「伊予灘ものがたり」 ~ 風を追って (4)






201610103559-1011.jpg








201610103597-1111.jpg








201610103608-0111.jpg








201610103630-0111.jpg








201610103724-011.jpg





少年野球のみなさん、
畑作業のみなさん、
沿線のあちこちで手を振ってくださったみなさん、
狸駅長さん、
ワン駅長、ニャン駅長、
武者姿の方、
アテンダントのみなさん、
だんだん!
(愛媛あたりの方言で「ありがとう」の意)


印象的だったひとこま。
民家の庭先で手を振るひとりのお爺さんに気が付いた。
その姿はほんの一瞬見えただけだったので、気が付いたほかの乗客はおそらくいなかったと思う。
そんな列車に向かって手を振っている姿に、目頭が熱くなった。
お爺さん、だんだん。



お土産にいただいたクッキーは、愛媛県立伊予農業高校の生徒さんの手作り。

伊予農クッキー
201610103775-111.jpg


生徒のみなさん、とてもおいしかったですよ。
だんだん。





喜多灘駅は大洲市と伊予市の市境上にあります。
駅のホームには、アテンダントの皆さんの力作が掲げられています。
絵のお姫様は自画像でしょうか、美人ばかりです。

201610103655-0111.jpg






≪余談≫

  喜多灘駅。

  以前、どこかで聞いた、あるいは目にした駅名。。。

  。。。思い出しました。

  松本清張の長編推理小説 『火の路』 。
  この小説の最後の場面に出てきた駅でした。




※ おわり



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR