在原業平ゆかりの地を行く(30)



32.長岡天満宮

 長岡天満宮がある長岡京市は桓武天皇が平城京から都を遷して長岡京を造営したところで、
 天満宮のあたりはもとは菅原道真の所領だったそうです。
 道真は在原業平らと共に、この長岡の地でしばしば詩歌管弦を楽しんだと伝わっています。

 『伊勢物語』 には、長岡ゆかりの段がふたつあります。
 ひとつは第五十八段で、風流な色好みの男が長岡に家を作って暮らしていた話。
 もうひとつは第八十四段で、平安京で宮仕えしているのでなかなか会いに来てくれない息子 (業平) に、
 長岡に隠棲している母 (伊都内親王) が年老いたので会いたいと詠んだ歌を書いた手紙を出した話。
 業平はその手紙を読んで、泣きながら母親の長寿を祈る歌を詠んだ、とこの段を結んでいます。
 とかくプレイボーイ的な一面だけを見られがちですが、母思いの心優しい人物でもあったことを伺わせるエピソードですね。
 内親王と業平の歌のやりとりは、古今和歌集にも載っています。




長岡天満宮
201705200323aA.jpg








201705200320A.jpg








ここでも昭和な女の子が手水の作法を教えてくれます。
201705200330A.jpg







八条ケ池
201705200334A.jpg
境内の東にあるこの池には、料亭の座敷部屋がせり出している。







≪余談1≫

 菅原道真は在原業平の20歳ほど年下。
 道真を大宰府へ追いやった藤原時平は、業平の46歳ほど年下。
 在原業平の孫娘はお爺ちゃんのDNAを受けついだ美貌で評判の女性で、藤原時平は彼女を妻にした。




≪余談2≫

 奈良・不退寺の本堂には、業平の父・阿保親王坐像だけでなく、母・伊都内親王の位牌も安置されています。




≪余談3≫

 業平の母・伊都内親王は、桓武天皇の皇女。
 内親王が山階寺 (いまの興福寺) の東院西堂に香灯読経料を寄進したときの願文 『伊都内親王願文』 は
 三筆のひとり橘逸勢の書と伝わるもので、天長十年 (833) 年九月二十一日の日付があり、
 最後に 「伊都」 と内親王自筆の署名が残されています。
 この願文は御物、つまり皇室の私有品になっています。
 なかなか実物を拝見する機会がありませんが、国立国会図書館のサイトで写真が公開されています。 →
 20コマ目に内親王自筆の署名が見えます。
 大昔の人や伝説的な人の自筆署名を見ると、ぐっと身近な存在に感じます。
 しかもこの願文には内親王の手形が朱で捺されているので、ますますその感を強くします。
 (上記のサイトのモノクロ写真では、不鮮明でよく分かりませんが)







長岡天満宮





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR