八葉蓮華寺の阿弥陀さん in 快慶展



奈良国立博物館で開催中の 快慶展


201704238647A.jpg




【八葉蓮華寺の阿弥陀如来立像】 (出陳番号 61)

  普段は非公開だったり、特定の期間だけ公開される快慶仏のひとつに八葉蓮華寺の阿弥陀さんがあります。
  八葉蓮華寺は大阪府交野 [かたの] 市傍示 [ほうじ] にあります。






  実は、まだ現地で拝観したことがありません。

  公開日は、春と秋にそれぞれ1日。
  拝観は特定の日の特定の時間だけ (しかも30分間!) という厳しい条件のうえ、
  交野市の関係部署に予約が必要。
  (2017年春は快慶展にお出ましのため、現地公開なし)
  Google Mapで 交野市傍示 で検索すると、周囲はのどかな里山のようです。
  里人にずっと守られてきたのでしょうが、なぜこのような里山にひっそりと快慶仏がおわすのでしょうか。
  いろいろ想像しながら散策して、現地でも参拝したいものです。

  あ、そうそう、「新TV見仏記 ~大阪・ひっそりおはす編~ 」 で、MJとISが八葉蓮華寺を訪れています。
  阿弥陀さんと仏友たちの3ショットはこちら →



≪余談≫

  八葉蓮華寺の阿弥陀さんの願主は、恵敏 [えびん] という人。
  この像の納入品にある阿弥陀経には、明遍 [みょうへん] 自筆の奥書があるとのこと。
  明遍はあの藤原通憲 (信西) の子で、東大寺東南院 (今の東大寺本坊の場所にかつてあった子院で、
  理源大師聖宝が開創) の僧。 南山城の光明山寺 (今は無い) に遁世し、高野山にもいたらしい。
  恵敏は信西の孫で、明遍の甥。
  信西ファミリーは多くの高僧を輩出しています。
  解脱房貞慶 (出陳番号 24、25) も信西の孫にあたる人。
  醍醐寺座主や東大寺第97世別当を務めた勝賢は、信西の子。




201704238657A.jpg




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR