平成31年練行衆発表


東大寺では毎年12月16日、初代別當の良弁さんの開山忌法要があり、法華堂の秘仏・執金剛神立像が開扉されます。


201209179999-0111.png


東大寺ミュージアムでは、この時期に合わせて良弁僧正にまつわる寺宝が展示されます。
今回、絵巻が展示されていて、赤子(良弁僧正)が鷲にさらわれる場面や、執金剛神の髻の元結紐が大きな蜂になって坂東へ飛んで行き、平将門をやっつける場面などが見られます。
合戦の場面をよく見ると、討ち取った首を持ち歩いている武士がいてなかなかグロテスクです。



さて、12月16日は来年の二月堂修二会に参籠する11人の練行衆が発表される日でもあります。

報道発表によると、来年平成31年 (2019年) の練行衆の配役は以下のとおり。(敬称略)

  和上    筒井寛昭
  大導師   橋村公英
  咒師    上司永照
  堂司    上野周真
  北座衆之一 尾上徳峰
  南座衆之一 佐保山曉祥
  北座衆之二 筒井英賢
  南座衆之二 中田定慧
  中灯    狹川光俊
  権処世界  北河原公慈
  処世界   清水公仁


今回もシンニュウさんはいらっしゃいません。


四王勧請は咒師の独壇場ですが、永照師の迫力ある勧請にはシビレマスな。
初めて咒師をつとめられたときは咒師帽を浅くかぶっておられ、しっくりしていない感がありましたが、その後は深くなっています。
曉祥師と英賢師はついこの間、新入だったよう気がしているのですが、早いものでもう中堅どころですね。




≪余談≫

「カフェ de 坊雑」 の坊雑券
201812156327A.jpg

坊雑 [ぼうぞう] と読みます。




二月堂授与所ではすでに来年2019年の干支の置物、絵馬が販売されています。
201812156329A.jpg

絵馬の絵描きさんが変わった?


※追記
 絵馬の落款印をよく見ると 「梨慧」 とあるので、例年どおり 森田りえ子画伯ですね。
 年号が変わるせいでしょうか、いつもの和暦ではなく、西暦になっていますね。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -