奥明日香のもっと奥(その3)


※少し時期外れになってしまいましたが、ご勘弁を。


12月10日のハイキング・コース:

  談山神社前~西大門跡~冬野~竜在峠(標高752.5m)~
      ~入谷~栢森~稲渕~石舞台古墳~近鉄飛鳥駅


(その1)では、竜在峠を過ぎて入谷に差し掛かったところまでを紹介しました。
(その2)では、入谷から栢森でした。



今回は稲渕の棚田の風景です。

陽に照らし出された棚田と紅葉が印象的でした。
















  稲渕を過ぎ、石舞台古墳で行なわれた霧のアートを眺めたあと、近鉄飛鳥駅から帰宅し、
  今回の「奥明日香のもっと奥」ハイキングは無事終了しました。
  多武峰の西大門跡から飛鳥駅まで15kmほどのハイキングでした。









奥明日香のもっと奥(その2)


12月10日のハイキング・コース:

  談山神社前~西大門跡~冬野~竜在峠(標高752.5m)~
      ~入谷~栢森~稲渕~石舞台古墳~近鉄飛鳥駅


(その1)では、竜在峠を過ぎて入谷に差し掛かったところまでを紹介しました。


今回は入谷から栢森です。







竜在峠からの山道を抜けると入谷地区に入ります。


<入谷>
  「にゅうだに」と読みます。
  ニュウとか、ニウを含む地名は「丹生」、つまり水銀の鉱物である「辰砂」(しんしゃ)が
  採れるところを暗示していることが多いのですが、ここはどうなんでしょうか。

入谷地区の一番高いところにある大仁保(おおにほ)神社。
仁徳天皇が祭神。


  神社から西側を望む景色が絶景でした。
  金剛山、葛城山、二上山が見えます。
  栢森(かやのもり)の集落が左側中央付近に小さく見えます。




  南東側を向くと、高取城跡付近の山がすぐ近くに見えます。
  

  お昼ごはんは、この絶景を眺めながらおにぎり。
  デザートは桜井駅前のマルツベーカリーの「アンフライ」。
  初めてのアンフライはデザートにしては、かなりヘヴィでした。


  大仁保神社の境内には集会所があって、なにやらにぎやか。
  聞いてみると、注連縄の作り方の体験会とのことでした。
  

  入谷の民家は急斜面に肩を寄せ合っているようなたたずまい。
  過疎化が進んでいると聞きました。






※大仁保神社の近くの地蔵寺あたりからは、空気が澄んでいれば六甲山も見え、
 夜には大阪の通天閣の明かりが見えるそうです。



  入谷の集落を後にして、栢森に入る前に、少し寄り道して「女渕」へ。
  

  日本書紀に、皇極天皇が642年に南渕の川上に行って雨乞いの祈りしたと記されています。
  この女渕がその場所だと言われています。




<栢森>
  栢森(かやのもり)にある加夜奈留美命神社を参拝し、
  「奥明日香さらら」さんでしばし休憩。



  そのあと、まだ見たことの無かった女綱を拝見させていただき、稲渕に向かいました。




(その3へ続く)


奥明日香のもっと奥(その1)


12月10日のハイキング・コース:

  談山神社前~西大門跡~冬野~竜在峠(標高752.5m)~
      ~入谷~栢森~稲渕~石舞台古墳~近鉄飛鳥駅

この日は曇り勝ちで、ときおりぱぁっと晴れる天気。
とても寒かった。

神奈備の郷活性化推進委員会の制作による
「奥明日香古道マップ」を参考に歩きました。
このマップは「奥明日香さらら」さんにも置いてあります。




桜井駅(南口)前からバスに乗り、談山神社前で下車。
急坂を登りきったところ(西大門跡)から、冬野方面に向かいます。


<西大門跡>


  「おなごは入ってはいけません」
  明治時代の廃仏毀釈で談山神社になる前は妙楽寺という寺でした。
  廃仏毀釈で女人禁制は解かれました。



西大門跡から西を望む。
(金剛山と葛城山)



妙楽寺だったころの名残りなのか、
このあたりにはあちこちに石垣があります。


「冬野の名水」の横には、かわいらしいお不動さん






<冬野>


  民家が数軒。
  住んでいる人がいるのかよく分かりません。
  東山魁夷の描いた里山の画のようです。


石の道標には「左 よしの道」「右 たふのみね道」と書いてある?



山道は植林を縫っていて眺望はほとんどありませんが、
ときおり金剛山や葛城山が見えます。





竜在峠の少し北にある昔の「茶屋」の跡。




<竜在峠>


  標高752.5m。
  明日香村と吉野町の境にあります。
  現在は何の変哲も無い場所で、見晴らしもきいていません。
  江戸時代の国学者・本居宣長はちょうど桜のころ、飛鳥吉野を旅し、
  この峠から吉野の山を眺めて、「あけくれ心にかゝりし花の雲」を
  見つけて大感激したことを「菅笠日記」という旅行記に記しています。
  昔は見晴らしがきいていたんですね。

  大海人皇子(天武天皇)が吉野に向かうときに越えた峠として、
  芋ヶ峠のほかに竜在峠も候補のひとつになっています。

  近くにある細峠を通った松尾芭蕉もこの峠を通ったかも?



竜在峠から入谷方面に行くと、ポツンと石仏が西のほうを向いていらっしゃいました。


(その2へ続く)




飛鳥アートプロジェクト2011





<飛鳥アートプロジェクト>

明日香のあちこちでアート作品が展示されています。
(12月25日まで)

奥明日香ハイキングもほぼ終えたところで、アート鑑賞しました。


飛鳥アートプロジェクト2011






霧の彫刻
「霧立つASUKA・・・息吹く古代の夢」@石舞台古墳
(中谷芙二子氏)

  [上の写真]

展示作品の中で一番目立つ作品でしょうね。
約10分ほど、霧がモクモク。
二度と同じにならない動く作品。

石舞台古墳の敷地内に入れば¥かかりますが、
道を挟んで東側にある丘から¥フリーで見下ろせます。





「ASUKA COLOR 12」@川原寺跡
(吉兼秀夫氏)























「棚田の龍神」@稲渕



こちらは村民アート。
来年の干支である龍の立体アート。
藁でできています。

時間の余裕が無くなり、他のアートは見ることができませんでした。




奥明日香ハイキングも終わって、近鉄飛鳥駅に向かう途中で。






奥明日香さらら


久し振りに明日香へハイキング。

今回は、多武峰から冬野、竜在峠、入谷、栢森へ。

竜在峠はそれこそ明日香の奥の奥で、一度いってみたかった場所。
右足は明日香村、左足は吉野町というところです。

竜在峠からは入谷、栢森、稲渕に下りて行きました。

時系列的に紹介しようと思いましたが、
今年の営業が12月18日までという「奥明日香さらら」さんを先にUPします。








ハイキングの途中で、ほっと休憩したくなるときがあります。
栢森に入ったとき、「奥明日香さらら」さんのことを思い出しました。

詳しいことは、*ならら*さんの「奥明日香さらら」記事でどうぞ。→
(得意の丸投げモード)





古民家を改装したお店。
コーヒーであれば予約無しでOKということで、テーブル席でまったり。
(食事は要予約)

ふと窓際に目をやると、ワタクシの好きな佐伯祐三が。。。。






















今回のハイキングは、東京日本橋の奈良まほろば館で手に入れた
「奥明日香古道マップ」を参考に歩いたのですが、
このマップはさららの店主さんも委員をされている
神奈備の郷活性化推進委員会によって制作されたものでした。

マップ作りにあたっては、実際に山道を歩いて確認されたとのことで、
そのときの苦労話を聞かせていただきました。

地元の方や森林組合が定期的に草刈りなどをして整備もされおり、
今回、思いのほか歩き易かったのは、そういったご苦労があってのことで、
感謝したいと思います。


いろいろお話しをさせていただいて、楽しいひと時を過ごすことができました。







ミステリーロマン飛鳥2011



    万葉の秋が深まる里に
    心を癒すひとときがあります。





この秋の明日香のイベント「ミステリーロマン飛鳥2011」

  9月11日(日)~12月4日(日)

飛鳥ではほぼ毎週イベントがあるようです。 詳細は→

(チラシの表紙)

もうすぐ稲渕の棚田でもヒガンバナが咲きますね。




橘寺のポスターと飛鳥光の回廊


橘寺のポスター(@近鉄・大阪上本町駅)


このポスター、8月31日までの掲示のようです。







明日香村で毎年実施されている夜間イベント飛鳥光の回廊は、
今年2011年は9月23日・24日の2日間、行なわれる予定です。


   日時:2011年9月23日(金・祝)~24日(土) 2日間 午後6時点灯~午後9時消灯

   場所:明日香村の代表的な寺院(橘寺も入っています)、神社、史跡、施設。

 詳細はコチラ⇒



なら燈花会(とうかえ)の明日香版ですね。

ちなみに、
 ・観光施設及びお寺等は、光の回廊点灯時間に合わせ、延長され無料!
 ・公共駐車場も無料(らしい)。
 ・近鉄飛鳥駅-各会場経由-飛鳥資料館前まで無料シャトルバスが運行!

という嬉しい配慮。


橘寺も境内がロウソクの回廊で彩られるようです。

飛鳥光の回廊にはまだ行ったことがないので行ってみたい気はします。が、
最近この手の夜間イベントが多くて、やや食傷気味なのが正直なところ。
なので、イベント直前の気分次第でどうするか決めるつもり。


飛鳥日帰りきっぷ


関西の私鉄沿線から、日帰りで飛鳥を自由に楽しもう!



5月9日から古代ロマン 飛鳥 日帰りきっぷが発売されています。
このきっぷには、「奈良交通バスの乗車券」、「レンタサイクル割引券」、「施設・店舗の割引券」として、使い方を選べるチケットが2枚付いています。
どの組み合わせで使ってもいいようです。

  詳しくは


奈良交通バス(かめバス)を使う場合、バスの本数が少ないので、あらかじめ時刻表を調べておいたほうがいいでしょう。



ワタクシのように奈良の近郊から私鉄を使って日帰りで飛鳥めぐりをするには、なかなかお得なきっぷです。

でも割引券は、明日香村健康福祉センターの「太子の湯」には使えないんですね。
温泉ではないけど、ハイキングのあとでここで一風呂浴びたいんだけどな。


最近明日香に行っていないので、このきっぷを使ってハイキングと思っていたら、まさかの梅雨入り。
この土曜、日曜は奈良行きはやめて、来週以降に順延です。
行けなかったかわりに、1年ほど前に明日香めぐりをしたときの写真をUPします。





万葉展望台(藤本山)から見た明日香 [2010.7.10]


石舞台古墳あたり


橘寺


飛鳥板蓋宮跡




(写真の上方から下方へ)
甘樫丘
蘇我入鹿首塚★
飛鳥寺
県立万葉文化館



明日香村・尾曽を後にして

前回の記事、明日香村・尾曽の続きです。





尾曽(おおそ)を後にして再び県道155号へ戻り、多武峰方面に向けて県道を上っていく。

途中、県道から見た明日香方面。
霞んでいて見にくいが、写真の上部は稲渕の棚田、手前側は上(かむら)から細川にかけての棚田(だと思う)。



西大門跡近くに戻り、今度は増賀上人墓の方向に足を向ける。
途中、北山/高家(たいえ)方面や万葉展望台方面を示す道標あり。



万葉展望台方面の緩やかな下り道に3体の石仏がある。
あれっ? 初めてお目にかかる気がしませんが。。。。





昼過ぎに万葉展望台(藤本山)に到着。
木のベンチが4つほどあるだけのスペース。



しかし西側に開けたここからは、大和三山、甘樫の丘、飛鳥の里が、遠くには二上山、葛城山、金剛山が一望できる大パノラマ。
1時間ほど飽きずに眺めていた。
長岳寺の東にある龍王山とともに、とても眺めの素晴らしいところだ。

甘樫の丘と畝傍山


石舞台


飛鳥寺




万葉展望台を後にして、飛鳥寺方面に急坂を下っていく。
途中、不思議な花がいっぱい落ちていたので、何の花だろうといちおう撮影した。
(帰宅後、調べたら、ねむの木の花のようだが確信なし)



山を下り終えたら小原の里に出る。


そうそう、小原では青大将が目の前を横切るハプニングも。



小原を過ぎて飛鳥坐神社に立ち寄り、





飛鳥寺の鐘楼と藤本山



飛鳥寺の前で小1時間ほど待ってバスに乗り、帰途についた。




今回、尾曽という里を初めて訪れた。
これといった見どころがあるわけでもない。
山の中腹にある隠れ里のような小さな里に、なぜか引き付けられた。
もう一度行ってみたい。



尾曽を後にしてからのハイキングルート。
(実際には車道以外のハイキング道も歩いているので、正確ではありません)





近鉄の「てくてくまっぷ」奈良-24『多武峰・飛鳥の里コース』を参考に歩きました。
トータルで14kmほど歩いたでしょうか。

明日香村・尾曽


きのう7月10日、明日香村にある尾曽(おおそ)という地区に行ってきた。
東京・日本橋の奈良まほろば館で、スタッフの方とハイキングの話をしていたときに、教えていただいた隠れ里だ。



JR桜井駅前からバスに乗って談山神社前で下車。
そのまま西大門跡まで急坂を登る。
西大門跡から石舞台方面のハイキングコースを下っていく。

ハイキング道は去年(2009年)12月にようやく開通した県道155号を何度か横断するが、ハイカーが少ないためか荒れ気味、しかも滑りやすくて危険なので、途中から県道を歩いて下っていくことにした。
この選択は正解で、道路から明日香の里を見下ろせる素晴らしいビューポイントがあった。





気都和既神社のあたりまで県道を下ると、上(かむら)という地区表示板と、尾曽にある寺院「威徳院」の案内看板があり、そこのわき道が尾曽へのアクセス道になる。





歩く(登る)こと約20分。
坂道を登りきったところに、人家が見え始める。
尾曽だ。
このあたりだけ平地になっている。





西のほうを見ると畝傍山などが望める。





真言宗豊山派「藤花山 威徳院」
長谷寺の末寺のようだ。
本尊は、毘沙門天。
数軒しかない集落にしてはかなり立派な寺だ。









住職に話を伺ったところ、尾曽は昔は40軒ほどあったが、今は寺を入れて6軒とのこと。
最近テレビでこの寺がパワースポットとして紹介され、それを目当てに人が来るようになった、とちょっとうれしそう。



境内の裏手に、四国八十八箇所お砂踏み道場があり、そこから見える畝傍山、二上山、葛城山、・・・







尾曽はいわゆる観光向きの場所ではない。
1時間余りの滞在だったが、住職以外に人を見かけず、時間を忘れさせる別世界のような隠れ里だった。
別の季節に再度訪問したい。

尾曽を後にして、万葉展望台(藤本山)に向かった後半の話は、後日にUPする予定。




今回のハイキングルート。
(実際には車道以外のハイキング道も歩いているので、正確ではありません)



検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR