修二会聴聞記(2018年3月3日)



201802248669A.jpg



今年2018年も、ありがたいことに二月堂修二会を聴聞できました。
3月3日の<初夜>から<晨朝>まで。

この日は、暖かくて助かりました。
礼堂では北側か南側の畳に座ることが多いのですが、
外陣では床板が張ってあって、寒いときは板が冷え冷えで足の裏やお尻がつらいのです。
花粉症気味なのでマスクをしたいところですが、練行衆にならってワタクシも意地でマスクなしで。
おかげさまで、油煙の香りをたっぷり楽しみました。(あとで鼻の大掃除)

この日は 〔法華懺法〕 以外の付帯作法や別作法がなく、<初夜>で 「常」 の声明を聴くことができるので、
声明好きにはタマラン日です。

今回、四職の方々は役の経験の浅い方が多いせいか、ぎこちなさがところどころで出てました。
あれっ、大丈夫?、という場面も。
この日だけだったのか。
日を重ねていくうちに、次第に解消されていくのかな。
ちょっと心配。

進行がやや早めで、<晨朝>が終わりかけの頃、退堂させられ、そのあと練行衆が下堂したところで
午前1時の奈良太郎が鳴り響きました。
堂内で奈良太郎を聴くのが好きなのですが、残念でした。
同じ次第だった昨年の3月4日の場合は、下堂が午前1時20分ごろとゆったりめでした。



〔法華音曲〕

 <初夜>と<後夜>のそれぞれの冒頭で、『法華経』の一部が読誦されます。
 ワタクシが好きなところの一つ。
 ソロあり、デュエットあり、ユニゾンあり。
 日によって、しかも<初夜>と<後夜>とで読誦する箇所が異なります。
 (上七日で1サイクルとし、下七日で同じサイクルを繰り返す)
 いちばん好きなのは、7日と14日の<後夜>で唱えられる 『妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八』 の抜粋部分で、
 聴いていて気持ちがいいし、唱える人はもっと気持ちいいに違いない。

    ・・・・・
    三千大千世界。
    微塵等。諸菩薩。具普賢道。仏説是経時。
    普賢等。諸菩薩。舎利弗等。
    諸声聞。及諸天龍。人非人等。
    一切大会。皆大歓喜。
    受持仏語。作礼而去。
    妙法蓮華経。巻第八。



〔称名悔過〕・〔宝号〕

 一連の声明の中で一番有名なところなので、いまさらも申し上げるまでもないでしょう。
 この 〔称名悔過〕 の前段には大導師による 〔大咒願〕 があり、
 〔大咒願〕 → 〔称名悔過〕 → 〔宝号〕 のメドレーリレーの見事さも素晴らしい。
 〔大咒願〕 の最後で、

    天下泰安 風雨順時 五穀成就 万民快楽 ・・・

 の部分が念珠を鳴らしながら声高に唱えられるのは、大事なことだからでしょう。



〔神名帳〕

 このところ二月堂神名帳ゆかりの神社巡りをして、弊ブログで紹介していることもあって、興味津々。
 後半のターボ全開高速読み上げにシビレマスな。
 居場所から姿が見えませんでしたが、読み上げの声の主は佐保山暁祥師だったか。



〔諷誦文〕

 <初夜>の中で、大導師が修二会の目的を語ります。
 声明ではなく地味な部分ですが、ある意味、修二会の最も重要な部分ですし、
 初めて大導師をつとめる上司永照師がどのように語るか、興味津々でした。
 貪瞋痴の人間が犯している罪を観音様に詫びることばが続きます。
 脅しや恐怖で征服しようとする者によって虐げられている人々がいることを忘れてはならない、
 というようなことが語られていたかな。




(つづく)



201802278758A.jpg




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

らんさん、こんばんは!

そうそう、西宮市名塩の和紙でしたね。
たしか泥土が混ざっているのですよね。
ユネスコ無形遺産に登録された和紙に、兵庫県の名塩和紙や奈良県の吉野和紙が入っていないのがちょっと残念ですが。

北の茶所では、2014年から「松明の燃えさしをご自由にお持ち帰りください臨時コーナー」があります。
それまでの、二月堂の舞台周辺で繰り広げられる大人げない行動を見るに見かねたのでしょう。
安心して持ち帰ることができますね。

弊ブログ、少しでもお役に立てれば幸いでございます。
ありがとうございます。

本行期間中、寒の戻りが必ずありますね。
体調を崩さないように気をつけましょう。
(らんさんは若いからまだいいけど。。。)

名塩和紙の牛王札

お~
兵庫県の名塩和紙
谷徳製紙所の人間国宝さんの作られた名塩和紙ですね。

二月堂の牛王札は現物を見たことないのですが
きれいな和紙なんやろうな~。

明日からの雨の予報の前に
午前中に参拝に伺ってきました。
お松明の燃えさしを一本いただいて帰ってきました。

(本堂前にすでに場所取りの方一名(^_^;)

なむさいじょうさんのBlogの説明がわかりやすいうえに
こと細かに書かれてあるので勉強になります。
いつもお世話になっています(⌒▽⌒)

前半の暖かさから一転の明日からの雨模様が気になりますが
無事の満行を祈るばかりです。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -