快慶展を観終わって




201704238657A.jpg




奈良国立博物館の快慶展は2017年4月8日に始まって、6月4日で終わりました。
会期の前半と後半にそれぞれ行きました。
めったにお目にかかれない仏像をじっくり鑑賞できたのもよかったですが、
今回は願主がどのような思いで仏像制作を仏師に依頼したのか、
時代背景はどうだったのか、そういったことにも思いを馳せるようにしました。
また、そういうことができる展示の仕方にもなっていたと思います。
いい展覧会だったと思います。


一通り見終わったあとで、奈良博の中庭へ出て散策することができます。
いつも中庭へ出られるとは限りませんが、夢中で鑑賞したあとの心地良い疲れを癒すにはいい場所です。




茶室八窓庵
201604164712A.jpg








仏教美術資料研究センター

201604164750A.jpg




201705210463A.jpg




201604164748A.jpg









阿弥陀さんはあちらへお帰りになりました。
201705210465aA.jpg
さよなら~、と手を振っているように見えます。






快慶展と会期がほぼ同じだった 「ひょうごの美ほとけ」 展や 「木×仏像」 展。
それに、春の京都非公開文化財特別公開、高野山の霊宝館や圓通律寺なども回りましたので、
この春は見仏度が非常に高かった。




さて、次は同じ慶派の運慶展。。。。

とその前に、奈良西大寺展 を見逃してはなりませぬ。
善派の仏像がお出ましになります。
興正菩薩叡尊の周辺で活躍した仏師集団 「善派」 は慶派に比べるとマイナーですが、
もう少し注目されてもいいのではと思うぐらい、魅力的な仏像を制作している (と思う)。



<参考1> 十一面観音菩薩立像 (善円作) ~ 奈良国立博物館
201111069135A.jpg


図録には、「少年のような可憐な表情を持つ」 と書かれていますが、“少女” のほうがふさわしいと思う。
善円 (善慶) の仏像は、「清純な作風に特徴がある」 とも書かれています。
あ、この写真は奈良博で撮影できたころに撮ったものです。

奈良西大寺展の大阪展開催にあたって関連イベントがいくつかあり、
新TV見仏記の仏友 (MJとIS) と海龍王寺のイケ住によるトークショー&講話というのもあります。
聲明公演にも行きたい。




<参考2> 地蔵菩薩立像 (はだか地蔵尊) ~ 奈良・伝香寺
201607231794-0211.jpg

作風から善円の作とみられるそうです。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR