クリスマス・セッション


12月になるとあちこちでクリスマス・ソングが流れ、ベートヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の演奏会が行われます。
ワタクシのコレクションにも関連する音楽はあるのですが、手持ちのCDの曲をそのままアップできないので、YouTubeから埋め込んでみました。 (音量にご注意)



まずはエルビス・プレスリー。

サンタクロースがやってくる (2:00)


ロック歌手のイメージが強いプレスリーですが、クリスマスやゴスペルの歌もたくさん残しています。





次に、ベートヴェンの第9。
確かに第4楽章は感動的だけど、宇宙的で、巨大、深遠な第1楽章が大好きだ。

ベートヴェンの交響曲第9番「合唱付き」 全約75分(第1楽章は冒頭から約18分間)

W.フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団 (1951年、ライブ)


年末になると第9の演奏会が多い理由は知っていたので、チコちゃんにとって「つまんねえ、ヤツ!」です。





その次。
マイルス・デヴィスの1954年クリスマス・セッション。
この年の12月24日に行われたスタジオ録音では、大御所・セロニアス・モンクが迎えられました。
『A HISTORY OF jazz ジャズの歴史物語』(油井正一著) によると、モンクは後輩格のマイルスに「俺のソロのバックでは、ピアノを弾くな」と指示された。
当然、モンクは面白くない。
セッションは緊迫した空気の中で進められたが、"The Man I Love"(Take 2) を録音中に“事件”が発生。

“ミルト・ジャクソン(ビブラフォン奏者)に続いてソロをはじめたモンクは、バック・リズムに対して倍にひきのばしたストレートな展開で十六小節まで弾いた時、つまりブリッジにかかるところで突然手をひっこめて、中断させてしまうのである。
 だんだん胸くそがわるくなってきたらしいのだ。
 驚いたのはベースとドラムだが、そのままリズムを続ける。
 スタジオの壁にもたれて、この有様をみていたマイルスは、たまりかねてラッパをとりあげ、「続けろ、続けろ」という合図を吹く。
 モンクは電撃的に、イン・テンポでブリッジを弾きだすのだが、マイルスの長く尾を引いた音にかさなるモンクのピアノと、そのかげで、一瞬ざわつくスタジオの雰囲気も巧みにとらえられているコレクターズ・アイテムである。
 マイルスとモンクは、その後二度と共演していない。” 
(同書)


2018122400011.jpg




The Man I Love (Take 2) (7:55)

※ "事件”は 4:50 あたりから。やる気のないピアノのソロが始まり、やがて。。。


「MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS」というアルバムに入っているこのテイク。
「喧嘩セッション」とも呼ばれていますが、いざこざは実際はなかったとの説もあります。
普通ならお蔵入りになってもおかしくないのに、話題にして商売してしまうところはさすが。





その次、JR東海のクリスマス・エクスプレスのCM(4:59)。



スマートフォンも携帯電話も無かった時代の、ワクワク感、ドキドキ感が懐かしい。
駅構内の証明写真機から駆け出した女の子がぶつかる帽子をかぶった男は、たしか山下達郎だったはず。






最後、チャイコフスキーのバレエ曲「くるみ割り人形」。
クリスマス・イブのパーティーでくるみ割り人形をプレゼントされた少女クララが体験するお話で、最近、実写の映画が公開されていますね。
「花のワルツ」で大団円としましょう。

花のワルツ (8:13)




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -