梶原景時の墓


国生み神話の舞台として知られる沼島 [ぬしま] へ行って初めて、
梶原景時の末裔によってかつてこの島が治められていたことを知りました。



沼島





梶原氏の氏寺で、寄進された宝物を今に伝える神宮寺や、景時の墓と伝わる五輪塔があります。



梶原五輪塔
201810285374A.jpg







201810285376A.jpg

「この境内にある五輪塔(写真右側の塔)は、永録から天正初期にかけて
島主として沼島水軍を支配していた梶原一族の祖、梶原景時の墓と言われています。
景時は、源平の石橋山の合戦で平氏方として源頼朝の軍を破ったが、
洞窟に潜んでいた頼朝を故意に見逃し、後に源氏が復活した際に頼朝方につき、
頼朝が死ぬまで側近として勢力を振るった人物です。」
(兵庫県指定重要文化財)



この五輪塔は鎌倉時代初期に造られたものようです。
景時の供養塔として、その末裔が大切にしてきたのでしょう。

鎌倉市には梶原氏ゆかりの “梶原” という地区があって、その近くにも景時のものと言われている墓があります。
ワタクシ、以前にこの梶原に住んだことがあるので、沼島でまさかの再会にびっくりです。

景時の嫡男・景季 [かげすえ] も 『平家物語』 にたびたび登場しますが、
一ノ谷の戦いで平重衡を生け捕りにしたのは、景季たちでした。



 ※ 沼島の見る・知る →



沼島への船旅は約10分
201810285293A.jpg





淡路島から見た沼島 (おのころ島)
201810285285A.jpg




関門海峡散歩


JR下関駅を出ると、フグ、源平合戦(壇ノ浦の戦い)、巌流島の決闘、幕末維新に関連するものをよく目にします。
最近では、童謡詩人・金子みすゞゆかりの地としても知られてきました。


「平家踊りの群像」 @JR下関駅前
201808124327A.jpg


平家踊りは下関の郷土芸能で、関門海峡の海に沈んだ安徳天皇と平家一門の供養のために始まったと言われています。
ネットで動画を見ましたが、かなり練習しないとうまく踊れないような印象です。





水天門から関門海峡を望む @赤間神宮(下関)
201808124371A.jpg





ホーイチ ~ ライブ in ダンノウラ @赤間神宮(下関)
201808124378A.jpg





安徳天皇陵 @赤間神宮(下関)
201808124385A.jpg








「壇之浦町」
201808124389A.jpg
「ノ」ではなく「之」。
奥に見えるのは関門橋。








「義経八艘飛」
201808124399A.jpg
巌流本舗のまんじゅう。 →
ドラ焼きの「巌流焼」も美味いが、これもなかなか。








フグのモニュメント @唐戸市場(下関)
201808124346A.jpg


山口では、フグをフク(福)と言うことがあります。
唐戸市場は魚関連の卸売り市場から、最近は観光市場へ変わっています。
寿司を中心に、その場で美味しい魚介類を頂くことができます。




関門海峡を目の前にして @唐戸市場(下関)
201808124337A.jpg
フグの白子、ノドグロ、マグロのほほ、マグロの脳天、ヒラメのエンガワ。
フグの唐揚げも美味でした。




海の下の方々と乾杯! @唐戸市場(下関)
201808124343A.jpg








ご当地ナンバープレート
201808124336xA.jpg


フグとクジラがデザインされていますね。
クジラは捕鯨もしていた大洋漁業(現 マルハ)の本拠が下関にあったことに由来。
大洋ホエールズ。。。。。松原、山下、田代、平松、遠藤、高木。。。







波乗りの「ふくの像」 @亀山八幡宮(下関)
201808124363A.jpg


亀山八幡宮は唐戸市場の向かいにあります。
境内からの関門海峡の眺めもよい。




亀山八幡宮鳥居扁額
201808124361A.jpg
陰刻された“山”に野球ボールが挟まったのが1958年ごろで、以来、ずっとそのままだそうです。





海の向こうに渡ります。



201808124401A.jpg
JR門司港駅の駅舎は現在工事中で、2019年3月リニューアルオープン予定。



門司港駅周辺は、レトロな洋館が点在しています。
バナナのたたき売り発祥の地で、以前訪れたときには実演していましたが、今回は見かけませんでした。
まだやっているのかな。
ご当地グルメは焼きカレーで、街中にお店があります。




201808124415A.jpg






201808124418A.jpg








201808124413A.jpg
もちろん門司側にも源平合戦関連モノはある。








門司港側から見た壇ノ浦方面
201808124443A.jpg
平重衡の正室・輔子もあのあたりでダイブしようとしたんだよな。



夏の一大イベント、関門海峡花火大会を翌日に控えて、関係者が準備に追われていました。





≪余談≫

亀山八幡宮 (唐戸市場屋上から)
201808124356A.jpg


 かつて亀山八幡宮の大鳥居の西側(現在駐車場になっている場所)に、三好写真館がありました。
 昭和5年(1930) 3月9日、下関に住んでいた金子みすゞがこの写真館を訪れました。
 写真撮影のためです。
 翌日、幼い娘を残してあの世へ旅立ちました。
 享年満26歳。


平重衡を追う(69)~ もうひとつの松蔭の硯


南都焼き討ちで平家軍の総大将だった平重衡は、一ノ谷の戦いで生け捕りにされて京都で監禁されているときに、
法然上人から戒を授かったと 『平家物語』 に書かれています。
重衡は受戒のお礼に、法然さんに 「松蔭の硯」[まつかげのすずり] を贈ったとあります。
その硯は奈良県の當麻寺奥院に伝わっていて、奥院の宝物館で拝見したことは以前の記事にアップしました。
  → 「當麻寺奥院2013秋」
  → 「平重衡を追う(7)~ ゆかりのグッズ」



「松蔭の硯」(@當麻寺奥院)

(図録から拝借)


※當麻寺奥院のHPの宝物館のページにも、松蔭の硯が紹介されています。 →



この松蔭の硯、実はもうひとつあるのです。
所蔵するのは、京都の百万遍知恩寺。
(単に知恩寺とも呼ばれますが、知恩院とは別のお寺です)
京都国立博物館で開催中の 「百万遍知恩寺の名宝」 展で、この松蔭の硯が出陳されています。


松蔭硯
Kyohaku03MA.jpg
(展覧会チラシから拝借)


  「平清盛が愛用したと伝えられる硯で、南宋の皇帝より贈られたとされる。
   清盛の子の平重衡へと伝わり、その後、法然に託したとされる。・・・・・」


こちらの硯は當麻寺奥院のものと比べると、角張っていますね。
会場の説明には、“松蔭” に [しょういん] とルビがふられていました。
この硯には、後奈良天皇により松蔭硯の由緒が記された書が付属しています。
その書の一部も展示されていますが、素人のワタクシには理解不能な文です。
ただ、一ノ谷、義経、重衡、生捕、源空、清盛、師盛などのキーワードは読み取れました。
『平家物語』 をもとに松蔭硯にまつわる話をまとめた内容かなとスイソクしましたが、
室町時代の後奈良天皇の宸筆であるところに価値がありそうです。


百万遍知恩寺は浄土宗七大本山のひとつで、宗祖の法然上人が開基。
上人の高弟のひとり、勢観房源智が第2世。
源智は一ノ谷の戦いで戦死した平師盛の遺児と伝わっています。
平師盛は平重盛の子で、平清盛の孫でもあり、平重衡の甥っ子に当たります。





≪余談1≫

 「百万遍知恩寺の名宝」 展 (2018年8月7日~9月9日) で、気になった他の展示品をいくつかご紹介。


 ■ 鉦鼓 [しょうこ]

Kyohaku03SA.jpg
(展覧会チラシから拝借)


   「重源上人鉦鼓之写」の線刻がなされています。
   江戸時代の東大寺勧進職・公慶上人の没後、弟子の公盛、公俊、庸訓がその職を継ぎました。
   公俊が勧進の際に使った鉦鼓は、南都焼き討ち後に勧進職となった重源上人が使ったものを模造したもの。
   重源上人が使った鉦鼓は現存していて、東大寺ミュージアムでたまに出陳されます。


 ■ 阿弥陀如来立像

Kyohaku02A.jpg
(展覧会チラシから拝借)


   快慶か、快慶工房の仏師によって作られたことは間違いないようです。


 ■ 徳川家光像

   江戸時代に描かれた絵で、道恕の賛があります。
   道恕は東大寺別當をつとめた僧侶。


 ■ 浄土曼荼羅図(当麻曼荼羅図) 〔重要文化財〕

   数ある当麻曼荼羅図の模本のひとつですが、他と違う特徴があります。
   説明が難しいので、現物を見て確かめてください。





≪余談2≫

 平成知新館1階の彫刻エリアの 【閻魔と地蔵】 コーナーで展示されているお地蔵さんのなかに
 奈良の内山永久寺(現廃寺) に伝来した地蔵菩薩立像がありました。
 作者は南都仏師の善円または善派らしい。






Kyohaku01A.jpg








201808094252A.jpg








201808094268rA.jpg




平重衡を追う(68)~ 重衡忌2018



「ゆーびんデ~ス」
shige2222.png






201807233931A.jpg






ということで、今年も安福寺さんへお参りに行ってきました。
834回忌です。


201807233958A.jpg







こどもせっぽう 「人の悪口を言うたび、自分の心に傷がふえてしまうよ」・・・大人への説法でもありますな。

201807233959A.jpg








201807233961A.jpg
“いつも世話になっています。”
寺伝では、首から下が埋葬されているとか。
5月には高野山の重衡墓(首塚)にお参りしたので、今回でつながりました。








201807233965rA.jpg
安福寺で重衡忌が行われていることをなるべく多くの人に知って欲しいとご住職。
そういうこともあって、堂内撮影・ブログ掲載OKいただきました。



法要後、ご住職をはじめ参列の方々から興味深いお話を伺うことができました。
ご縁を頂き、ありがとうございました。





≪余談≫

今回の重衡首洗池と成らず柿の様子
201807233944aA.jpg

この時期の首洗い池はやはり夏草ボーボーで、よく分からない状態。




首洗い池一帯の住宅は、通称 「重衡住宅」 と呼ばれているそうです。
通称なので地図などには出ていませんが、地区のゴミ収集ステーションに書いてあった。

201807233957A.jpg
JR奈良線の土手向こうに、安福寺さんの屋根の一部がチラ見え。




重衡の十三重塔の背後に、かなり歴史を感じさせる石仏が並んでいます。

201807233966A.jpg
ご住職のお話にあった、芸事の向上を叶えてくれるというお地蔵さんは、中央の立像かな?





安福寺


安福寺さんから直線距離にして北西方向約100mのところに、水溜まり(首洗い池)が見える。



6月23日 平重衡の命日


文治元年(1185) 6月23日、平重衡 処刑。


墓所 (高野山)
201805221976A.jpg
今年2018年もお参りできました。(5月)


201805221978A.jpg










処刑直前の重衡の姿 (安福寺@木津川市)
201611034193-0111.jpg
阿弥陀さんと2ショットで。
江戸時代に描かれたものなので、もちろん空想の姿。
本尊の阿弥陀如来さんは、近くを流れる木津川で重衡が処刑されたときの引導仏と伝わります。



201611034196-0111.jpg






≪余談1≫

 重衡に仕えた木工右馬允知時は、重衡の最期を見届けた人。
 京都の日野で荼毘に付された重衡の遺骨は、埋葬のため知時によって高野山へ運ばれたと伝わります。
 その知時も、高野山の専修往生院で念仏集団のメンバーに加わっていたようです。


円通律寺
201805222021A.jpg
専修往生院の後身寺院。





≪余談2≫

 重衡が処刑されてから約2か月後の8月28日、再鋳された東大寺大仏の開眼法要が執り行われました。
 大仏開眼のときに重衡が生きているのはさすがにマズイので、その前に処刑されたのでしょうね。
 開眼法要では、参列した後白河法皇自らが、大仏さまの目に瞳を描き入れました。
 その時に使われた筆が、正倉院宝物として残されています。(実物を「東大寺大仏展」で見ました)




≪余談3≫

平家打ち首三人衆
(左から)平宗盛、平敦盛、平重衡
201212167469abA.jpg
(神戸・清盛隊@神戸ルミナリエ、2012年)




検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -