後期難波宮の役所跡



聖武天皇によって造営された後期難波宮の発掘調査で、初めて奈良時代の役所の建物群が見つかったと発表があり、
2016年12月3日(土)、現地説明会が行われました。


聖武天皇の実像をほんの少し追って




場所は、国立病院機構大阪医療センターの南側の駐車場だったところ。


役所跡が見つかった後期難波宮発掘調査現場





現地説明会で配布された資料は、大阪文化財研究所のHPからダウンロードできます。 → (PDF、約3.4MB)




201612035465A.jpg








201612035466A.jpg



オッサン、たくさん、集合。
加齢臭と整髪料臭に少々うんざりしながら、係員の説明を聞きました。

見つかった建物跡4棟がなぜ役所と考えられるかというと、
場所が朝堂院 (今の時代で例えると国会議事堂) に近く、
建物はいずれも長細く、小型で簡素であること。
さらに、各建物が狭い場所にコンパクトに配置されて実務に適していること、などが挙げられるそうです。
発掘現場あたりは、今の時代で例えると霞が関の官庁街にあたるそうです。

もうひとつの大きな発見は東西に延びる塀の跡で、これによって五間門区画の南側がわかり、
五間門区画のおおよその規模が判明したとのことです。
五間門はとても格式のある門 (平城宮跡の朱雀門がその一例) で、
五間門区画の東側の塀に2棟も設けられていたことが分かっています。
天皇が出入りするという門ですから、五間門区画には重要な施設があったようです。


201612035488A.jpg



この日は、晴天のあまり日陰日向のコントラストが強すぎて遺跡の撮影にはよろしくない状況でした。


201612035508A.jpg

アップで撮ると不思議な光景。
小さな C-3PO と R2-D2 が出てきそう。




現場の片隅で出土品が展示されていました。

なんと、電話の受話器!

201612035489A.jpg






201612035492A.jpg


奈良時代に電話があったのかと驚きましたが、実は発掘現場は旧日本陸軍の歩兵37連隊の本部が置かれた場所でもあり、
防空壕も発掘され、関連の遺物が出てきたようです。
それ以前の時代のものはほとんど出土しなかったそうです。


それはそうと、奈良時代、ここで働いていた役人は奈良に家族を置いて、単身赴任だったのでしょうか?


    ※ 「後期難波宮の瓦」 記事 →


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR