フェノロサとビゲローの墓参り



日本美術を救ったと言われるフェノロサとビゲロー。
ふたりとも遺言により遺骨が分骨されて、三井寺(園城寺)の法明院に埋葬されています。




201611205060a-0111.jpg








201611205081a-0111.jpg








201611205061a-0111.jpg








201611205063a-0111.jpg








フェノロサの墓
201611205065a-0111.jpg
感謝です。








ビゲローの墓。
201611205069a-0111.jpg
感謝です。
フェノロサの墓の隣にあります。
墓石の正面にはビゲローの法名 「月心」 が刻まれていますが、苔に覆われて読みづらい。








201611205075a-1111.jpg









201611205078a-1111.jpg






法明院






法隆寺夢殿の救世観音立像や聖林寺の十一面観音立像を今日拝めるのは、
フェノロサのおかげと言ってもいいかも知れません。
フェノロサの日本美術コレクションには、 「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」 や俵屋宗達筆 「松島図屏風」 などがあって
現在はボストン美術館の所蔵となっています。

フェノロサと同じく日本美術の収集家・ビゲローも、数多くの作品を買いつけました。
そのコレクションのひとつ 「法華堂根本曼荼羅図」 はかつて東大寺法華堂に伝わっていたというもので、
日本にあれば間違いなく国宝だったはず。
奈良時代の仏画は極めて少ないため飛び抜けて貴重なのだそうで、国宝中の国宝といってもいいかも。
吉備真備が空を飛ぶ、奇想天外な 「吉備大臣入唐絵巻」 もビゲローのコレクション。
これらのコレクションもボストン美術館所蔵となっています。

  ※ 「ボストン美術館 日本美術の至宝」 展の弊ブログ記事 →




<余談>

 白洲正子の 『十一面観音巡礼』 には、聖林寺の十一面観音立像のことが記されています。
 正子が聖林寺を訪ねたのは昭和7年か、8年のころ。
 対応した当時の住職の話では、大御輪寺 (三輪神社の神宮寺) の本尊だった十一面観音が
 その縁の下に打ち捨てられていたのを発見したフェノロサは、先代の住職と相談して聖林寺へ移すことにした。
 移すときは荷車を使ったが、聖林寺の坂道を登るのが大変だったらしい。
 荷車を後押しした住職はそのころ12歳だったが、フェノロサのことをはっきり覚えていて、 
 フェノロサは穏やかなおじいさんで、観音様を移すときは終始荷車の脇へつきそっていたそうだ。

 現在は、十一面観音立像は別棟の観音堂に祀られていますが、
 その昔は本尊の地蔵菩薩坐像の隣の部屋にあったとのこと。
 少しアニメ的な造形のお地蔵さんのおわす本堂の脇に、フェノロサとビゲローが寄進した厨子が置いてあります。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR