大山崎山荘美術館



アサヒビール大山崎山荘美術館。
天王山の山腹にあります。
元は山荘だった本館に、「地中の宝石箱」と「夢の箱」という新館がつながっています。
これらの新館は安藤忠雄の設計。
「地中の宝石箱」には、クロード・モネの 「睡蓮」 などが展示されています。
庭園の池にはモネにあやかって、睡蓮が植えてあります。



201807143566A.jpg








201807143593rA.jpg








201807143592A.jpg








201807143571A.jpg







本館2階の喫茶室のテラスからは、石清水八幡宮のある男山や、
木津川、宇治川、桂川が合流して淀川になるあたりを眺めることができます。
201807143578A.jpg









201807143588rA.jpg








テラスから別の方向を見ると、宝積寺の三重塔がチラ見え。
201807143579A.jpg







リーガロイヤルホテル京都のオリジナル 「バラとクランベリーのケーキ」
201807143584A.jpg
本館の2階の喫茶室で。 「ウィリアム・モリス デザインの軌跡」 展の開催期間のみの提供だったそう。
喫茶室の入口に大きなオルゴールが置いてあって、賑やかに奏でていました。





以下、庭園にて。

睡蓮の花2輪と半夏生(?)
201807143594A.jpg
睡蓮の花の時期は終わっていました。






桔梗(?)と睡蓮の花2輪
201807143596A.jpg







本館2階の暖炉の柵にもウサギの彫刻が。 オーナーさん、ウサギ好きか?
201807143601A.jpg



撮影NGの館内の様子は、大山崎山荘美術館のHPで →




≪余談≫

 【 昔、淀川を上った人・モノ 】
  ・奈良時代、東大寺大仏鋳造のため、今の山口県から運ばれた銅のインゴット。
  ・平安時代末期、壇ノ浦の戦いで捕虜となった平家の人々(平宗盛と子・清宗、建礼門院、平重衡の妻、
   平知盛の妻、阿波内侍たち)と彼らを護送する源義経。
  ・鎌倉時代初期、南都焼き討ちで焼失した東大寺大仏殿、南大門とそこに安置される金剛力士像の用材として、
   今の山口県から運ばれた大量の材木。
  ・江戸時代初期、再建する大仏殿の虹梁のための用材として、今の宮崎県から運ばれたアカマツの巨木。
  ・平安時代(?)、大阪の住吉神社前の海からお椀の船に乗って、おそらく数年かけてやってきた一寸法師



山崎院跡
201807143610A.jpg
大山崎山荘美術館近くのJR京都線沿いにあります。
山崎院は行基菩薩が建立した寺院のひとつ。
行基菩薩は近くの淀川に山崎橋を架けたと伝わります。
この山崎院あたりで、大仏鋳造用の銅のインゴットが発掘されています。






HIDEYOSHI × MITSUHIDE
201807143605A.jpg




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かすがさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。

ホテル川久のウサギと同じ作者(バリー・フラナガン)ですね。
ホテル川久のHPを見たら、すげーゴージャスじゃあないですか。
かすがさんの別宅?

以前、天王山ハイキングで宝積寺に立ち寄りました。
聖武天皇勅願、行基菩薩開基というゴールデンコンビです。
今回は立ち寄りませんでしたが、仏友二人も行ってましたね。
宝積寺は逃げませんから、大丈夫。
もう少し涼しい時期がベターです。

おはようございます

そのウサギの銅像とよく似たのを、和歌山白浜のホテル川久で見たことあります。

「ホテル川久 ウサギ」などで画像検索すると出てきました。


宝積寺、行けなかった今月の仏像ガイドの行き先でした(・_・、)

前から気になってたのに機会が巡ってきても行けないとは、余程ご縁が無いのかも...
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -