平重衡を追う(67)~ 信円



信円という僧侶が現在どれほど知られているのかわかりませんが、
平安時代末期、反平家勢力を多く抱えていた興福寺のトップクラスの人物。
治承4年(1180) 12月28日の南都焼き討ちの目的は、単に南都を攻撃するだけでなく、
そういった人物も討ち取ってその首を京に持ち帰ることだった。
このため、信円も標的にされていたようです。
ところが南都焼き討ちのとき、信円は興福寺にはおらず、今の正暦寺に住んでいた。
狙われているので平家軍が押し寄せるのは時間の問題と、
信円は正暦寺と同じように興福寺の息がかかっていた内山永久寺(現廃寺)に移った。
しかし、追っ手があちこちの寺を探していると知り、山の中に逃げ込んで事なきを得た。
結局、正暦寺や内山永久寺に追っ手の平家軍を呼び込んでしまい、被災したということです。
正暦寺のご住職の説明を聞いて、興福寺からかなり離れた正暦寺が全山焼失した理由がようやくはっきりしました。
しかも内山永久寺も焼かれたことを初めて知りました。


正暦寺本堂下の斜面には供養塔や墓石がたくさんあります。
斜面の一番上には、3基の宝篋印塔(鎌倉時代)。
そのうちのひとつが、平家軍がその首を手に入れたかった信円の墓です、とご住職。

ネットなどでさらに調べると、3基の宝篋印塔は信円、良円、松殿基房の墓と伝わっているそうです。



201802218458A.jpg







往時の正暦寺を描いた絵巻 (レプリカ)
201802218455A.jpg
山内に80余の塔頭などが建ち並ぶ大寺院だった。






ご住職の右側にある宝篋印塔が信円のものと伝わる墓
201802218464A.jpg
ほかの2つの宝篋印塔は、良円、松殿基房の墓と伝わる。







201802218471A.jpg








201802218490A.jpg





信円★ 周辺の人たち

  父:藤原忠通 (春日若宮おん祭を始めた人)
  同母兄:松殿基房 (殿下乗合事件関係者)★
  異母兄:九条兼実 (平家嫌いで有名。日記『玉葉』で平家への苦情を記したクジョウさん)
  異母弟:慈円 (天台座主。『愚管抄』筆者)
  従兄(実兄とも):藤原基実 (近衛家の祖)
  甥:良円 (九条兼実の息)★
  甥:実尊 (松殿基房の息)

     ★正暦寺にこれらの人たちのものと伝わる墓がある。


信円は解脱房貞慶や俊乗房重源とも親交があったようです。
南都焼き討ち後、興福寺の別當となり、その再興に尽力しました。
また東大寺再興の大勧進・重源さんとも親交があったことから、
文治元年(1185) の東大寺大仏開眼法要の咒願師、建仁二年(1203) の東大寺総供養の導師を務めています。

平重衡が処刑されたのは、文治元年6月23日。
その約2か月後の文治元年8月28日、大仏開眼法要が行われています。
信円は、元仁元年(1224) 11月19日、正暦寺(菩提山正願院)で亡くなりました。
享年72歳。当時としては、天寿を全うしたと言っていい年齢でしょう。



“ 先に私の首が。。。む、無念じゃあ~ ”
0011-21.jpg
(平重衡)






<南都焼き討ち被害寺社一覧> (一部伝承のものあり)

     東大寺
     手向山八幡宮(旧)
     興福寺
     率川神社
     隼神社
     般若寺
     元興寺
     法華寺
     不退寺
     超昇寺(現在廃)
     佐紀神社
     正暦寺 〔以上、奈良市内〕
     當麻寺 〔葛城市〕
     神童寺 〔京都府木津川市〕
        → 拝観のしおりには南都焼き討ちの際、平資盛によって焼かれたとあるが、平重衡の間違いでしょう。
     内山永久寺(現在廃) 〔天理市〕 ★今回追加




正暦寺




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

平家黎明さん、こんばんは!

紅葉の名所なのでその頃であれば人も多くて安心ですけど、かえって多すぎて落ち着かないかも。
ほかのシーズンであれば、グループでハイキングという作戦もありますし、
奈良交通バスのツアーで行くのもひとつの手かと思います。

お返事ありがとうございます。
史蹟巡りの時はいつも猪に遭遇しないかビクビクしていますが、ここもいつか訪れる予定地に追加します(^^)

平家黎明さん、こんにちは!

コメントありがとうございます。

今回で2度目の参拝ですが、猪には遭遇していません。
ただ、春日野園地にも出るくらいですから、出没しても不思議ではないです。

正暦寺略年表に、南都焼き討ち、平清盛、源頼朝、法然上人など、興味深いキーワードがあるので、源平クラスタには隠れた名所かも知れませんね。

No title

ものすごく参考になりました!!
自然な豊かな場所のようですが、猪が出没しそうな場所ですか?
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -