役行者山の護摩焚き


祇園祭の山鉾のうち、おそらく最も“奈良度”が高いのは、役行者山でしょう。
 ※ 祇園祭・役行者山保存会HP →

後祭の山鉾巡行の前日、聖護院から山伏姿の大勢の僧侶がやってきて、会所の前で護摩焚きが行われます。
ワタクシ、公道上で行われる護摩焚きを見るのは初めてです。
もちろん、車両通行止めになっています。

この日、現地に到着した時にはすでに行事が始まっていて、周辺は見物客であふれていました。



201807233970A.jpg
(聖護院で調子こいて法螺貝を吹いたことあり)






本当の聖護院の山伏かなどの山伏問答、矢を放って場を清める儀式の後、いよいよ護摩壇に点火。
201807234010A.jpg








201807234049A.jpg







白い煙が立ち上り、火事に間違われないかと心配になりました。
201807234016A.jpg








201807234094A.jpg








201807233972aA.jpg



あまりの暑さのため、最後まで見届けることは断念しました。
(この日の京都市の最高気温は、38.7℃!)



≪余談≫

 役行者山の会所の敷地には井戸があって、役行者の生地とされる吉祥草寺(奈良県御所市)と通じているらしいです。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -