修二会聴聞記(2018年3月3日)続々




201802278758A.jpg




〔散華〕

 <初夜>の散華行道は、重々しく唱え、ゆったりと行道します。
 いつまでやっているのだと思うぐらい、けっこう長くやっていますので、
 よく知らずに物見遊山的に来ている人は飽きて途中で退堂してしまいます。
 そうしてもらったほうが、ありがたいですが。。。
 一方、<後夜>の散華行道は賑やかで、大好きなのですよ。
 練行衆が足並みを一斉にそろえて、差懸を鳴らしながら行進。
 まるで地面を踏んで春をたたき起こす 「春起こしの行道」 ですね。
 足踏みといっしょに唱えるのは、

    ーぅーっおーぁーぃ
    ーぃーじゅ
    ょーぜー
    ーぃーぃりき
    ょーじょっ  (繰り返し)

 大太文字部分は足踏みタイミング。
 対応する漢字は、

      光明熾盛 「照十方
      摧滅 「三界魔波旬
      抜 「除苦悩観世音
      「現切大神力

 なのですが、読みは 「 部分が頭に来る感じです。
 
 波旬 [はじゅん] は、仏道修行を妨げる魔王のこと。
 いわば、ダークサイド。
 光明が光り輝いて十方を照らし、三界の魔王・波旬を破滅させ、
 苦悩を取り去ってくれる観音様って、そりゃあ、すごいんだから!
 みたいなことでしょうか。(文才無く、すみません)



〔五体〕

 ナムカンの宝号の最後で、練行衆のひとりが五体人として内陣から礼堂に出てきて
 五体板に膝を打ち付ける作法(五体作法)があります。
 今回拝見した佐保山暁祥師の打ち付け方が見事で、細身ながら大きな音を響かせていました。
 五体投地の名人と言われた父・佐保山堯春師の血筋だからでしょうか。





≪余談≫

 下七日の特定の日にしか聞かれないフレーズを聴くのも、また楽しみです。

 突然、「ちゅーや しゅご ぐんだり みょーおー (昼夜守護軍荼利明王)」と叫ぶこともあれば、
 「いさぎよき 補陀の都に 法の声 常に聞かむと 杖奉る 声奉る」、
 「父母を仏に成さむ よしをなみ 補陀の都に 杖奉る 声奉る」と、和語の歌が出てきたりします。
 達陀が終わったあとの 「なむ くぎょー くよー だったん みょー ほー (南無恭敬供養達陀妙法)」 は、
 堂内がざわざわしているときに唱えられるので、よく聞こえないかも。





下堂
201803048865A.jpg




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -