鬼になった敦盛たち



2017年春の京都非公開文化財特別公開 (終了) の社寺のひとつ、古知谷[こちだに]・阿弥陀寺へ。

京都・大原地区にあるバスターミナルから旧道をさらに徒歩30分ほど北上すると、楼門があります。
(ワタクシは本数少ない直通バスに乗って楼門近くで下車)。



阿弥陀寺の楼門
201705050119A.jpg
高野山・圓通律寺や下関の赤間神宮にも似た門がある。


午前8時40分ごろ開門。
楼門をくぐって急坂の参道を上ること約15分。
ようやく本堂に到着。
息切れ、汗だくです。
足腰の弱い人には厳しいと思います。
境内は青もみじが目にまぶしく、秋は紅葉が美しいでしょうね。




201705050122A.jpg







何の花?
201705050133A.jpg








201705050127A.jpg


仏像、開基の弾誓 [たんぜい] 上人、上人のミイラが納められている石棺などを学生さんが説明してくれましたが、
上人の一生を描いた弾誓上人絵伝がなかなか面白かった。
上人が一ノ谷 (神戸市須磨) で三匹の鬼に遭遇する場面があります。
その鬼たちは、実は、一ノ谷の戦いで戦死した平忠度、平通盛、平敦盛だったのです。
平家の皆さんが鬼となって突然登場する展開に、ワタクシ、しばし呆然。
説明を聞き逃してしまいました。

 ≪余談≫
  一ノ谷の戦いで生捕られた平重衡にとって、平忠度は叔父さん、平通盛はいとこ、平敦盛もいとこ。


≪閑話休題≫

古知谷・阿弥陀寺のあとは、大原の里を経由して江文峠へ。




大原の里で

201705050155A.jpg







201705050143A.jpg




文治二年(1186) の初夏、後白河法皇が寂光院にいる建礼門院をお忍びで訪れたという話は、
『平家物語』 の 「大原御幸」 で語られています。
大原御幸は史実ではないとの意見が多いようですが、京から大原へ行くには、
賀茂川をさかのぼり、市原野、静原を経て、江文峠を越えるルートが取られたようです。



後白河法皇が通った(かも知れない)江文峠 [府道40号]
201705050179A.jpg








府道の脇のハイキング道にも 「くまに注意!」 の看板が!
201705050177A.jpg

こんなクマだったら怖くないけど、
金毘羅山の上のほうで日向ぼっこしているヘビに遭遇しました。
のんきに写真を撮って後で調べたら、マムシだった!!
模様が特徴的だったんですよ。
(写真掲載はやめておきます)




江文峠近くの金毘羅山登山口
201705050183A.jpg








金毘羅山山頂
201705050201A.jpg
頂上は木々が周囲にあって展望はなし。







山頂近くから眺めた大原の里
201705050188A.jpg




下山して寂光院近くに出る。
近くに、建礼門院に仕えた阿波内侍、大納言典侍(平重衡の奥さん)、
治部卿局(平知盛の奥さん)、右京大夫(平資盛の恋人)の墓がひっそりとあるので、お参り。
そして家路についたのでした。

201705050206A.jpg














※ 古知谷・阿弥陀寺の開門までの待ち時間に、楼門近くで同じように待っている方とずっと雑談させていただきました。
  那智勝浦や京都などを回っているとのことでしたが、無事回られたでしょうか?




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

三草山

すみません。お返事遅くなりました。
コメントありがとうございます。

ワタクシも三草山古戦場の近くまで、行ったことがあります。
よろしければ、ご参考まで。
http://namusaijo.blog.fc2.com/blog-entry-816.html

今後もよろしくおねがいします。


お返事ありがとうございます

おはようございます。
古知谷までの行き方を詳しく教えていただきまして、ありがとうございます。
年内目標にして、バスの時間はしっかり調べて計画します。

KOKUIのこともコメントありがとうございます。義経ですが(笑)
浄土寺も三草山合戦の時に焼かれいたと事前に調べていた時に知りました。
今回は立ち寄れなかったのですが、機会があれば浄土寺も訪れてみます。

なむさいじょうさんの記事、また楽しみにしています。

平家黎明さん、こんばんは!

ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。

理由を聞き逃したので、聞きに行ってください。(笑)
大原でも古知谷・阿弥陀寺まで足を延ばす人は、紅葉の頃を除いてあまり多くないと思いますので、機会があればぜひ。
京都市営地下鉄・国際会館駅の前から大原経由小出石行きの京都バスに乗って、古知谷で下車するのが楽と思います。
ただし、バスの本数少ないので要注意です。

弾誓上人絵伝の公開は今回の特別公開限定だったかも知れませんので、
絵伝を直に見られるかは事前にお寺さんに確認されたほうがいいと思いますよ。

※兵庫県小野市へ行かれたのですね。Twitterで拝見しました。
 ワタクシも重源さんの浄土寺のお参りなどで小野へときどき行くので、次回は「KOKUI」を土産にします。(笑)

久しぶりにコメントで失礼します。
通盛たちが鬼になったという話があるんですね…良くない鬼なんでしょうか?機会があれば私も理由を聞きに行ってみたいと思いました。
情報ありがとうございます。

ハミさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。

さすが、ハミさん。e-460
これで安心して寝られます。(笑)

白い花

エンレイソウだと思います。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR