ハイキング立ち寄り大明神 (39)



二月堂修二会で毎夜読み上げられる “神名帳” の神様のうち、ハイキングなどで立ち寄った神社のご紹介。

続きです。



● 廣瀬大社 (奈良県北葛城郡河合町)

   神名帳では、河合大明神 [かわいノだいみょうじん] (47) ←神名帳で読み上げられる順番


  [ひろせ たいしゃ] と読みますが、広瀬神社とも言います。
  神社があるあたりは大和川に複数の支流が合流するところで、地名の河合の由来になっています。
  水の神様です。



201802117272B.jpg






広瀬神社と言えば。。。


201802117307A.jpg



初めて行ってきました。
(2018年2月11日)

正式には御田植祭ですが、一般には砂かけ祭として知られています。
農民の田人 [たびと] と牛(に扮した人) が拝殿前の広場で田植えの所作をしたあと、
鋤 [すき] ですくった砂を参拝者へ情け容赦なく何度もぶちまけます。
参拝者もこれに応じて砂をかけ返します。
境内は、歓声と悲鳴と。
地元の人などは雨がっぱとゴーグルを装備して、完全防砂体勢で参戦。
砂のかけあいは1回5分ほどで、数分の休憩のあと再開。
これを8回やります。
回を追うごとに、砂かけの過激度がヒートアップしていくのもおもしろい。
牛に扮した人は砂かけの際は牛の面を外すのですが、全身が黒装束なので
ライトセーバーを鋤に持ち替えたダース・ベイダーっぽくて、なかなか不気味。
ワタクシは初参拝なので参戦せずに境内の隅で観戦でしたが、それでも砂が飛んできました。
境内に安全地帯は無さそうです。

砂かけが終わると早乙女による田植えの所作があり、そのあと参拝者に対して松苗と田餅が撒かれます。
幸運にも、両方ともゲットできました。

  ※ 廣瀬大社HPにある砂かけ祭の説明 →



201802117771A.jpg








201802117739B.jpg







前日の雨のせいで、湿った重い砂が塊で飛んでくる。
201802118052A.jpg







地元の小学生は楽しくて仕方がない様子。
201802118126A.jpg







一方、砂かけ最終回開始直前、ダース・ベイダーはすでに疲れ切った様子。
201802118172A.jpg







背後から、ドシャッ!
201802118216A.jpg
(アトピン、ご容赦)






松苗
201802118295A.jpg








hirose_shuinA.jpg









廣瀬大社





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

中断可

トータルで千遍になればよく、ひとまず松明開始までやって、残りは「手水、手水」のあとにやっても可です。
松明開始までにやりきれば、「手水、手水」のあとにゴボを頂ける特典あり。

格子が閉まる

数取り懺悔リアル千遍やってたら松明の時間までかかりそうです(涙)

笑ってはいけない

笑ったら、タイキックか、数取り懺悔リアル千遍のいずれかのコースを選択できます。

ダースベイダー

格子の外でハワイのダースベイダーを思い浮かべて笑いそうです。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -