ハイキング立ち寄り大明神 (61)~金村神社



二月堂修二会で毎夜読み上げられる “神名帳” の神様のうち、ハイキングなどで立ち寄った神社のご紹介。

続きです。



● 金村神社 (奈良県葛城市大屋)

神名帳では、金村大明神 [かなむらノだいみょうじん] (81) ←神名帳で読み上げられる順番


金村[かなむら]神社の祭神は、大伴金村です。
以下、境内にある由緒書から抜粋・要約。


社伝では、安閑天皇二年(535) 11月12日に、大伴金村の霊を勧請。
延喜式神名帳に記される式内社。
大伴金村は5世紀末から6世紀前半にかけての大和朝廷の有力者で、武烈・継体・安閑・宣化・欽明朝の大連[おおむらじ]。




大伴金村は仁賢天皇の死後、平群氏を滅ぼし、武烈天皇を即位させたと伝わります。
武烈天皇の死後は、越前より継体天皇を迎え、即位させたとのこと。
安閑期には皇后や妃のために、屯倉[みやけ]を設け、屯倉の増設に功があった。
大伴氏全盛期を築いたひとですが、朝鮮半島の経営に失敗して物部尾輿[もののべのおこし]らに責任を問われて失脚したようです。
以降、大伴氏は衰退していきますが、5代または6代後に大伴家持がいます。
金村は欽明朝にも存命だったようなので、安閑天皇二年に大伴金村の霊を勧請したという話はあくまで社伝です。
それと、なぜこの地に勧請されたのかが、よくわかりません。

その昔は八丁(約900メートル)四方の境内を有する大きな神社だったようですが、今はその面影はありません。




201905059703A.jpg








201905059713A.jpg
比較的新し気な石鳥居とくぐると、すぐ左に境内社、正面階段を数段上がると本殿。






本殿、といっても小さな社。
201905059706A.jpg
拝殿なし。ブロック塀で囲われている。






境内社: (左)厳島神社、(右)稲荷神社
201905059705A.jpg






金村神社






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -