国宝展@京都国立博物館



kokuho0001A.jpg



京都国立博物館で開催中の 「国宝」 展。
(会期:2017年10月 3日 ~ 11月26日)

行ってきました。
個人的に注目していた作品のほか、会場でへぇ~となった作品のいくつかについてコメントします。

  ※ < >は出品番号。



■ 曜変天目茶碗 (龍光院) <115>

  今回の国宝展の目玉と言っていいでしょうね。
  めったに一般公開されませんから。
  1990年と2000年に東京国立博物館で開催された日本国宝展に出陳されましたが、今回17年ぶりの公開のはずです。
  1990年に見た時は、藤田美術館の曜変天目と並んでいたため、光彩の鮮やかさの点で見劣りしていて、印象が薄かった。
  しかし今回、照明の技術が進歩したようで、鮮やかな光彩が以前よりよく見えました。
  特に茶碗内部の底の部分と口をつける部分に、青白く輝く部分が多く見られました。
  茶碗内部に見えた擦り傷は、実際に使われた痕跡なのでしょう。
  間近で見るための行列が別枠でできていますが、せっかくの機会ですから並んだほうが良いと思います。
  (展示期間 : 2017年10月17日~10月29日)



■ 釈迦如来立像 (清凉寺) <92-1>

  いわゆる清凉寺式釈迦像のオリジナルですね。
  絹製の五臓 (内臓) が納入されていることや、
  東大寺第59世別当・奝然 [ちょうねん] ゆかりの像としても知られています。
  手相をよく見ると、手のひらを縦に延びる運命線が中指の中央付近まであって、非凡な人として表現されているのでしょう。



■ 天寿国繍帳 (中宮寺) <121>

  環境変化に弱いらしく、これもなかなかお目にかかれません。
  以前、奈良国立博物館で出陳されたときは、作品の保護のために照明がかなり落とされていましたが、
  今回はLED照明か有機EL照明を使っているようで、照度が上がってよく見えました。
  キャプションにもあるように、色が鮮やかな部分は飛鳥時代のオリジナル、色褪せた部分は鎌倉時代のもの。



■ 紺糸威鎧 (厳島神社) <102>

  平重盛が奉納したものと伝わっている鎧。
  ↑
  展示Ⅲ期とⅣ期に登場します。 ただし、「伝」 付きですが。



■ 最澄と空海の書の競演 <141、142、143、144、146、147>

  初見ではありませんが、久隔帖や聾瞽指帰 [ろうこしいき] などなど、改めて実物を見て圧巻のひとこと。



■ 時雨螺鈿鞍 (永青文庫) <136>

  初見。
  びっくり。
  螺鈿の超絶技巧の作品ですね。



■ 袈裟襷文銅鐸 (神戸市博物館) <196>

  ご近所の国宝。
  神戸市灘区の丘から出土したもの。
  普段は神戸市博物館で常設展示されていて、フラッシュ無しを条件に写真撮影OKです。


神戸市博物館にて
201603193549A.jpg






201508083109A.jpg






201508083110A.jpg




■ 琉球国王尚家関係資料 (那覇市歴史博物館) <138>

  初見。
  地理的になかなか観に行けないので、こういう機会に観られるのは素晴らしいことですし、
  なにより出陳された品々が美しい。




全出品リスト(pdf)は、京博のサイトからダウンロードできます。
これとは別に、この国宝展の公式サイトもあります。


 ※ 関連記事: 「日本国宝展(1990)出品目録」 →






≪余談≫

  いた、いた。





201710203083A.jpg

ハイタッチしてくれました。
ぷにぷにの肉球でした。





201710203061A.jpg
犠牲者1名。




龍光院の曜変天目が国宝展に!


2017年、京都国立博物館で開催される 「国宝」 展。
(会期:10月 3日 ~ 11月26日)

追加情報がありました。

なんと、龍光院の曜変天目茶碗が追加で展示されることに!
(展示期間 : 2017年10月17日~10月29日)

今回の国宝展で見ることができたら、27年ぶりの再会になります。


全出品リスト(pdf)は、京博のサイトからダウンロードできます。

これとは別に、この国宝展の公式サイトもあります。


 ※ 関連記事: 「日本国宝展(1990)出品目録」 →


tag : 曜変天目

愛染明王を頂く




「愛染明王」 カプチーノ

201709101862A.jpg






201709101863A.jpg






201709101861A.jpg

恋愛成就、ですと。



あべのハルカス美術館 で開催中の 「奈良 西大寺」 展とコラボ。
美術館のひとつ上のフロア (17階) にあるカフェで。




この日 (2017年9月10日)、展覧会関連イベントの講演会があり、聴講しました。
講師は元興寺住職・辻村泰善師。
テーマは 「叡尊と太子信仰」。
(あべのハルカス25階会議室、14:00~15:30)

講演会終了後、展覧会の図録に揮毫 [きごう] していただきました。


201709101858A.jpg

「南無佛」



日本国宝展(1990)出品目録



27年前の1990年に東京国立博物館で開催された 「日本国宝展」。


chi-01211.jpg






chi-02211.jpg



そのときの出品目録です。


1-111.jpg






2-111.jpg






3-111.jpg






4-111.jpg






5-111.jpg






6-111.jpg






7-111.jpg




全213件。
なかなかバラエティに富んだ出品内容だったと思います。



少しコメント:

No.52 伝源頼朝像・伝平重盛像・伝藤原光能像
     同時に3幅展示されていました。
     教科書で見た絵の実物を初めて見て、その大きさに驚きました。

No.113 立正安国論 (日蓮筆)
     この前で涙を流しながら手を合わせている女性がいました。
     信者さんだったのでしょう。
     非常に印象的な光景でした。

No.135, 136 太刀 (三日月宗近、童子切安綱)
     まったく記憶なし。

No.167,168 曜変天目茶碗 (京都・龍光院、大阪・藤田美術館)
     龍光院のは、曜変模様がかなり地味だったと記憶しています。
     龍光院の曜変の展示は1990年のこのときと、2000年に同じ東博で開催された 「日本国宝展」 のときぐらいで
     めったに展覧会に出ないらしい。
     藤田美術館の曜変はホームでも拝見しました。
     この日本国宝展に出品されなかった静嘉堂文庫の曜変は、ホームで拝見しました。






2017年、京都国立博物館で開催される 「国宝」 展。
(会期:10月 3日 ~ 11月26日)

全出品リスト(pdf)は、京博のサイトからダウンロードできます。
これとは別に、この国宝展の公式サイトもあります。

約8週間の会期中、展示替えが頻繁に行われます。
毎週行けばすべての展示品を見ることができます。
コンプリートする人もいるでしょうが、ワタクシは無理。
出品リストを確認すると観たことのあるものが案外多いので、未見のものが多い期間に行きたい。
トラりんとハグもしたい。(笑)


201608072158-1111.jpg



JICA関西食堂のエスニック料理



JICA関西 (神戸市) にある食堂は、JICA関係者以外の一般人も利用できます。 →
兵庫県立美術館へ観に行った際、近くなのでときどき利用しています。
楽しみなのは月替りエスニック料理で、今月 (2017年9月) はマダガスカルの料理。


201709031785A.jpg








201709031789A.jpg








201709031788A.jpg
アシャールはかなり酸っぱい。



飲物(コーヒー/紅茶)付きで、720円。
ヴォリュームはやや少なめでお値打ち感がいま一つですが、
日本人にも大丈夫な味付けにするなど手間がかかっているでしょうから、やむを得ないでしょう。
とは言え、めったに味わうことのできない珍しい料理を頂けるのですから、貴重です。
(数量限定のようです)

食堂の入口には、その国の文化や代表的な郷土料理を紹介するコーナーもあります。
マダガスカルの主食は米で、消費量は日本の約2倍もあるそうです。

エスニック料理以外のメニューにも、イスラム教徒向けのハラール食かどうか、どんなアレルゲン食材を使っているかなど、
料理の写真付きで英語で説明があります。
こういう配慮は、海外からの観光客が多い奈良の飲食店でも参考になると思います。


201709031790A.jpg




月替りエスニック料理。
7月はブータン、8月はシリアの料理でした。
来月 (10月) は、キューバ料理だそうです。











≪余談≫

201709031783A.jpg



 怖い絵展。→

 兵庫県立美術館で入場に1時間も並んだのは、初めての経験。
 セザンヌが殺人の場面を描いていたとは知らなかった。タイトルもそのまま 「殺人」。
 ビアズリーの 「サロメ」 の挿絵や、クリンガーの 「死の島」 (ベックリンの原画による) があって、びっくり。
 展示されているとは知らなかったので、大いに満足。好きなのですよ。
 「死の島」 ゆかりのラフマニノフの曲、福永武彦の小説 (カタカナ文が読みづらかったけど) を思い出した。

 この美術館のショップには、「叫び」 関連グッズがいろいろあります。

201709031810A.jpg






最寄駅は阪神・岩屋駅
201709031809A.jpg



tag : 怖い絵

木津川市2017秋の社寺秘宝秘仏特別開扉



情報が公開されました。
今年2017年秋も、木津川市にある社寺で秘宝・秘仏の特別開扉があります。 木津川市観光ガイドHP →

  ※ 「木津川市 2017年秋 社寺秘宝・秘仏 特別開扉」 パンフ → (PDF、 5.4MB)


昨年との違いをざっくり言うと、

 ・御霊神社 (木津川市木津宮ノ裏) の参加がなくなり、涌出宮が初参加。
 ・奈良交通のボンネットバスツアー限定参拝だった現光寺が、海住山寺と同じ期間に通常参拝可。
 ・大智寺、西念寺、海住山寺、現光寺はほぼ同時期の 「京都非公開文化財特別公開」 にも参加するので、
  これらのほとんどは開扉時期または拝観料が変更になってる。
 ・全体的に開扉期間が短くなっている。西明寺は11月2日と3日の2日間だけ(昨年は3日間)。



和伎坐天乃夫岐売神社 (涌出宮)
201510240096aA.jpg
※ JR奈良線・棚倉駅前




奈良交通のボンネットバスツアーは好評らしく、予約は早めがよさそうですよ。

  ※ 2017秋の社寺秘宝秘仏特別開扉ボンネットバスツアー → (pdf, 1.9MB)




安福寺
201611034185-0111.jpg





大智寺
201510310361-0111.jpg






蟹満寺
201510240128-011.jpg









≪余談1≫

 「京都非公開文化財特別公開」 →
   平成29年秋の特別公開概要 → (pdf, 287KB)

 大智寺、西念寺、海住山寺、現光寺へは、おそらく 「京都非公開文化財特別公開」 でやってくる人が多いと思います。
 交通の便がよくないのでクルマで来る人が多そうですが、海住山寺以外は近くに駐車場は無いといってよいので、要注意です。




≪余談2≫

 大智寺では、あべのハルカス美術館の 「奈良 西大寺展」 にお出ましになった文殊菩薩坐像にお目にかかれます。
 見仏記のMJとISもこの場へ来ています。



伝・運慶作



仏像などでよくある 「伝・○○作」 の 「伝」 は、“wish”、つまり “であればいいな” ということだと思う、
というようなことを、みうらじゅん氏がコメントしていました。
なかなかうまいことを言うなぁ。


京都栂尾・高山寺が所蔵する木彫りの子犬は尾がくるっと巻いていて、小首をかしげてつぶらな瞳で前を見つめていて
その姿はなんとも愛くるしい。
高山寺で展示されている子犬の後ろには、「伝・運慶作」 の説明があります。


201412130663A.jpg
高山寺・石水院にて



ところが、HPにはなぜか 「伝・快慶作」 とある。→
いずれにしても、慶派の流れをくむ作風ということでしょうか。

このワンコ、東京国立博物館の運慶展 (2017年9月26日~11月26日) にお出まししますよ。
厳しい表情の慶派仏の中にあって、この子犬に出合うと、緊張感が緩んで思わず微笑んでしまうでしょうね。




                  「ぼく、トウキョウに行くワン!!」
201410190875A.jpg







UNKEI-111.jpg

運慶展サイト →




西大寺展 声明実演



あべのハルカス美術館で開催中の 「奈良 西大寺展」 (会期:2017年7月29日~9月24日)。
その関連イベントのひとつ、「声明」 が8月26日、ありました。

事前の案内では声明が行われるのはハルカス25階会議室のはずだったのに、
実際にはこの会議室は声明についての講演の会場となり、
声明実演は美術館入口 (16階) になっていました。 (イヤな予感。。。)



1.講演 (講師:佐伯俊源師、@ハルカス25階会議室)

 レジュメ (A3 1枚、表裏両面) に沿って、真言宗の声明について解説がありました。
 レジュメ の目次は以下のとおり。

  〔表〕 1.声明 [しょうみょう] とは
      2.声明の歴史 (声明の始まり、真言宗の声明、南山進流 [なんざんしんりゅう] )
      3.南山進流声明の音楽理論
  〔裏〕 四智梵語の博士 (南山進流、仮譜、天台のそれぞれの博士=楽譜)

 四智梵語については、南山進流と天台のそれぞれの声明の違いを実際の録音で聴き比べ。

 講演内容は大変興味深い内容でしたが、時間枠が30分足らずとあまりにも少なすぎで残念でした。
 別の機会でじっくり聞きたいテーマです。
 今回のレジュメはすべてを説明されなかったけれども、コンパクトにまとまっていてよい資料と思います。
 あ、そうそう、この講演会に参加した人には西大寺の散華 (画:森田りえ子) がプレゼントされました。



2.声明実演 (真言律宗青年僧と種智院大学学生の計15名、@ハルカス16階 美術館入口エリア)

 以前、「高野山の名宝」 展で、同じように美術館入口エリアで声明実演がありました。
 この場所は展望台へのエレベーター乗り場の連絡通路に面していて、
 展望台へ向かう観光客が背後をざわざわ行き交う騒音の中、落ち着いて聞くことができませんでした。
 今回、25階会議室で落ち着いて聞けると思ったのですが、直前の情報で16階の美術館入口エリアになっていたのでびっくり。
 イヤな予感は的中。
 ワタクシは前のほうで聞けたのでまだよかったのですが、後ろにいた人には独唱は聞こえなかったかも。
 声明の時間は約30分。
 四智梵語、散華、真言 (光明真言、南無大師遍照金剛、南無興正菩薩、南無忍性菩薩) など。
 若い衆が多かったので、声に張りがありましたね。(笑)
 必ずしもいい環境ではありませんでしたが、聞く機会の少ない声明を実演されたのはとてもよかったと思います。

 現地のお寺で聴聞したくなった。






201708261775A.jpg








声明実演会場は、美術館入口前。
201708261766A.jpg








201708261772A.jpg








201708261769A.jpg








声明実演後、記念写真を撮るイケ住 (海龍王寺住職) さんを撮る
201708261779A.jpg





地獄極楽すごろく



「源信の地獄・極楽すごろく」

201708171754A.jpg



ヘキジャーズと一緒に頑張ろう! とも書かれています。

ヘキジャーズとは、辟邪絵 [へきじゃえ] をモデルにしたキャラクターとのことで、
ピンクのシンチュウ (神虫)、ブルーのビシャモン (毘沙門天)、イエローのケンダツバ (乾闥婆)、
レッドのテンケイ (天刑星)、グリーンのショウキ (鍾馗) がメンバーだそう。

六道の世界をくぐり抜けて、ゴールの極楽浄土を目指すこのゲームは、
小学校高学年から中学生までを対象にして、源信展の鑑賞の手引きとして作られたのことですが、
大人にもじゅうぶん参考になります。
源信展会場 (奈良博) で入手可。




この手の双六は浄土双六と言われるもので、ずいぶん昔からあったようです。


浄土双六 (兵庫県立歴史博物館)
201705270532A.jpg

※ 最近作られたレプリカでしょう。常設ではなさそうです。






201705270529A.jpg



面白いのは、永沈 [ようちん] 。
永久に沈むこと、つまりが無間地獄に落ちることになって、これが出たらその人は即ゲーム資格はく奪されます。
後世の双六の 「1回休み」 に相当するようです。
昔のほうが、容赦なかったですね。
でも昔の人は、こういう遊びを通じて地獄や極楽についてよく知っていたのでしょう。


「源信」展 (続)



奈良国立博物館で開催中の 「源信」 展。 (期間:2017年7月15日 ~ 9月3日)

8月8日から後期展示が始まりました。


201707231361A.jpg



前期展示でのコメント に少し加えます。




【地獄草紙】 (奈良国立博物館)

  ・ 「糞屎泥」 の針口という虫が案外カワイイ。
  ・ 「鉄磑所」 でミンチになっているワタクシ。
  ・ 「膿血所」 で飛んでいる蜂のような虫は、最猛勝 [さいみょうしょう] と呼ばれます。
          高橋留美子の 『犬夜叉』 に出てくる最猛勝は、おそらくこの地獄草紙から採ったものでしょう。




【地蔵菩薩立像及び厨子】 (東大寺知足院)

  8月1日から展示されていますが、個人的には後期展示の目玉と思います。
  別名、「文使い地蔵」。伝説の概要は、こちらで →
  つい先日の7月24日に、知足院の地蔵会でお目にかかったばかりです。
  奈良博でも厨子に入った状態で展示されているのですが、
  驚いたのは、厨子の正面だけでなく左右両側面も開いていること。
  まさか厨子がこのような構造になっているとは。
  その側面に、地獄の絵が描かれています。
  数ある地獄図の場面から、美女に誘われて近づこうと鋭利な刃物の枝の木をよじ登り、
  ずたずたの血まみれになるシーンがなぜか選ばれて描かれています。
  知足院の地蔵会では厨子の正面の絵だけしか見ていなかったので、これはうれしい展示です。
  で、お地蔵さんはライトアップされていて、精緻な截金模様が非常に美しく見えます。
  もちろん、お地蔵さんの左右両側面も拝見できます。
  知足院の地蔵会では困難な照明と見る角度ですから、貴重な機会だと思います。




【法然上人絵伝】

  熊谷直実と勢観房源智の臨終のシーンが展示されています。
  どちらも平家ゆかりの人なので、平家クラスタは必見。

   ・熊谷直実:平知盛に仕えた後、源氏側に仕え、一の谷の戦いで平敦盛を討つ。後に法然上人の弟子となり、出家。
   ・勢観房源智:法然上人の高弟の一人。父は平師盛、祖父は平重盛、曾祖父は平清盛と伝わります。




ほかにもいろいろあるのですが、切りがないのでこの辺で終わります。
なお、後期展示期間中でも、展示替えや巻替えがありますので、要注意です。






≪余談≫

 東大寺の北にある五劫院。

201708091696A.jpg
(2017.8.9 参拝)



 毎年8月上旬は予約なしで参拝できます。
  (今年2017年は、8月1日・火 ~ 12日・土)

 こちらでも、地獄絵図が展示されていました。
 五劫思惟さんだけでなく、この地獄絵図も要チェックですよ。


五劫思惟阿弥陀如来坐像 (五劫院)
20120809-1-111.jpg




検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR