西行とお妙さん


和歌山県立博物館で開催された 「西行展」 に、江口の君の肖像画が出ていました。
制作されたのは江戸時代です。
江口の君は普賢菩薩の化身と見なされていたので、白象に乗っています。
江口の君とは、江口の里にいた遊女のこと。



大阪市東淀川区の江口というところに 江口の君堂 という小さな寺院があります。
正式には、普賢院寂光寺といいます。


201812025926A.jpg






201812025904A.jpg






201812025911A.jpg



このあたりはその昔、交通の要所だったところで、歓楽街があり、旅人相手の遊女も多くいたそうです。
ちなみに、『続日本紀』 天平宝字三年(759)十二月十九日条に、高麗からの使者が難波の江口に到着したとの記事があるので、江口が奈良時代から要所だったことが分かります。


さて、西行法師。
天王寺へ参詣に向かう途中、にわか雨に遭い、摂津の江口の里で雨宿りをお願いしたところ、断られてしまいました。
問答歌が 『新古今和歌集』 に載っています。


天王寺へ詣で侍りけるに にわかに雨の降りければ 江口に宿を借りけるに 貸し侍らざりければ よみ侍りける

                     西行法師
世の中を厭ふまでこそ難からめ かりのやどりを惜しむ君かな

  返し                 遊女妙
世を厭ふ人とし聞けば かりの宿に心とむなと思ふばかりぞ




かりの宿を貸すことなど出家するほど難しくないのに、それがダメだなんて! と不満を言ったら、あなたは出家した方なのだから、この世という仮の宿に執着するのは、ちゃんちゃらおかしいでしょ! と江口の君、西行をやり込めました。
「かりのやどり」 を一時的な雨宿りの意味で使った西行に対して、はかないこの世という仏教的な意味で切り返した江口の君は教養のある女性だったのでしょう。
ちと出来過ぎな感じもしますけど。

この問答歌は、西行の歌集 『山家集』 にも載っています。
ただし、『山家集』 では、返歌の初句が 「いへをいづる」 となっていますし、“妙” という名前もありません。
おそらく後年、何かのきっかけで 『新古今和歌集』 のほうに “妙” という名前が付いたのでしょう。
出家した西行が遊女と歌を詠み交わすという状況に想像力が掻き立てられて、後年、謡曲ができたり、画題としてしばしば取り上げられました。
謡曲では江口の君は普賢菩薩となって、西の空へ消える話になっています。
普賢菩薩は女人成仏を説く法華経に登場し、特に女性の信仰を集めました。
このため普賢菩薩の化身の江口の君自身も、信仰の対象となったようです。
そういえば、法華経は妙法蓮華経とも言うので、“妙” という名前もここから来ているのかも。

江口の君 “妙” はその後出家して光相比丘尼と名のり、元久二年(1205)、ここに庵を結んだと伝えられています。
寺伝によると、お妙さんは 平資盛 [たいらの すけもり] の娘 だそうな。
平清盛のひ孫にあたります。
平重衡にとっては、甥の娘になります。
しかし、西行は平清盛と同い年なので、清盛のひ孫と歌を詠み交わすのは時代設定に無理がありますな。
寺伝ですからと言われれば、それ以上何も言えませんが。
それにしても、なぜ平資盛なのだろう。
資盛は、三草山の戦いで源義経にボコボコにされ、その後、壇ノ浦で海へダイブした人。



二基の五輪塔が西行塚と君塚
201812025916A.jpg

江戸時代に出版された大阪周辺名所ガイドブック 『摂津名所図会』 には、境内に西行塔、江口君の墓、西行桜があると書いてある。平資盛のことは一言も触れていませんが。。。






歌塚
201812025925A.jpg

向かって右側の面には西行の歌、左側の面には遊女妙の歌が刻まれています。






句碑
201812025929A.jpg

かろうじて “青畝” と読めたので阿波野青畝の句と分かりましたが、達筆過ぎて判読不能。






由緒書
201812025920A.jpg

ここには平資盛の名が。。。





江口の君堂








≪余談1≫

 江口の君堂の最寄駅となる阪急京都線・上新庄駅から南東方向に徒歩約8分。
 「かぶと公園」 があります。
 このあたりは全国各地にある平景清伝説地のひとつのようです。

 公園にある石碑には、こう刻まれています。

「源平の戦いに敗れた平家の落武者平景清が、かくまってくれた伯父の三宝寺大日房能忍を過って殺害したのを悔やんで、このあたりで冑 [かぶと] を脱ぎ捨てて立ち去ったと言い伝えられています。いまもこの付近から淀川堤防までの一帯の地を 「かぶと」 と称し、「かぶとみち」 の名も残っています。その由来からこの公園をかぶと公園を命名します。」


201812025931A.jpg






201812025934A.jpg






≪余談2≫

 野崎観音 (大阪府大東市) は、正式には慈眼寺といいます。
 近松門左衛門の 『女殺油地獄』 や近松半二の 『新版歌祭文』(通称、「野崎村」) の舞台になっていることでも知られています。
 境内には、お染久松の比翼塚もあります。
 このお寺、開基が行基菩薩とのことです。
 中興の祖としてお堂で祀られているのは、江口の君です。


江口の君堂 @野崎観音
201306097094A.jpg



祀られている江口の君の像の写真
201306097093A.jpg

平資盛の娘?



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -