行基さんといっしょに大仏参拝


奈良時代の僧侶・行基菩薩を慕う “ぎょうキスト” たちが、10月20日(土)、東大寺や飛火野に集いました。

東大寺総合文化センターでは 「行基の実像に迫る」 と題するシンポジウムが、
奈良公園の飛火野では 「行基さん大感謝祭」 というイベントが行われました。

ワタクシはシンポジウムの聴講が目的だったので、ほぼ同じ時間帯に行われた大感謝祭はパス。
シンポジウムのあとは、行基さんといっしょに大仏さんを参拝しました(希望者のみ)。


輿に乗せられ、参道を行く行基菩薩像(喜光寺蔵)のあとに、同行の参拝者が続きます。


201810205116A.jpg
紫色の法衣は喜光寺の高次喜勝師





201810205118A.jpg




同行の参拝者(目印は胸に貼ったシール)は行基さんに続いて、この時だけ開けられた中門を通って大仏殿へ。


20181021_0004-1A.jpg
シール





201810205122rA.jpg




大仏殿に入った行基さんは基壇に上がり、大仏さんと正対しました。
なんと、同行した我々も基壇上へ上がってよいとのこと。
てっきり基壇の下でお参りと思っていたので、これにはびっくり。
これまで何度か基壇の上に上がらせていただいているのですが、こういうサプライズは嬉しいですね。
喜光寺の喜勝さんが導師となって、般若心経を皆さんとともに読経。
喜勝さん、薬師寺の花会式のときのように声を張り上げていました。
大仏造営に尽力した行基さんは大仏さんが出来上がる前に亡くなったので、今回のご対面でさぞお喜びだったでしょう。

大仏参拝が終わったあとは、大仏殿前で記念撮影。
その後、飛火野で 「行基さん大感謝祭」 を締めくくるスカイランタンがあったのですが、
ワタクシは時間の都合でパスしました。


 ※ 朝日新聞記事 →






≪余談1≫ シンポジウム・メモ


20181021_0002-1A1.jpg


20181021_0003-1A1.jpg




 シンポジウム午前の部の登壇者は行基さんゆかりの寺社からで、東大寺長老の狹川宗玄師、
 薬師寺長老・喜光寺住職の山田法胤師、唐招提寺長老の西山明彦師、西大寺清浄院・久修園院住職の佐伯俊源師、
 春日大社権祢宜の中野和正氏という、そうそうたるメンバーでした。
 午後の部は研究者の方々のお話が主で、登壇者の中には奈良文化財研究所の馬場基氏も!
 (朝日放送「探偵!ナイトスクープ」の「レイテ島からの葉書」で、葉書を解読した方)

 僧侶の方々は、これまで講演会などでお話を聞いたことのある方ばかりで、一方的に顔見知りです。
 狹川宗玄師は今年2018年で98歳!
 ご高齢ながら、話はよどみなく明快で、歴史上の出来事が起きた西暦もすらすら出てくるし、英単語も飛び出す。
 これからも、どうぞお元気で。
  (お元気とは言え、杖を突きながらの高齢者を20分ほど立たせたまま話をさせるとは、主催者の配慮が足りない)
 山田法胤師は 「マンガで行基さんを採り上げて欲しい」 と強調。
 行基四十九院のひとつとされる久修園院の住職でもある佐伯俊源師は西大寺清浄院の住職で、
 真言律宗の寺院での法要でときどきお見かけします。その声明は迫力があって、密かにファンです。
 行基さんが1万人ほどの民衆を集めて説教したのが飛火野とされていることから、
 中野和正氏は春日大社ゆかりの飛火野について話をされました。
 明治初期の飛火野あたりの古写真(おそらくあまり知られていない貴重な写真)がたくさん紹介されて、
 会場内がどよめきました。

 午後の部で、中川修氏(龍谷大学名誉教授)は、行基さんの利他の心はその師の道昭から受け継いでいると思われる。
 さらに道昭の利他の心は中国留学中に師事した玄奘三蔵から受け継いでいるのではないか、とのこと。
 馬場基氏は 「行基さんの道普請」 と題するお話で、
 演台の後ろに立つのではなく、最近はやりのステージを歩きながらのプレゼンでした。
 オヤジギャグを挟みながら、独自の視点で説明されていて、とても面白かった。

 行基のブレーンは誰か? との質問に対して、近藤康司氏(近畿大学非常勤講師)は、
 不明だが、須恵器を作っていた土師 [はじ] 氏の可能性がある、とのこと。
 これは馬場基氏の発表内容とも符合するところがあって、なかなか興味深かった。

 国土交通省(主催社側)の方の挨拶や、行基さんとのゆかりがある木津川市の市長の話もあり、
 とても中身の濃いシンポジウムでした。




≪余談2≫

 ワタクシが勝手に命名しました。

  ・行基菩薩のファン = “ぎょうキスト” または “ぎょうギスト”
  ・平重衡のファン = “しげひラー”
  ・在原業平のファン = “なりひラー”
  ・俊乗房重源のファン = “ちょうげニスト”
  ・理源大師聖宝のファン = “しょうぼイスト” (しょぼい感じでチト苦しいな)

 ファン度の濃淡はありますが、ワタクシのブログでたびたび登場していただいている方々です。





≪余談3≫

 各地の行基さん。

201411240514A.jpg
(大阪府立狭山池博物館)






201512051485A.jpg
(有馬温泉)





201301027771A.jpg
(正月二日に行われる有馬温泉入初式で、初湯で沐浴する行基菩薩像)





201409149695A.jpg
(伊丹市御願塚)



行基さんが指導して作られた昆陽池 [こやいけ] のある兵庫県伊丹市には、
行基四十九院のひとつ 昆陽寺 [こやでら] があります。
その境内には石碑があって、行基さん作のよく知られた歌が刻まれています。

201409149731A.jpg

山鳥のほろほろと鳴く声聞けば
父かとぞ思ふ 母かとぞ思ふ

(筆は薬師寺・高田好胤師)





町名にもなっている。
201409149713A.jpg
(伊丹市行基町)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -