行基さんの初湯


 毎年1月2日、有馬温泉では「入初式」(いりぞめしき)という新春の儀式が行なわれます。
 有馬温泉を復興させた大恩人の行基菩薩と仁西上人に感謝する儀式です。


 見に行ってきました。


【練り行列】






 有馬温泉を見つけた大己貴命(大国主命)の御神体を乗せた輿と、
 有馬温泉を再興した行基菩薩と仁西上人の像を乗せた輿が生雅楽の中、練り行列し、
 神官、僧侶、旅館関係者、芸者さんの扮する湯女が付き従って式場(有馬小学校)へと
 向かいます。


    行基菩薩と仁西上人の像を乗せた輿
  

 どちらが行基さんか分かりませんでした。



【湯もみ】

 式場では、神式と仏式それぞれの儀式があります。
 途中で、有馬温泉の芸者さんによる【湯もみ】があります。
 源泉から採られた初湯は入浴するには熱すぎるので、
 大きな桶に入れられた初湯の温度を太鼓に合わせながら下げていきます。




 そのあと、僧侶が行基菩薩と仁西上人の像にお湯を注いで、沐浴をしていただきます。


“あ゛~っつ。湯もみ、足りん!”




【戻せ、返せ】

 入初式が終わって行列が帰る途中、再び輿に乗せられた行基菩薩と仁西上人が帰られるのを惜しんで、湯女は「戻せ、返せ」と呼びかけ、輿が数十メートルほど行きつ戻りつします。
 「戻せ、返せ」の掛け声は見物人も参加して、楽しいひと時を味わうことができました。


「戻せ、返せ」の掛け声で行きつ戻りつ、激走する芸者さんたち







 ところで、有馬温泉で大恩人とされている仁西上人。奈良の吉野の僧侶ってご存知でしたか?
 いまの吉野郡川上村の福源寺を再興した僧侶だそうです。

 有馬温泉では、奈良ゆかりの行基菩薩と仁西上人が大恩人としてこんなにも感謝されていました。





 ※普段お目にかかることがないので、やはりキレイドコロに目を奪われますナ。







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★ジュゴンさん、こんばんは!
明けましておめでとうございます。
テレビくん、お元気そうでなによりです。
よかった、よかった。
最後の写真。
有馬温泉の芸妓さんは伝統があって、とても格式が高いと聞いています。
めったにお目にかかれない「伎芸天さん」たちが勢ぞろいですから、それはもう、手を合わせて拝みたいくらいの気持ちでしたよ。

なむさいじょうさま
明けましておめでとうございます!
おかげさまで
テレビくん共々元気一杯に年を越す事ができました。
最後のお写真..
いやあ〜どこ見てはるんですか..(笑)

★ かぎろひ さん、こんにちは!
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
有馬温泉の入初式なるものをはじめて拝見しました。
行事は江戸時代から始まったようですが、行基さんたちをいまでも毎年感謝しているところがすごいですね。
調べると、奈良と有馬温泉の関係がいろいろあります。
「戻せ、返せ」では手拍子はありませんでした。
この行事の中では、いちばん楽しい場面と思います。
★白雪さん、こんにちは!
芸妓さんがいると、華やかになっていいですねぇ。
最後の写真。意外と(?)この手の写真撮りますよ。
秘蔵の「私の作品」、見せて下さい!
★らんさん、こんにちは!
そうなんです。
MILK MODEさんにたしなめられました。(笑)
でも、めったにお目にかかれませんからねぇ。
華があって、いいですねぇ。
たしか一般の人向けに、芸妓さんの衣装を身につけて、温泉街散策体験とかができたはずです。
一度いかがですか?
白雪さんに作品にしてもらえますよ。

MILK MODEさんから、ことらにジャンプ!
なんで芸者さんなんかとおもいきや\(^o^)/
あははははっ吹き出しました。
これね!!

面白い行事があるのですね。なんか楽しくウキウキしてきそうですね。
最後の写真隊長の写真とは思えないですね、まるで私の作品みたいですよ。

なむ隊長ゞ
遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
へ~っ、こんな行事のことを初めて知りました。
どこかユーモラスで、楽しい!!
お正月にふさわしいあでやかさがありますし^^
湯もみも、いいですね。
「戻せ、返せ」の唱和に加わりたいものです。
「アンコールッ!」みたいな感じで、手拍子とともにやるんですかね。
あっ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR