平重衡を追う(67)~ 信円



信円という僧侶が現在どれほど知られているのかわかりませんが、
平安時代末期、反平家勢力を多く抱えていた興福寺のトップクラスの人物。
治承4年(1180) 12月28日の南都焼き討ちの目的は、単に南都を攻撃するだけでなく、
そういった人物も討ち取ってその首を京に持ち帰ることだった。
このため、信円も標的にされていたようです。
ところが南都焼き討ちのとき、信円は興福寺にはおらず、今の正暦寺に住んでいた。
狙われているので平家軍が押し寄せるのは時間の問題と、
信円は正暦寺と同じように興福寺の息がかかっていた内山永久寺(現廃寺)に移った。
しかし、追っ手があちこちの寺を探していると知り、山の中に逃げ込んで事なきを得た。
結局、正暦寺や内山永久寺に追っ手の平家軍を呼び込んでしまい、被災したということです。
正暦寺のご住職の説明を聞いて、興福寺からかなり離れた正暦寺が全山焼失した理由がようやくはっきりしました。
しかも内山永久寺も焼かれたことを初めて知りました。


正暦寺本堂下の斜面には供養塔や墓石がたくさんあります。
斜面の一番上には、3基の宝篋印塔(鎌倉時代)。
そのうちのひとつが、平家軍がその首を手に入れたかった信円の墓です、とご住職。

ネットなどでさらに調べると、3基の宝篋印塔は信円、良円、松殿基房の墓と伝わっているそうです。



201802218458A.jpg







往時の正暦寺を描いた絵巻 (レプリカ)
201802218455A.jpg
山内に80余の塔頭などが建ち並ぶ大寺院だった。






ご住職の右側にある宝篋印塔が信円のものと伝わる墓
201802218464A.jpg
ほかの2つの宝篋印塔は、良円、松殿基房の墓と伝わる。







201802218471A.jpg








201802218490A.jpg





信円★ 周辺の人たち

  父:藤原忠通 (春日若宮おん祭を始めた人)
  同母兄:松殿基房 (殿下乗合事件関係者)★
  異母兄:九条兼実 (平家嫌いで有名。日記『玉葉』で平家への苦情を記したクジョウさん)
  異母弟:慈円 (天台座主。『愚管抄』筆者)
  従兄(実兄とも):藤原基実 (近衛家の祖)
  甥:良円 (九条兼実の息)★
  甥:実尊 (松殿基房の息)

     ★正暦寺にこれらの人たちのものと伝わる墓がある。


信円は解脱房貞慶や俊乗房重源とも親交があったようです。
南都焼き討ち後、興福寺の別當となり、その再興に尽力しました。
また東大寺再興の大勧進・重源さんとも親交があったことから、
文治元年(1185) の東大寺大仏開眼法要の咒願師、建仁二年(1203) の東大寺大仏殿落慶供養の導師を務めています。

平重衡が処刑されたのは、文治元年6月23日。
その約2か月後の文治元年8月28日、大仏開眼法要が行われています。
信円は、元仁元年(1224) 11月19日、正暦寺(菩提山正願院)で亡くなりました。
享年72歳。当時としては、天寿を全うしたと言っていい年齢でしょう。



“ 先に私の首が。。。む、無念じゃあ~ ”
0011-21.jpg
(平重衡)






<南都焼き討ち被害寺社一覧> (一部伝承のものあり)

     東大寺
     手向山八幡宮(旧)
     興福寺
     率川神社
     隼神社
     般若寺
     元興寺
     法華寺
     不退寺
     超昇寺(現在廃)
     佐紀神社
     正暦寺 〔以上、奈良市内〕
     當麻寺 〔葛城市〕
     神童寺 〔京都府木津川市〕
        → 拝観のしおりには南都焼き討ちの際、平資盛によって焼かれたとあるが、平重衡の間違いでしょう。
     内山永久寺(現在廃) 〔天理市〕 ★今回追加




正暦寺




境内パトロール猫




パトロール~♪
201803240012aA.jpg








♪~
201803240013aA.jpg








ニャ?
201803240016aA.jpg

怪しいおっさん、発見!







見つからニャいように、接近。
201803240023aA.jpg








ニャにしてんの?
201803240028aA.jpg








良弁椿と桜を見に来たとニャ?
案内するニャ
201803240032aA.jpg








201803240039aA.jpg








201803249997aA.jpg




(2018.3.24、東大寺上院)



圓照寺(山村御殿)


圓照寺。

奈良市山町にある臨済宗妙心寺派の尼寺です。
非公開寺院のためふだんは拝観できませんが、
今のところ奈良交通のバスツアーに限って拝観が許されていて、
今回このツアーで念願の拝観が叶いました。

開山をはじめ歴代住職の多くが皇室関係の方で、
地元では圓照寺より 「山村御殿」 の呼び方のほうが馴染みがあるらしく、
昔はタクシーに乗るときに行先を圓照寺というと、円成寺に連れていかれることもあったそうです。

圓通殿と呼ばれる本堂には、本尊の如意輪観音、脇侍の地蔵菩薩と不動明王が厨子に安置されています。
多くは妖艶さを備えた如意輪さんですが、厨子の間近で拝見すると、
こちらの如意輪さんにはそれがほとんどなく、慈愛に溢れた美しいお像です。
同じ厨子を少し横へのぞき込むと、着物を着ている小さな聖徳太子像があります。
この着物は、第六世門跡の文秀女王(明治-大正時代の皇族)が作られたものだそうです。
厨子の向かって左側に安置されている後水尾天皇像はその皇女で開山の文智女王の作で、
まつ毛には後水尾天皇の髪の毛が使われているとか。

本堂でひとしきり拝観したあと、渡り廊下を通って奥御殿へ。
入口の間、拝謁の間、中の間、御座の間などの部屋があります。
昔は下々の者は入れなかったという御座の間にも入らせていただきました。
この部屋には文秀女王ゆかりの品がそこここにあり、
部屋の中央には半畳ほどの畳が一段高く置かれていました。
客人は入口の間で待ったあと拝謁の間に移り、御座の間に座られた文秀女王に対面したとのことですが、
御座の間と拝謁の間とのあいだには中の間という部屋があり、この中の間を挟んでやりとりされたそうです。


≪余談1≫
  東大寺の僧侶は華厳宗管長に就任後、圓照寺にも挨拶回りされるようですが、
  この奥御殿で挨拶されるのか、確認し忘れました。


≪余談2≫
  圓照寺からほど近い正暦寺には、文秀さまの銘のある梵鐘があります。
  皇室ゆかりの梵鐘ということで、戦時中の金属類回収令による供出は免れたらしい。
  文秀さまは正暦寺へときどき足を運ばれていたそうです。



閑話休題、もとの話に戻します。
大正15年(1926)、83歳で亡くなった文秀女王は能筆で、和歌にも通じていたそうです。
御座の間には、「掬水月在手 弄花香衣満」 と書かれた掛け軸や、おそらく晩年の頃であろう写真もありました。


庭も、建物も、調度品も、どれも慎ましやかで、清楚な趣のある尼寺でした。
三島由紀夫が 『豊饒の海』 に記した光景が、確かにありました。




201802218566aA.jpg








201802218561aA.jpg








201802218537aA.jpg








201802218550A.jpg
(再掲)







201802218544aA.jpg







中庭のモノリス
201802218560aA.jpg
近くの古墳の石棺の一部らしい。






奥御殿から見た庭
201802218555aA.jpg




201802218558A.jpg
(再掲)






<参考> 正暦寺の梵鐘
201802218470A.jpg
「大正甲子十月 文秀」 と陽刻されています。
大正甲子は大正13年。







20180221Enshoji-shuinA.jpg





JR東海CM・円成寺編









JR東海の 「うまし うるわし 奈良」 キャンペーン、2018年の第2弾は、


“円成寺編”




2006年に始まったこのキャンペーン。
キャッチコピーは、 “ いま、ふたたびの奈良へ ” 。

シリーズ第28作目は、円成寺が初登場。

キャンペーンのTVCM展開期間は、2018年4月7日(土)~22日(日)。
ポスターでは4月7日(金)から、ホームページ内特設ページでは3月22日(木)から順次公開。
特設ページにあるWEB限定ムービー(1分30秒)は、なかなかよい絵作りだ。


そういえば、運慶作の大日如来さん。
多宝塔から、新しくできた収蔵庫「相應殿」へお引越しされています。
手作り(?)のぞきメガネは不要です。
一方、多宝塔には模刻の大日如来さんが新たに安置され、以前と同様にのぞきメガネで拝見します。




“ 運慶の国宝にふれる。奈良の隠れた"真"名所「円成寺」”






≪余談≫

最寄りのバス停
201709231867A.jpg

[にんにくせん] と読みます。





なら写真感 #150 二月堂修二会





201803139648A.jpg

「・・・そしたらな、青衣の女人、目の前に現れて、嬉しそうにOKサイン出してはった・・・」

(妄想)





検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31