平重衡を追う(62)~ 大仏殿の中の重衡



※ 以前にアップした記事の増補版です。



東大寺大仏殿に入って左の柱に扁額がかかっています。
数年前にこの柱の横に献灯台用の大きなケースが置かれ、扁額が見えにくくなってしまいました。


以前の様子
rscn9966-1.jpg







最近の様子
201708051605A.jpg






以前、扁額を撮影し、拡大して一文字ずつ拾ってみたのがこれ。
hengaku101.jpg

(誤字あると思う)




扁額を奉納したのは、薩摩 (大隅と日向も) のお殿様・島津吉貴。
日付けが宝永6年(1709) 3月14日となっているので、
江戸時代の大勧進・公慶上人らの尽力で再建なった大仏殿の落慶供養 (3月21日~4月8日) の直前です。
落慶供養に合わせて、曼荼羅用の檀(?)などを奉納したことが記されています。
今、奉納品はどこにあるのでしょうか?


文章の前半は大仏殿創建とその後の再建の経緯が書かれていて、
聖武天皇、源頼朝 (右幕下)、重源上人、公慶上人などの歴史上のビッグネームが並んでいます。
焼き討ちした 平重衡 もちゃんと記されていますよ。


右から2行目に、平重衡が 治承4年 12月28日 に大仏殿を燃やしたと書かれています。

201207288289-1111.jpg

額縁には島津家の紋がありますね。



島津の家伝では、島津氏の祖である島津忠久は頼朝が側室に産ませた子としているため、
扁額のお殿様 (島津吉貴) は自らを頼朝の後裔(22代)と称しているのでしょうね。 (史実かどうかは???)

再建の大仏殿の屋根を支える虹梁には、日向国の白鳥神社の境内にあったアカマツの大木が使われています。
切り倒された木は宝永元年(1704) 1月に白鳥神社を出発。
船に乗せるために鹿児島湾まで運ぶ作業には、島津吉貴の指示があったようです。
東大寺に着いたのは同年9月でした。



大仏の再鋳と大仏殿の再建に心血を注いだ公慶上人。
宝永6年の大仏殿落慶供養には、その姿はありませんでした。
その4年前に亡くなっていたからです。
過労死だったとも言われています。
さぞかし無念だったでしょう。

公慶堂の公慶上人像は、大仏殿に向けて安置されています。



公慶上人の墓
201708091688A.jpg






公慶上人の後を引き継いだ公盛上人の墓
201708091689A.jpg

いずれも五劫院の墓地にて




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR