「国宝 春日大社のすべて」展ほか



奈良国立博物館で開催中の 「国宝 春日大社のすべて」展。 (2018年4月14日~6月10日)
「平安の正倉院」とも言われる春日大社のお宝の数々。
美術工芸の超一級品がこれでもかと出陳されています。
※会期中、一部の展示品の入れ替えがあります。


201805121869A.jpg








201805121866A.jpg





観覧前に、公開講座 「春日大社伝来甲冑の特質」 を講堂で聴講。


201805121872A.jpg



中世から近世中期までは、奈良は国内最大の甲冑生産地だったそうです。
そして春日大社伝来の甲冑は、受注した地元奈良の甲冑師が当初から春日大社や興福寺への奉納を目的に製作した可能性が高いとのこと。
赤糸威大鎧(梅鶯飾) に使われている金銅製の飾金物には、ウグイス、蝶、蓑虫、蜘蛛と蜘蛛の巣、虻などが超絶技巧の透かし彫りで表されていて、その拡大写真をパワーポイントで紹介されていました。
ちょうど国宝の甲冑4領が勢ぞろい展示の特別期間で、講座の聴講後での観覧では目の付け所がたくさんできて、とても楽しめました。


猫パンチでスズメを捕まえる様子を螺鈿細工で表している金地螺鈿毛抜形太刀
猫好きのあの悪左府・藤原頼長が奉納したものではないかという説も。
この太刀で使われている主な金物はこれまで金メッキとみられていましたが、最近の調査でほぼ純金であることが判明。
復元模造も並べて展示されていましたが、莫大な製作費でしょうね。
当時の藤原氏の財力は桁外れですな。


東大寺知足院のお地蔵さんもお出まし。
ただ、お地蔵さんよりも厨子に描かれている地獄絵に重点が置かれている感じの展示でした。
余談ですが、「文使い地蔵」 として知られるこのお地蔵さんには、『平家物語』 の 「行隆之沙汰」 の段に登場する藤原行隆とその娘に係る伝説があります。
  → 「平重衡を追う(59)~ 文使い地蔵」




善派の仏像もお出ましになっています。

十一面観音菩薩立像 (善円作)
201111069135A.jpg
以前は平常展で奈良博所蔵品に限って館内撮影できた。



興正菩薩叡尊の周辺で活躍した仏師集団 「善派」 は慶派に比べるとマイナーですが、魅力的な仏像を制作しています。
善円 (善慶) の仏像は、「清純な作風に特徴がある」 と評されています。


地蔵菩薩立像 (はだか地蔵尊)
201607231794-0211.jpg
伝香寺の地蔵会で。
善円か、その一派の作。





さて、奈良博なら仏像館では、法華寺の文殊菩薩坐像が特別展示されています。(5月27日まで)
X線CTスキャン調査の結果、多数の納入物があるのが分かった話題の像です。
   ※産経新聞報道→

この像、視線が合うように、少ししゃがんで向き合うと、とてつもなくイケメンだと分かる。
機会があれば、ぜひお試しあれ。




201805121874A.jpg
「日」の字の中に、神紋の下り藤がある。







201805121879A.jpg




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -