なら写真感 #169





201806103276A.jpg
(東大寺にて)

台風24号が直撃しそうです。
被害が出ないことを祈ります。




ラトル・LSO・マーラー9番(大阪)



201809234873A.jpg



<プログラム>
 (1) バーンスタイン:交響曲第2番「不安の時代」 (Leonard Bernstein : Symphony No.2 "The Age of Axiety")
 (2) マーラー:交響曲第9番 ニ長調 (Gustav Mahler : Symphony No.9 in D majar)

開演:2018年9月23日(日) 14:00
会場:フェスティバルホール <大阪市> (Festival Hall, Osaka)
演奏:ロンドン交響楽団 (London Symphony Orchestra)
ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン (Krystian Zimerman)
指揮:サイモン・ラトル (Sir Simon Rattle)




ラトル指揮の演奏会は、今回で2度目。
あまり演奏会に出かけないワタクシとしては、珍しいことです。
前回は、2008年の兵庫県立芸術文化センターでの演奏会でした。
このときはブラームスの交響曲第1番と第2番をベルリン・フィルで演りました。
ラトルは今年6月にベルリン・フィルの首席指揮者を退任しましたが、
今回、音楽監督としてLSOを率いて日本へやって来ました。
9月23日はツアー初日の演奏会。
レコード時代からよく聞いたオケの一つで、「スター・ウォーズ」 などの映画音楽も数多く担当している
LSOの演奏会は今回が初めてなので、とても楽しみにしていました。


さて、演奏会ですが、13時予定の開場は会場準備が遅れて13時15分ごろでした。
14時予定の開演も、数分遅れました。

バーンスタインの交響曲第2番は聴き慣れていない曲なので、事前にYouTubeで予習しました。
指揮は作曲者本人のバーンスタインで、ピアノはツィメルマン(若い!)、オケはLSOと、指揮者以外は今回と同じ!
インターネットというツールで、自宅にいながらこういう予習がいとも簡単にできるのは、隔世の感がありますな。
で、実際に生で聴いてみると、まだまだ勉強不足を痛感。
ただし、LSOが以前と同じく高性能なオケということはよく分かったし、ツィメルマンも素晴らしかった。
jazzyな 「仮面劇」 がノリノリで、なかなかよい。

(休憩20分)

マーラーの交響曲第9番。
ホルンはアシストの1本を加えて、5本でした。
4楽章の56小節目に入るところで全身に鳥肌が立ち、目頭が熱くなってしまって。。。
そしていつも感じるのですが、4楽章最後の2小節の 「3連符+全音」 が
「サーヨーナーラーーーー・・・」 と聴こえて仕方がありません。
最後の音が消え行って、しばらくの静寂。
その後、割れんばかりの拍手。
演奏者の中にも、涙をぬぐっている方が見受けられました。
どれほど感動的だったか、推して知るべし。

アンコールは無し。



201809234868A.jpg






201809234885A.jpg






201809234877A.jpg






201809234891A.jpg






≪余談1≫

 団員が楽屋に引き上げた後、止まない拍手に促されてラトルが再びステージに戻る動画が、
 KAJIMOTO(招聘元)のtwitterにアップされています。 →
 ステージに団員がいないのに、ラトルが全員立ち上がってのジェスチャーをしたのが不思議に思われるでしょうが、
 実は、なぜかステージに残っていたティンパニ奏者がラトルの指示に気付いて立ち上がり、
 孤独に万雷の拍手を受けることになって、会場が大笑いになった場面なのです。



≪余談2≫

 演奏会のあと、歩いてJR大阪駅へ向かっている途中の交差点で信号待ちをしているときに
 すぐ横の車道で同じように信号待ちをしているバスを何気なく見たら、乗客はLSOの団員の皆さんでした。
 カバンから今回の演奏会のチラシを取り出してバスに向かって振りかざし、手を振ったら、
 何人かが気付いてくれて、笑顔で手を振り返してくれました。
 東京行きの新幹線に乗るためにJR新大阪駅へ向かうところだったと思いますが、いい思い出になりました。



≪余談3≫

 LSOの公式twitterには、この大阪公演が大成功だったことや、聴衆への謝意などが記されていました。 →
 また、団員と思われる方のtwitterにアップされた日本の土産物店での写真に、
 「ポッキーを忘れないで!」 とのコメントが付けられていて、ほほえましかったです。
 (海外でもポッキーはよく知られているのでしょうか?)



≪余談4≫

 JR大阪駅中央南口にある 「水の時計」 は秋バージョンになっていて、
 案山子、稲穂、紅葉、ぶどう、赤とんぼなどの模様のほかに、五線譜と音符の模様もありました。
 海外からの観光客にも人気のスポットのようです。

201809235051A.jpg




tag : LSO

なら写真感 #168





201708091735rB.jpg


四万六千日のともし火




なら写真感 #167



刈入れ近づく


201809094683A.jpg








201809094707A.jpg








201809094671aA.jpg








201809094657A.jpg

(奈良・阪原町)



南明寺重陽薬師会


奈良市阪原町にある南明寺で、2018年9月9日(日)、重陽薬師会舞楽法要がありました。
毎年9月9日に一番近い日曜日に行われるそうですが、今年はまさに当日でした。
法要の次第は毎年変わっているようです。


以下、今回配布された資料から。

hoesetumeiA.jpg



あの信西(藤原通憲)が南明寺の中興の祖で、この法要が信西の遺徳を偲ぶことも兼ねているとは知りませんでした。
この配布資料によれば、今回の舞楽は 「蘇合香」 [そこう] の序の一帖と、「貴徳」 の急、とのこと。
ワタクシ、舞楽は不案内ですが、堂内で間近で拝聴、拝見できたのはとてもよかった。
ホウレンソウの葉を頭に載せているのかと思ったのは、「菖蒲甲」 [しょうぶかぶと] というかぶり物とのこと。
「貴徳」 の白い面は、なかなかインパクトありますな。
四天王寺の聖霊会をうんとコンパクトにしたような法要でした。


式衆の中には、尼僧さんもいらっしゃいました。
興福寺のザイレ暁映さんもおられたのには、ちょっとびっくり。
最近メディアなどでもよく拝見する方ですが、暁映さんの法話を初めて聞けてよかった。
参列者は地元の方、檀家さん、関係者がほとんどのように見受けられました。



ご朱印(書置き)のほか、重陽薬師会のときだけ授与される 「菊慈童御札」 もいただきました。


ofudaA.jpg




Nanmyoji-sangeA.jpg



南明寺の本堂は鎌倉時代に建てられたもので、平安時代の薬師・阿弥陀・釈迦の三尊像、地蔵菩薩坐像、小さな四天王像が安置されています。
阿弥陀と釈迦の二尊像は、定朝様のお顔ですね。
今回のような法要を除いて普段は閉堂しているため、拝観を希望する場合は10日以上前までに予約が必要とのこと。



下戸ですが、迦陵頻伽ちゃん(胡蝶ちゃんかも)が直々に菊酒を振る舞うというので、菊の花びらが浮いたお酒を少しだけ頂きました。
升はお持ち帰りOK。
升にはご朱印もあって、とてもありがたい。
裏には、「吉野杉」の焼き印も。


201809094733A.jpg






IMG_4746A.jpg




IMG_4745A.jpg




IMG_4747A.jpg







≪余談≫

  法要が始まるまで時間があったので、阪原の棚田を散策。
  稲はずいぶん色づいてきました。

  お堂の扉をすべて開け放っているせいで、堂内で練習する笛、笙、ひちりきの音が遠くの田んぼまで聞こえました。


201809094711aA.jpg






201809094743A.jpg






201809094735A.jpg





【2018年9月9日 南明寺重陽薬師会舞楽法要】
   特別拝観料 500円 (菊酒振る舞い付き)
   ご朱印(書置き) 300円
   菊慈童御札 500円



検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -