平重衡を追う(70)~ 内山永久寺


治承4年(1180) 12月28日の南都焼き討ちでは、南都勢力のトップクラスのひとり、興福寺の僧侶信円が平家軍によって命を狙われていました。
信円はそのとき正暦寺に住んでいましたが、平家軍が攻めてくると聞いて、同じ興福寺系の内山永久寺へ逃げました。
ところが追手が内山永久寺にも迫ったので、信円は近くの山の中に逃げ込んで身をひそめ、命拾いしたそうです。
こうして正暦寺だけでなく、内山永久寺も焼かれたと正暦寺のご住職からお話を伺いました。
 → 「平重衡を追う(67)~ 信円」



“現場検証”に行ってきました。
2019年最初のハイキングは、山の辺の道へ。
その道沿いにある内山永久寺跡へは、久しぶりの訪問です。

永久年間(1113~1118)に鳥羽天皇の勅願により創建され、栄枯盛衰が何度かあって、多いときには50ほどの子院や僧房などの建物があった内山永久寺。
明治時代になって神仏分離令により廃寺となり、堂宇はなくなり、仏像・仏画・経典などは国内外へ散逸しました。
東大寺、興福寺、法隆寺に次ぐ寺領を有し、壮麗な大伽藍だったことから「西の日光」とも称された寺院がかつてここにあったとは信じられない光景です。
池は形を変えて現存するも、その周囲には柿畑やビニールハウスがあるだけ。


201901056548A.jpg








201901056543A.jpg








201901056539A.jpg


内山永久寺の概要は、天理市のHPでどうぞ →


「後醍醐帝行在所 萱御所跡」
201901056546A.jpg

延元元年(1336) 後醍醐天皇が吉野行幸でここに立ち寄ったことを記念する石碑が池の近くにある。
左上の三文字が判然とせず。「行在所」でOK?





内山永久寺跡







≪余談≫

 元は内山永久寺にあったもので、ワタクシが見たことのあるのは以下。


● 内山永久寺の鎮守社にあった住吉社の拝殿

201901056558A.jpg

現在は、石上神宮の摂社の出雲建雄神社拝殿。
廃寺後も住吉社は残っていたようですが、大正3年(1914) に移築されたとのこと。
【国宝】です。




● 両部大経感得図(藤田美術館)
 これも【国宝】です。
 藤田美術館などでお目にかかっていますが、奈良博で2019年春開催予定の「藤田美術館」展で再会できるかも。
 この展覧会では、曜変天目茶碗【国宝】と快慶作・地蔵菩薩立像の出陳は決まっているようです。



● 地蔵菩薩立像(京都国立博物館)
 最近では、京博 「閻魔と地蔵」展(2017年)で拝見。



● 持国天立像(東大寺ミュージアム)
● 多聞天立像(東大寺ミュージアム)
 これら2像は東大寺ミュージアムで千手観音菩薩立像と並んでいらっしゃいます。→


● 愛染明王坐像(東京国立博物館)
 東博でたまにお目にかかります。→



● 四天王像(ボストン美術館)
 「ボストン美術館 日本美術の至宝」展で拝見。
 フェノロサ様、お買い上げ品。



● 内山永久寺置文 (東京国立博物館)
 奈良博「快慶」展で拝見。
 永久寺に関する記録書です。



● 不動明王坐像(京都・正壽院 💛)
 奈良博「快慶」展で拝見。
 快慶作。

fudomyooA.jpg
(チラシから拝借)




● 聖観音立像(奈良・東大寺)
 奈良博「快慶」展で拝見。
 快慶の弟子・行快の作らしい。
 元は内山永久寺の経蔵に安置されていたが、明治の神仏分離令によって東大寺二月堂へ移された。

shokannonA.jpg
(図録から拝借)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かぎろひさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。

「内山永久寺跡」の碑は山の辺の道沿いには無かったと思います。
現地の池で張り出したところに「内山永久寺記念碑」の石碑があるようですよ。
今回、そこには立ち寄りませんでした。

ここに古地図にあるような大寺があったとは、とても思えませんねぇ。

廃寺についても興味があるので、次号のかぎろひ誌、楽しみにしてまーす。

内山永久寺


こんばんは。
コメントしたい記事はいろいろあるのですが、あえてこちらへ。
実は、私もお正月早々に石上神宮~内山永久寺を経るハイキング予定でした。
が、叶わず、いまだ行けてませんが^^;

というのも、次号のかぎろひ誌で廃寺特集を組んでおり、内山永久寺も入っているものですから。
何度も行っているのですが、最近のチェックをしておかなくてはねと。
現地に「内山永久寺跡」の碑って、ありませんよね。
近々、行けたらと思っているのですが。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -