夏越大祓


今日6月30日で1年の半分が終わります。
時が経つのは、はやいですね。

この半年に知らず知らず心身に積もった穢れや罪を祓っていただくため、夏越の大祓式に参列。
境内の広場で神職さんと参列者が大祓の詞を合唱したあと、
めいめいが息を吹きかけて罪穢れを吹き込んだ人形 [ひとがた] が回収されます。
大祓式が終わると、次は茅の輪神事。
神職さんの後に続いて、茅の輪を3度くぐります。
心身ともにきれいさっぱりしました。
茅の輪の脇に持ち帰り用の茅が用意されていたので数本いただき、自宅の玄関に置きました。



201806303466A.jpg








201806303472A.jpg








201806303486A.jpg








201806303441A.jpg








201806303497A.jpg




なら写真感 #160 絵馬堂茶屋





「東大寺絵馬堂茶屋 えまどうちゃや 莫山」
201802248634A.jpg

東大寺境内で榊莫山先生の書をぽつぽつと見かけます。




なら写真感 #159 二月堂供田





201806103268B.jpg


観音さまにお供えする壇供 [だんぐ] のお米は、子どもたちの元気で生長します。




6月23日 平重衡の命日


文治元年(1185) 6月23日、平重衡 処刑。


墓所 (高野山)
201805221976A.jpg
今年2018年もお参りできました。(5月)


201805221978A.jpg










処刑直前の重衡の姿 (安福寺@木津川市)
201611034193-0111.jpg
阿弥陀さんと2ショットで。
江戸時代に描かれたものなので、もちろん空想の姿。
本尊の阿弥陀如来さんは、近くを流れる木津川で重衡が処刑されたときの引導仏と伝わります。



201611034196-0111.jpg






≪余談1≫

 重衡に仕えた木工右馬允知時は、重衡の最期を見届けた人。
 京都の日野で荼毘に付された重衡の遺骨は、埋葬のため知時によって高野山へ運ばれたと伝わります。
 その知時も、高野山の専修往生院で念仏集団のメンバーに加わっていたようです。


円通律寺
201805222021A.jpg
専修往生院の後身寺院。





≪余談2≫

 重衡が処刑されてから約2か月後の8月28日、再鋳された東大寺大仏の開眼法要が執り行われました。
 大仏開眼のときに重衡が生きているのはさすがにマズイので、その前に処刑されたのでしょうね。
 開眼法要では、参列した後白河法皇自らが、大仏さまの目に瞳を描き入れました。
 その時に使われた筆が、正倉院宝物として残されています。(実物を「東大寺大仏展」で見ました)




≪余談3≫

平家打ち首三人衆
(左から)平宗盛、平敦盛、平重衡
201212167469abA.jpg
(神戸・清盛隊@神戸ルミナリエ、2012年)




瓜破の道昭


前回の記事で、光源氏っぽい平維盛を祀る瓜破 [うりわり] 天神社の前身が道昭 [どうしょう] によって創立されたとする由緒を紹介しました。
ということで、今回は道昭の話。


201806173297A.jpg








瓜破天神社
201806173300A.jpg






201806173306A.jpg



道昭は飛鳥時代の僧侶(法相宗)です。
舒明天皇元年(629)生、文武天皇4年(700)3月10日没。
河内国丹比郡 [たじひのこおり] の人で、出家前の姓は船連 [ふねのむらじ]。
遣唐使で唐に渡り、玄奘三蔵に師事。
帰国後、法相宗を広めました。
法興寺(後の元興寺)に禅院を建て、弟子たちを育てた。
各地で行ったとされる土木事業は、弟子の行基に引き継がれたと考えられます。


河内国丹比郡はざっくりこのあたりの図
tajihimap1.png



現在の奈良県明日香村栗原で、遺言により火葬されたと 『続日本紀』 に記録されています。
日本で最初の火葬とされています。
『続日本紀』 には数十人の卒伝が書かれていますが、
その中でも道昭のものはかなりの字数を使って、多くのエピソードを紹介しています。
弟子が道昭の便器に穴をあけた話。
唐から日本へ帰るときに、玄奘三蔵からもらった鍋の不思議な話。
上記の火葬が終わったあと、親族と弟子が争って道昭の骨を拾おうとしたとき、
にわかにつむじ風が起きて、灰や骨が吹き上げられてどこかへ行ってしまった話、など。
道昭の弟子か信奉者が師の偉大さを後世に伝えるために、奇譚を追記したのではないか。


瓜破天神社の由緒書によると、道昭は大化年間(645-649)に瓜破の地に住んでいたそうで、
行法中に天神像が現れたので、西瓜を割って供えたことからこの地が瓜破と呼ばれるようになったとしています。
(その当時、スイカがあったのでしょうか?)
菅原道真が天神として崇められるのはもっと後の時代なので、現れた天神は文字どおりの天の神なのでしょう。
一方、このあたりには中高野街道が南北に通じていて、
弘法大師空海が高野山と都を往復する際に土地の人が瓜を割って勧めたことから
瓜破という地名になったとも伝わっています。


201806173310A.jpg





道昭ゆかりの地が、もう一か所近くにあります。

敬正寺 [きょうしょうじ]
201806173329A.jpg


道昭がこの地に創建したという永楽寺 [えいらくじ] の塔頭のうち、唯一残ったのがこの敬正寺だそうです。
敬正寺の境内には永楽寺の本尊と伝わる五智如来のうち、2体の石仏(大日如来と阿弥陀如来)が安置されています。
旅帰りの道昭が村人から割った瓜を差し出されて食べたところ、たちまち疲れが癒えたので、
感謝して永楽寺を建て、この地を瓜破と名付けたというのが敬正寺に伝わる瓜破地名由来。


格子戸越しに石仏が2体201806173326A.jpg
近寄ると、犬に吠えられる。




大日如来
201806173322A.jpg





阿弥陀如来
201806173323A.jpg






最寄駅の大阪メトロ・喜連瓜破 [きれ・うりわり] 駅を出ると、東西に延びる道に出ます。
この道は長居公園通りで、住吉の津と大和を結ぶ古代の道路 「磯歯津路」 [しはつみち] だったと伝わります。
古代、住吉の津に上陸した外国使節団は、磯歯津路を通って大和に入ったようです。
磯歯津路は 『日本書紀』 の雄略天皇記や、『万葉集』 にも登場しています。


長居公園通り
201806173299A.jpg
東方には信貴山が見えます。


雄略天皇の時代、来日した機織り姫の呉羽、綾羽も信貴山を見ながら大和に向けてこの道を歩んだのかも知れません。



検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30