播州清水寺



西国三十三所第25番札所・清水寺。


201711243742A.jpg








201711243744A.jpg


兵庫県加東市にあります。
京都の清水寺と区別するために、播州清水寺とも呼ばれます。
播州、つまり播磨の国にある清水寺です。
開山は法道仙人というナゾの人物。
一説には、インドの仙人ということですが、
播磨地方の寺院には法道仙人開基と伝わるところがたくさんあります。

<参考> 法道仙人像 (忉利天上寺)
201210216154A.jpg
六甲山地の摩耶山にあります。




根本中堂は推古天皇勅願所と伝わります。

201711243720A.jpg


本尊・十一面観音菩薩立像が30年ぶりにご開帳していました。 (2017年11月1日~11月30日)
拝観のしおりには、根本中堂が大正二年に炎上した際、「自ら避難」 したとあります。
日ごろから、人目を忍んで自ら避難訓練をされていた成果なのでしょうか。




大講堂は聖武天皇が行基菩薩に作らせたと伝わります。

201711243717A.jpg


西国第二十五番札所になっています。
札所本尊は十一面千手観音菩薩坐像で、大正時代に製作された新しい像です。
 記事 →

境内からは明石海峡大橋が見えましたよ。




さて、この播州清水寺。
平家ゆかりと伝わる寺院でもあります。


薬師堂

201711243728A.jpg


創建は池の禅尼と伝わります。
平清盛の継母です。
少年だった源頼朝の助命を清盛に要請したことでも知られています。
堂内には、せんとくんの作者・薮内佐斗司先生によるユニークな十二神将が安置されています。
現在のお堂は、昭和59年に再建されたもの。



多宝塔(跡)

201711243739A.jpg


建立は祇園女御と伝わります。
『平家物語』 にも出てくる女性で、白河法皇の晩年の愛人。
一説には、平清盛の生母とも。


現存していない常行堂は後白河法皇、阿弥陀堂は源頼朝によって建立されたと伝わります。


なんだか、ビッグネームがあり過ぎて、う~ん。。。。


201711243723A.jpg








HarimaKiyomizu-shuinA.jpg






≪余談≫

 京都テレビなど関西のローカル局を中心に放送されている 「西国三十三所 観音巡礼 祈りの旅」
 25分ほどのこの番組では、毎回、順を追って一寺ずつ紹介されています。
 札所本尊の観音さんや寺の歴史、見どころなどが紹介され、ご住職のお話もあります。
 スイーツ巡礼と称して、草創1300年を記念した銘菓も紹介されています。
 番組の最後で、ご詠歌が唱えられるのも特徴です。
 兵庫県在住なので、ワタクシはサンテレビで観ていますが、次回は第三十番札所・宝厳寺が紹介されるようです。

 この番組、一点だけ、ワタクシの気に入らない部分がありまして、
 巡礼の雰囲気づくりのためか、巡礼装束の男性が映像に登場するのですが、
 歩いているシーンで右手の杖を突くタイミングを歩調にまったく合わせていないのですよ。
 イラッとさせられるのは、ワタクシだけでしょうか。



西国三十三所草創1300年 特設サイト →


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -