源平ゆかりの高野山寺院 (7)



7.五坊寂静院 [ごぼうじゃくじょういん]

以前、記事にアップしたことがあるので、ここでは概略だけ。

 貞暁ゆかりの寺院で、一心院谷にある。
 貞暁は源頼朝が正室の北条政子とは別の女性に産ませた子で、
 政子らに殺されることを恐れて仁和寺で出家し、その後高野山に入った人。
 後に、貞暁に野心の無いことを知った政子は貞暁に帰依し、
 源氏一族の菩提を弔ってもらうため資金援助もしたらしい。
 貞暁は五坊のひとつ、経智坊にいて、そこに阿弥陀堂を建てて
 胎内に父・頼朝の遺髪を納めた阿弥陀如来像を安置したり、
 源氏将軍三代(頼朝、頼家、実朝)の供養塔を建てたりした。


現状の当院の建物の扉は閉まっていて、人の気配もまったくありません。
ただし境内の手入れはされているようなので、何らかの形で使われているようです。


  ※ 以前の記事 →





201605140152-0111.jpg








201605140155A.jpg







かつて堂舎があったと思われる平らな場所は、杉が立っています。
201605140161A.jpg








境内の奥にあるこの堂は奈良・中宮寺の旧本堂とのこと。
201605140159-0111.jpg




201605140157-0111.jpg








源氏将軍三代 (頼朝、頼家、実朝) 供養塔
201605140148A.jpg

貞暁が建てたというこれらの石塔は高野山で現存する最古の五輪塔で、現在、西室院にある。




(つづく)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -