東山魁夷展


京都国立近代美術館で開催中の 「東山魁夷展」 。 (2018年8月29日~10月8日)
京都では30年ぶりの大回顧展、しかも現在修理中の唐招提寺御影堂の障壁画が展示されています。

  ※ 東山魁夷展特設サイト →



京都国立近代美術館の前のモニュメントは、ふすまっぽくしたデザイン

201809014636A.jpg







201809014653A.jpg




静謐。

聞こえてくるのは、せせらぎ、遠くの滝の音、風が揺らす葉の音。
絵を前にして、いつまでも佇んでいたい。


岩絵具の微妙なニュアンスは、画集や図録では分かりません。
「松庭」 で描かれている松は、図録では緑色の塊でしか見えませんが、実際によく見ると松葉の線がちゃんと描かれています。
雪や水が描かれている作品などでは、使われている絵の具に雲母が含まれていて、角度を変えて見るとキラッと輝きます。
「行く秋」 では、黄色いカエデの葉で覆われている画面の周囲に金粉がちりばめられており、カエデの葉にも金泥(?)が使われていて、やはり角度を変えて見ると輝きます。
やはり本物を見るに如くは無し。
「白夜光」 は、所蔵する東京国立近代美術館に行ってよく見た作品で、ン十年ぶりの再会でした。
ワタクシが好きな晩秋の里山を描いた作品は、残念ながらこの展覧会にはありませんでした。

今回の目玉は、唐招提寺御影堂の障壁画でしょう。
御影堂で何度か見たことはありますが、鑑真和上像の厨子のある松の間の<揚州薫風>(御影堂では全体を見渡せません)も含めて、展示会場で再現されたそれぞれの間で各障壁画が展示されています。
これは見ごたえあり。




<夕星>
pmf2A.jpg
(チラシから拝借)


画伯の作品には水鏡を扱ったものがいくつかあり、この絶筆作品もそのひとつ。
少しサイズが小さくて分かりづらいかも知れませんが、よく見てください。
なにかおかしいと思いませんか?
空に輝いている星。
水面に映っていないのです。
この星は画伯そのものなのかも知れません。





pmf1_0001A.jpg

pmf3_0005A.jpg
(チラシから拝借)





この日、関連イベントの講演会があり、聴講しました。
講師は唐招提寺長老の西山明彦師。
「鑑真和上の教え」 という演題でしたが、御影堂の障壁画制作当時の写真やウラ話(?)が面白かった。
当時、画伯の対応をされたのは森本孝順長老で、西山師は「小僧」だったそう。
森本長老は厳しい方だったと何度もおっしゃっていたので、何度も怒られていたことが分かりました。

201809014646A.jpg



ところで、どこかで西山長老をお見かけしたことがあるような、と思って記憶をたどると、奈良・伝香寺の地蔵会(着せ替え法要)でお見かけしたお坊さんだ!
伝香寺のご住職でもあったのです。
そういえば、伝香寺は鑑真和上の弟子の思託 [したく] が開基と伝えられていて、唐招提寺の末寺なのです。




≪余談1≫

 神戸市立博物館のエントランスホールには、東山魁夷画伯の原画によるタペストリーが掛けられています。
 正確には、「いました」。
 現在、工事のため休館中で、2019年11月にリニューアル・オープン予定。


<■江月明>
 201508083156aA.jpg
( ■:サンズイ+「離」 の字)



 東山魁夷画伯は、神戸ゆかりの人物でもあります。
 3歳から18歳まで神戸に住んでいました。
 須磨の浦、六甲山、摩耶山へよく行って写生したそうです。



≪余談2≫

 京都国立近代美術館の所蔵作品にはアンセル・アダムスの写真があり、「東山魁夷展」 と並行して開催されているコレクション展で作品が数点展示されています。
 ワタクシの大好きな写真家のひとりで、展示されているのはオリジナル・プリント。
 モノクロ・プリントのシャドウのグラデーションのなんと美しいことか。
 作品を通して感じる大自然への畏敬の念というものは、東山魁夷の作品にも通じているような気がします。
 さらに余談で、ワタクシの購入した写真集のひとつにアンセル・アダムス写真集「アメリカ原風景」がある。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -