『心中宵庚申』




2017年11月の文楽公演ポスター
bunchira-01.jpg
お千代さん




近松門左衛門の最後の世話物 『心中宵庚申』 [しんじゅう よいごうしん] は、実際に起きた心中事件を題材にした浄瑠璃。
正式な夫婦でありながら心中するという珍しい話です。

作品の概要はこちらのサイトで → 文化デジタルライブラリー 「近松門左衛門 『心中宵庚申』 」




この夫婦 (お千代と半兵衛) の墓所は2か所あります。



1.来迎寺 [らいこうじ] (京都府相楽郡精華町大字植田)

 最寄駅はJR奈良線・祝園 [ほうその] 駅、近鉄京都線・新祝園駅。
 作品中の 「上田村の段」 は、上田村にあるお千代の実家での話で、今も来迎寺あたりは 「植田」 の地名が残っています。


201709272108A.jpg








201709272096A.jpg








手前の屋根付きのほうが、初代の享保時代の墓石
201709272100A.jpg
その背後に安政四年に建てられた墓石がある。








初代の墓石にも字がかすかに刻まれているのが分かります。
201709272099A.jpg








お千代さんは身ごもっていたので、墓石にはその子の戒名 “離身童子” も刻まれています。
201709272101A.jpg








門の横にある掲示板に文楽公演ポスターが。
201709272112A.jpg








「植田」 の名が付いた地区の掲示板。
201709272122A.jpg






2.銀山寺 [ぎんざんじ] (大阪市天王寺区生玉寺町)

 生國魂神社 [いくくにたまじんじゃ] の近くにあります。
 心中の場所は神社門前の馬場先 (天王寺区上汐3丁目あたり?) にあった東大寺勧進所だったそうです。


201710072392A.jpg







こちらも三人一緒。
201710072397A.jpg








初代・吉田玉男の墓も同じ境内墓地に。
201710072400A.jpg








銀山寺でも文楽公演ポスターが。
201710072401A.jpg





≪余談≫

 毎年10月下旬の日曜日に行われる大近松祭では、近松門左衛門の墓所がある広済寺 (尼崎市) で法要と墓前祭があり、
 そのあと隣接する近松記念館のホールで人形浄瑠璃などが上演されます。
 今年2017年は10月22日(日)に行われる予定。 →
 文楽人形遣いの吉田和生さんはこの数年毎回来られていますが、
 今年は人間国宝になって初めての参拝、上演になります。


墓参りする梅川ちゃん (人形遣いは吉田和生さん)
201310270349A.jpg
(2013年10月27日の墓前祭で)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR