デボラのテーマ



6月の奈良の恒例行事として定着してきた“ムジークフェストなら”。
今年2017年ではジョン・ウィリアムズの映画音楽の演奏会があって、
聴きに行きたかったのですが、残念ながら都合がつかず断念。
そうなると、無性に聴きたくなってきます。
YouTubeには映画音楽がたくさんアップされているので、いろいろ聴きました。
今の時代、こういうサイトがあって本当にありがたい。



Star Wars (ベルリン・フィル、ラトル指揮) [2:56]


ライトセーバーを弓がわりにして弾いていたり、
女性ホルン奏者がレイア姫の髪型だったりと、
突っ込みどころがいろいろあります。





シンフォニックなジョン・ウィリアムズもいいのですが、個人的にはエンニオ・モリコーネの曲がワタクシの心を揺さぶります。
映画 『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年) の曲も感動的でした。
映画 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984年) に登場するデボラちゃんのテーマは大好きな曲のひとつで、
少女時代から彼女に恋するヌードルス (ロバート・デ・ニーロ) の回想シーンでこの曲が流れると、
切ない気持ちが溢れてきます。


Deborah's Theme (Once Upon a Time in America) [4:22]





デボラちゃんの少女時代を演じるのは、ジェニファー・コネリー。
本当に可愛い!
物置で踊るときに流れていた曲は、「アマポーラ」。
この映画を初めて見たとき、オリジナル曲と誤解しましたが、映画の中で使われた編曲がまた素晴らしく美しい。


Amapola [5:23]

(この映像は映画と直接関係ないです)





成人したデボラちゃんを演じるのは、エリザベス・マクガヴァンという女優さん。
この映画では、無愛想で、影のある陰鬱な表情が多いので、いまひとつ評判は良くなかったようです。
そういう役柄ですから、ある程度仕方がありませんね。
眼が綺麗で、背の高い彼女は個人的にけっこう好きです。


デボラ (エリザベス・マクガヴァン)
Deborah05-111.jpg

数少ない笑顔のシーン。





で、デボラちゃんを演じたエリザベス・マクガヴァン。
その後どうしたのかと気にかかって調べていたら、
NHKの日曜夜に放映しているドラマ 『ダウントン・アビー』 に出ていることを最近知って、びっくり!
グランサム伯爵夫人コーラとして登場しているではありませんか。
コーラがあのデボラちゃん??




2012年のカンヌ国際映画祭で、デジタル修復とともに未公開シーンが加えられた
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 が特別上映されました。
会場には関係者が集まり、ロバート・デ・ニーロ、マックス役のジェームズ・ウッズ、
エリザベス・マクガヴァン、ジェニファー・コネリーという豪華メンバーが登壇しました。
そのときの様子がYouTubeにありました。


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 特別上映会で ~ カンヌ国際映画祭 (2012年) [6:06]

観客席にいるエンニオ・モリコーネも拍手され、立ち上がっています。





で、エリザベス・マクガヴァン。
もっと驚いたことに、音楽バンドを持っていて、自らヴォーカリストとして音楽活動も行っています。


Everybody's Got A Song (2014)  [3:56]

バンドのHP →



デボラちゃん、元気そうです。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR