ハイキング立ち寄り大明神 (9)



二月堂修二会で毎夜読み上げられる “神名帳” の神様のうち、ハイキングなどで立ち寄った神社のご紹介。

続きです。



● 飛鳥坐神社 (明日香村飛鳥)

   神名帳では、飛鳥大明神 [あすかノだいみょうじん] (239) ←神名帳で読み上げられる順番


  [あすかにいます じんじゃ] と読みます。
  おんだ祭で有名ですが、まだ一度も拝見したことがありません。



飛鳥坐神社
201007301714A.jpg








201007301711A.jpg








201007301712A.jpg








● 大原神社 (明日香村小原)

   神名帳では、大原大明神 [おおはらノだいみょうじん] (69)


  「小原」 と書いて、[おおはら] と読みます。
  小原にある大原神社は、藤原鎌足の誕生の地と伝わります。
  本殿の背後に鎌足産湯の井戸があります。
  大原神社の南側には、鎌足の母 (大伴夫人) の墓があります。



大原神社
201007101708A.jpg








201007101705A.jpg








万葉展望台 (藤本山) からの展望
201007101687A.jpg
手前に奈良県立万葉文化館。
その向こう (中央やや左側) に甘樫丘。
ずっと向こうに畝傍山。








● 甘樫坐神社 (明日香村豊浦)

   神名帳では、甘柞大明神 [あまがしノだいみょうじん] (251)


  甘樫丘の北西隣にある豊浦地区にあります。
  武内宿禰の創建と伝わります。
  主祭神は推古天皇。
  甘樫丘に上がったときに立ち寄りましたが、写真はありません。





● 於美阿志神社 (明日香村檜前)

   神名帳では、今木大明神 [いまきノだいみょうじん] (182)


  [おみあし じんじゃ] と読みます。
  かつてこのあたりには、古代寺院・檜隈寺 [ひのくまでら] がありました。
  渡来系氏族の東漢 [やまとのあや] 氏の氏寺だったと伝わります。
  その檜隈寺跡に於美阿志神社があり、東漢氏の祖神である阿智使主 [あちのおみ] が祭神になっています。

  なぜ於美阿志神社が今木大明神なのか。
  調べてもよく分かりませんでしたが、このあたりの小字が 「ヒガキ阪」 と言うらしく、
  もしかしたら ヒガキ → イマキ となったのかも知れません。(妄想)

  キトラ古墳を見に行ったときに立ち寄りましたが、写真はありません。






    明日香の大明神マップ

    asuka1.png
    ① 飛鳥坐神社
    ② 大原神社
    ③ 甘樫坐神社
    ④ 於美阿志神社


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR