修行体験ブッダニア


大阪・心斎橋にある三津寺 (通称、みってら) で、今年2018年も 「修行体験ブッダニア」 がありました。


buddania2018-1.jpg
↑ 「11:00~18:00」 が正しい。



201811175680A.jpg




宗派の異なる若手僧侶 (今年は黄檗宗、浄土真宗、時宗、日蓮宗、浄土宗、真言宗、曹洞宗) のご指導の下、仏教体験をさせていただけます。
昨年から一部変更あったプログラムの中から、今回は 「声明唱えて仏に懺悔」、「唱えて踊ってお念仏」、「五感で感じる護摩焚き法要」 を選択して体験しました。
どのプログラムも最初に簡単な講義があって、そのあとに実技という進め方です。




1.「声明唱えて仏に懺悔」 (本堂)

 南無阿弥陀仏に節をつけたお念仏を唱えながら礼拝する、浄土宗の 「三唱礼」 を体験。
 この礼拝は上礼、五体投地、接足礼拝などと呼ばれる最高の敬意を表す所作で、立ったり、ひざまずいての伏し拝みの連続です。
 動きはゆっくりなのですが、お念仏を唱えながら何十回も繰り返すとさすがに汗がにじんできました。
 実際の修行では千回繰り返すこともあるそうで、膝をすりむく人もあるそうです。
 三唱礼のあとは、二人の僧侶による浄土宗の声明を拝聴しました。

   スタッフさんが撮った動画(三唱礼) →
                (声明) →



2.「唱えて踊ってお念仏」 (二階広間)

 前半は、口に出して唱える浄土宗のお念仏。
 僧侶が叩く木魚にあわせて7分ほど、ひたすら南無阿弥陀仏 [なーむあーみだーぶ] を繰り返し唱えました。

 後半は、時宗の踊躍 [ゆやく] 念仏。
 いわゆる踊り念仏です。
 第一念仏から第四念仏まであるとのことですが、時間の関係で今回は第一念仏と第二念仏だけ。
 参加者は広間で輪になって、手を合わせて 「南無阿弥陀~」 と唱えながら、第一念仏では時計回りで前進、第二念仏では反時計回りに後退します。
 もっと動きのある所作なのかなと想像していましたが、ゆっくり目でした。
 やっているうちに、だんだん楽しくなってきましたよ。
 昔の庶民に広く受け入れられた訳が分かった気がします。
 なんだか盆踊りみたいだなと思いましたが、やはりそのルーツ説があるようです。
 手を合わせながら歩む所作は、當麻寺などで行われている練供養会式の菩薩のそれに似ているなあとも感じました。

   スタッフさんが撮った動画 →



3.「五感で感じる護摩焚き法要」 (境内愛染堂前)

 このプログラムは真言宗系です。
 護摩焚きとはどういうことかのレクチャーのあと、愛染明王の前にしつらえられた護摩壇の周りで法要です。
 法要中に、決意を書いた護摩木を自らの手で火に入れます。
 一度これをやりたかったので、よかった~。
 愛染明王のご真言 「うんたきうんじゃく」 (簡略版だそうです) は唱えられましたが、
 はじめはゆっくりだった般若心経がアッチェルして、ついて行けず。
 光明真言は、ばっちり唱えることができました!


201811175687A.jpg


   スタッフさんが撮った動画 →





このあと仏前結婚式がありました。
仏前結婚式は初めて拝見。
本尊・十一面観音菩薩の御前での誓いの言葉は感動的でした。
指輪の交換のほか、念珠の交換もあって、仏式ならではの光景でした。

201811175696rA.jpg




大仏写真家の半田カメラさんが、全国にあるさまざまな大仏を撮った 「108大仏曼荼羅」 の展示コーナーも面白かった。
ご本人がおられたので話を伺ったら、大仏の写真それぞれに思い入れがあって、その語りの熱いこと、熱いこと!


そうそう、「僧侶集めマンダラビンゴ」 というのがあって、会場内にいる各宗派のお坊さんたちにサインを頂き、二列以上埋まったら景品が頂けるというもの。

景品の手拭い
201811175698A.jpg




普段なかなか体験できない仏教体験ができて、充実した時を過ごすことができました。
それにしても、この日、何度 「南無阿弥陀仏」 と唱えたことだろう。



  (参考) 昨年2017年のブッダニア体験記事 →






≪余談≫

 今回、時宗の踊り念仏の指導をしてくださったのは、一遍上人の墓所がある真光寺(神戸市)のお坊さんでした。
 毎年9月16日に「一遍上人御忌法要」があって、そのあとに墓所の前で踊り念仏を行うそうです。
 一般の参拝者も参加することができるそうです。


一遍上人墓所 (真光寺@神戸市)
201205207927A.jpg



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

坂本様
コメントありがとうございます。
ご要請の内容を具体的に教えて頂きたく、改めてコメント投稿ください。
ただしパスワード欄の下にある「管理者にだけ表示を許可する」にチェックください。
(スマホの場合は、「管理人への秘密コメント」を選択ください)
以上、よろしくお願い致します。

No title

ご担当者様

突然のご連絡大変失礼致します。Bridgeの坂本と申します。
弊社は旅行系サービスと広告代理事業を行う会社です。(http://www.bridge-world.jp/)

ブログ記事を見てご連絡させて頂きました。
とある旅行系サービスの広告掲載についてご相談させて頂きのでご興味ございましたら下記までメール頂けましたら幸いです。
sakamoto_rie@bridge-world.jp
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -