「至宝をうつす」展・「保存と修理の文化史」展



京都文化博物館の 「至宝をうつす」展。 (会期:2017/12/16-2018/1/28)


20180108pamf1A.jpg



明治時代に写真技術を応用してできたコロタイプは、撮影された写真を原版とする印刷技法で、
自然な濃淡や階調の表現に優れていることから、
古文書や絵画など主に平面仕上げの文化財の複製に利用されてきた、ということです。
今では、世界で唯一コロタイプ印刷を手掛けている京都の便利堂が歩んできた職人技展にもなっています。

展示品の中で、法隆寺金堂壁画と高松塚古墳壁画の原寸大コロタイプ複製が圧巻。
法隆寺金堂壁画全12面は、昭和10年に撮影されたもの。
昭和24年の火災による焼損前の貴重な記録です。
高松塚古墳壁画全4面は、今回、初公開。
発掘直後に撮影された鮮やかな色彩の壁画を間近で見ることができます。
ともすれば軽んじられがちな複製ですが、コロタイプはオリジナルに匹敵するクオリティですから、
文化財の現物保護のためにも今後も有効活用されるべき技法でしょう。

ほかの展示品:
  日本書紀、正倉院文書、御堂関白日記、東寺百合文書、山本作兵衛炭鉱記録画、鳥獣人物戯画、
  伴大納言絵詞、蒙古襲来絵詞、餓鬼草紙、地獄草紙、
  風神雷神図(尾形光琳)+夏秋草図(酒井抱一)両面復元屏風、など

タイトルにある 「うつす」 は単に模写、写真撮影、複製にとどまらず、
後世に受け継いでいくという意味もあるのかも。


20180108pamf3A.jpg




この 「至宝をうつす」展とは別のフロアでやっている 「保存と修理の文化史」展
意外に面白かった。

「ボストン美術館 日本美術の至宝」展で観た、「法華堂根本曼荼羅」 のコロタイプ複製が出ています。
「法華堂根本曼荼羅」 は、もともとは東大寺法華堂にあったという奈良時代の非常に貴重な仏画です。
コロタイプ複製を東大寺が持っていることを今回初めて知りました。
東大寺ミュージアムでも展示して欲しい。

中山忠親の日記 『山槐記』 (写本) も出ていました。
展示されている見開きには、平重衡による南都焼き討ち直後の様子が書かれていて、
東大寺では大仏殿、講堂、食堂、四面廻廊、三面僧房、戒壇、尊勝院、安楽院、真言院、薬師堂、東南院、
八幡宮、気比社、気多社などが焼失した記述が見えます。
(八幡宮は今の東大寺鏡池あたりにあった神社で、現在の手向山八幡宮の前身)



両展あわせて観るのが良いと思います。




≪余談≫

 京都文化博物館のあるあたりは、後白河法皇の皇子・以仁王 [もちひとおう] の邸宅・高倉宮があったところ。
 博物館の中にある日本料理店・なだ万賓館の前に、説明板があります。

201801085223A.jpg



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -