6月23日 平重衡の命日


文治元年(1185) 6月23日、平重衡 処刑。


墓所 (高野山)
201805221976A.jpg
今年2018年もお参りできました。(5月)


201805221978A.jpg










処刑直前の重衡の姿 (安福寺@木津川市)
201611034193-0111.jpg
阿弥陀さんと2ショットで。
江戸時代に描かれたものなので、もちろん空想の姿。
本尊の阿弥陀如来さんは、近くを流れる木津川で重衡が処刑されたときの引導仏と伝わります。



201611034196-0111.jpg






≪余談1≫

 重衡に仕えた木工右馬允知時は、重衡の最期を見届けた人。
 京都の日野で荼毘に付された重衡の遺骨は、埋葬のため知時によって高野山へ運ばれたと伝わります。
 その知時も、高野山の専修往生院で念仏集団のメンバーに加わっていたようです。


円通律寺
201805222021A.jpg
専修往生院の後身寺院。





≪余談2≫

 重衡が処刑されてから約2か月後の8月28日、再鋳された東大寺大仏の開眼法要が執り行われました。
 大仏開眼のときに重衡が生きているのはさすがにマズイので、その前に処刑されたのでしょうね。
 開眼法要では、参列した後白河法皇自らが、大仏さまの目に瞳を描き入れました。
 その時に使われた筆が、正倉院宝物として残されています。(実物を「東大寺大仏展」で見ました)




≪余談3≫

平家打ち首三人衆
(左から)平宗盛、平敦盛、平重衡
201212167469abA.jpg
(神戸・清盛隊@神戸ルミナリエ、2012年)




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

時空を越えて復活できて、なによりです。

平家打ち首三人衆に思わず笑ってしまいました(^^*))
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -