平重衡に会った


平重衡は平清盛の五男。

治承4年(1180年)12月28日、東大寺や興福寺などの奈良の仏教寺院を焼き討ち(南都焼討)にした平氏軍の総大将です。

奈良の人には、にっくき大悪人です(よね?)

そんな重衡さんに、実はお会いしたのです。



12月16日、東大寺の開山堂で良弁さんと実忠さんのお像を拝んだあと、神戸に向かいました。


    






神戸ルミナリエ。

    

毎年12月に行なわれる神戸ルミナリエは、単なる電飾イベントではありません。

1995年1月17日の阪神・淡路大震災で犠牲となった方々の鎮魂と追悼、街の復興を祈るのが趣旨です。

最近は、開催経費の多くが募金頼みで資金繰りが厳しいらしく、来年は開催できないのではないかと、毎年のように言われています。




「100円募金にご協力ください」と書かれた募金箱が会場のあちこちにあって、その箱のひとつに寄付金を入れたとき、受付けの3人が着物を着ているのに気付いた。

   なむ  『もしかして・・・・神戸清盛隊の方?』
   平(全)『ハイ、そうです』
   なむ  『おーー、やっぱりそうでしたか。で、重衡さんは?』
   平(重)『ハイ、わたしです』
   なむ  『あんただね、奈良を焼き討ちしたの。さっき、東大寺に行ってきたところだよ』
   平(重)『ひぇ~、その話題だけはご勘弁を~』

というようなやり取りで盛り上がり、自責の念に駆られていた重衡さんと固い握手をかわしました。
もちろん、平宗盛さんと平敦盛さんとも握手。



よかった、よかった。







ねこ段のラスト紅葉


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★かぎろひさん、こんばんは!
奈良入りしている清盛ラッピング電車は、貴重だと思いますよ。
もうすぐドラマが終わる。
ということは、この電車もなくなる。
この電車が平城宮跡の中を走っている写真を撮ってみたいです。
★ *ならら* さん、こんばんは!
このイケメン隊、話題になっていましたか。
最近、あちこちで武将隊が流行っているようですし、熱心な追っかけさんもいるようですね。
そうそう、信長隊もありますね。
平成版の天下分け目の戦い、どうやるか面白そうですね。
★みのさん、こんばんは!
やはり寛秀師の著書は目を通していらっしゃいましたね。
へたに真相を追究して興ざめするよりも、伝説のままがいいときもありますよね。
早朝の奈良の様子、実際に目にすることがありませんので、ご報告ありがとうございます。
写真に撮りたいです。

お答えありがとうございます。
筒井寛秀様の著書も読了済みで、、やはり謎のままなのですね。
東大寺に限らず謎の事柄は、どこにいても多々あるもの。
謎は謎のまま、、ということに帰結するのが、よし!なのでしょうね。
ありがとうございました。
今朝の奈良は、ぐんと冷え込み、辺り一面、霜でキラキラでした。

おはようございます
秋の平城京でのイベントにこのイケメン隊が来て来たらしく、
ちょっと職場で、イケメン隊について盛り上がりました。
全国をまたに掛けて活動をされているようで、
新たな「武士の世」の構築を目指しておいでのように思います。
そのうち、尾張あたりで(信長隊のイケメン隊と)、平成版天下分け目ノタタカイが繰り広げられるかもしれません^^v

こんばんは!
ふふ、感動的なストーリーではありませぬか!
奈良人の積年の恨みを、1日にして、よくぞて解消してくださいました~^^
しかも、清盛さんののラッピング車(知らなかった)で、奈良から神戸へ向かわれるあたり、まことにこころにくいばかりの演出、いたく心揺さぶられ候。

★(小声で) 白雪さん、こんばんは!
もうすぐと言うか、もう終わってますよ。
「もう少ししたら」とか、「近いうちに」とか言っていると、「そのうち」大変な目に遭いますよ。
来年の12月まで話題にしてはなりません。
★みのさん、こんばんは!
ねこ段の件。
故・筒井寛秀師(東大寺長老)の著書でも、この坂で転ぶと猫になるという伝説があるが、その由来は本当のところは不明、とあります。
その著書には、江戸時代(1687年)の本に「ねこ坂」と書かれているのでその頃にはすでにねこ坂と呼ばれていた、とも紹介されています。
ワタクシからお伝えできるのはこれぐらいです。
お役に立てず、申し訳ありません。
現代にタイムスリップのシゲヒラ君をはじめ、ムネモリ君もアツモリ君も、ノリのいいケメンたちでした。

以前から疑問でした『ねこ段』の由来。
東大寺の方や土産物屋さん、やまとくんなかの方、などなど詳しそうなかたに、たずねてはいるのですが、はっきりとした答えは得られていません。僧の衣の裾がながいので、猫でも上り下りできる程度の低い階段だからだとか、この階段で転ぶと猫になるなど、これと納得いく由来には、行き着いてはおりません。
奈良にとても詳しく、たびたび奈良をあるいておられるなむさいじょうさん、何かご存知でしょうか?
ご存知でしたら、お知らせください。
現代にタイムスリップの重衡くんは、素敵な好青年のようでしたね。

おはようございます。
奈良から神戸ですか。流石行動力の隊長!しかし古の奈良から超現代の神戸にとタイムスリップされたのが面白い。
ルミナリエ懐かしく拝見しました、確かに募金を頼りに行われているのがよく伝わりますよね。
家内からのリクエストで第一候補に上がっていましたが・・・もうすぐ終わりますね、大きな声では言えませんが家内にはもう少しした方が人が少なくなるからと言い聞かせています。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR