CD 「曖昧な記憶」




「曖昧な記憶 ambiguous memory」
201808054251raA.jpg




東大寺二月堂の北の茶屋では、修二会(お水取り)の聲明のCDが数年前までかかっていましたが、
最近、東大寺の大鐘<奈良太郎>の重厚な響きとともにピアノのメロディが流れています。
演奏しているのは、榊原明子さん。
奈良在住のピアニスト、作曲家です。
記憶に新しいところでは、昨年2017年10月14日に奈良春日野国際フォーラム甍で行われた
“ピアノと能の響演「重衡」~1180年治承四年十二月二十八日夜半 一本の松明から事件は起こった”公演で、
ピアニストとして出演されていました。
(産経新聞記事→
奈良関連イベントなどに多く関わって活躍されている方で、先日少しお話させていただく機会がありました。


CDは全6曲で、24分ほど。
奈良太郎とピアノが“響鳴”する曲は、心地良かったり、厳粛な気持ちになったり。
後半の3曲は、韓国でのライブ演奏。

CDのオビには、顔写真付きで東大寺上院院主の平岡昇修師の推薦コメントが!
このCDが北の茶屋でかかるのも、二月堂受納所で販売(1,080円、税込み)されているのも、なるほどです。
(奈良市の啓林堂書店奈良店でも販売されているようです)

榊原さんの演奏会情報を調べたら、京都から奈良へ移転したジャズライブハウス「ブルーノート」で
来る8月11日(土)にセッションあって、共演するパーカッショニストがなんと、スティーヴ エトウ氏。→
スティーヴさんは、修二会の練行衆の補佐役である仲間[ちゅうげん] のひとり。

興味津々のセッションなのですが、気付いたのが遅かったので、都合つかず、行けません。
残念!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -