20年に一度実施)をするのは内宮だけ。

 (正)式年遷宮は内宮だけでなく、外宮も、そして別宮などの伊勢神宮各社も行なう。


 今年平成25年は遷宮の年。
 内宮と外宮が最初に遷宮し、残りの社の遷宮が終わるには数年かかるそうです。




  ちら見えの内宮社殿(新築のほう)
  


  ちら見えの外宮社殿(外宮参拝は今回が初めて)
  


  外宮の別宮・風宮(かぜのみや)
  




重源上人は、1186年(文治2)4月、東大寺再興を祈願するため、東大寺衆徒60人を引き連れて伊勢神宮に参拝し、大般若経を転読供養しています。
東大寺では、新しく管長さんになると、伊勢神宮に参拝することになっているそうです。





検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR