東大寺修二会の声明公演2009


東大寺二月堂の修二会 (お水取り) 本行まで、3週間ほどになりました。
二月堂内で唱えられる声明 [しょうみょう] とダイナミックな所作は文字どおり劇的で、
別世界に連れ出されるような不思議な感覚に浸れる時が待ち遠しいです。

堂内でどのような祈りや懺悔 [さんげ] が行われているか一般人には分かりづらいのですが、
その一端を紹介する機会として、2009年に東京国立劇場で東大寺修二会の声明公演が行われました。
実際の声明や所作のすべてが忠実に再現されたわけではありませんが、
劇場の舞台上に二月堂内陣を再現して、2日間にわたって披露されました。



チラシ (表)
mizu_cnct_pmp01A.jpg




チラシ (裏)
mizu_cnct_pmp02A.jpg






公演プログラム冊子から

(表紙)
2009_0006A.jpg






(公演次第)
2009_0007A.jpg


2009_0008A.jpg




公演プログラムにあるように、
1日目は、「初夜の悔過作法」、「初夜の大導師作法」、「初夜の咒師作法」、「半夜の悔過作法」、
2日目は、「走り」、「後夜の悔過作法」、「後夜の大導師作法」、「後夜の咒師作法」、「晨朝の悔過作法」、
が披露されました。
冊子には公演内容の解説があり、公演で咒師をつとめた橋村公英師が執筆。
「二月堂修二会 存続の危機を越えて」 と題する一文は、
西山厚先生 (帝塚山大学教授、元奈良国立博物館学芸部長) の執筆で、
平重衡による南都焼き討ちで壊滅的な被害を受け、不退の行法である修二会が前代未聞の中止になりかかったが、
一度でも途絶えさせてはならないと決心した有志の練行衆によって行われ、かろうじて継承された、
という話が紹介されています。
平安時代後期ごろから記されている 『二月堂修中練行衆日記』 の中で、
最も感動的なエピソードのひとつでしょう。

この公演では、両日とも冒頭に上野道善師(第219世別當)のご挨拶がありました。
11人の練行衆のうち、和上は北河原公敬師(第220世別當)、大導師は狹川普文師(第222世現別當)でした。

1日目の神名帳の奉読は、上司永照師。
はじめはゆったり朗々と、徐々にスピードアップして人間技とは思えない超高速読み上げが聞きどころ。

2日目の 「走り」 は、二月堂以外で行われるのは史上初だったそうです。
内陣のセットが舞台上でゆっくり回って、角度が変わりました。
短縮された内容でしたが、堂童子による戸帳の巻き上げもありました。
ただ、ワタクシの座席からはその様子がほとんど見えず、残念な思いをしました。

そういえば、舞台に下ろされたスクリーンに、初夜上堂の松明の実映像が映し出されて、
臨場感を高める凝った演出もありました。
10年近く前の公演なので、ずいぶん記憶が薄れてしまいました。
記録のために公演の様子を録画します、というような館内アナウンスが事前にありましたので、
DVDかBlu-rayで出してもらえると嬉しいのですけどね。



東京国立劇場エントランスロビー
53400049A.jpg






袈裟/重衣と紙衣 (ロビーで展示)
53400046A.jpg






53400044A.jpg






二月堂内陣の舞台セット
53400058aA.jpg
(休憩時間中のため照明が落とされていて分かりづらいですが)




東京国立劇場の舞台は天井が高くて音が抜けてしまい、聞きづらい面もありました。
やはり声明は修二会専用の舞台装置と言うべき二月堂で聴聞するのが一番いい。
五体投地のドスンという音と振動も直接感じられるし、ススの匂いに恍惚となれるし!?






≪余談1≫

 公演が始まる前にエントランスロビーでうろうろしていたら、
 周囲の人たちがざわついたので何かと見回すと、すぐ近くに高円宮妃久子さま!
 公演を観に来られたようです。




≪余談2≫

 奈良国立博物館で、修二会の時期に合わせた恒例の 「お水取り」 展が始まりました。
 この展覧会の期間中、東大寺僧侶による修二会(お水取り) 解説講座が毎年あります。
 今年2018年は、2月17日(土) に行われるようです。→
 今回の講師は、北河原公敬長老様です。



201801275430aA.jpg

奈良博にて (2018.1.27)



検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -