パリ・マグナム写真展



1936年、パリ。
新聞社の写真家募集に応募するも不採用となり、近くのカフェで飲んでいたある写真家が、
そこで同じく不採用となった二人の写真家と偶然出会う。
彼らは意気投合して、10年後に再会することを誓った。
そのときに飲んでいたワインの大瓶 (マグナム) が、
1947年に彼らによって設立された写真家集団 「マグナム・フォト」 の名の元となった。
彼らの名は、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・キャパ、デヴィッド・シーモア。

写真史をかじった人なら、「マグナム・フォト」 や彼らの名を知っているでしょう。
今年2017年、創立70周年を迎えたマグナム・フォト。
多くの所属写真家の作品から、パリをテーマにした作品が選ばれ、京都文化博物館で写真展が開催されています。
(会期:2017年7月1日~9月18日)
 ※ 詳細情報はコチラ →


マグナム設立前の1932年からマクロン氏が勝利した2017年の大統領選挙までの時代を大別し、5部構成の展示になっています。
各部の説明は上記の詳細情報にあるので省略しますが、激動のパリがそれぞれの写真家の視点で切り取られています。
見る者の心を揺さぶる力のある作品が多いと思います。

ディジタル化による写真表現の多様化やインターネットの普及によって、
マグナム・フォトがこれからどういう方向に向かっていくのか、興味のあるところです。




Magnum0001-021.jpg




Magnum0002-021.jpg





「凱旋門」 1952年 ロバート・キャパ
201707151086aA.jpg

会場入り口で。






京都文化博物館・別館 (国重文)
201707151084A.jpg

写真展は別館の北側にある本館の4階でやっています。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR