春日山原始林が危ない!?


あざやかに紅葉するナンキンハゼ。

2010.11.13 @奈良公園浮雲園地




奈良公園にはナンキンハゼが多いですね。
しか~し、手放しで喜べる存在ではないことを存知ですか?

実は春日山原始林にどんどん侵入しているヤッカイモノの外来種なんです。
(たとえて言うと、ブラックバスのようなものかな)

奈良公園には以前はこの木は無く、1930年代に街路樹として植えられてから増え続けているようです。

なぜ増えているのか。
まず、この木は鹿が大嫌いで食べない。
そして鳥たちがこの木の種子のまわりに付いている白い部分が大好物で、種子そのものは糞といっしょにあちこちにバラまかれる。

1000年以上守られてきた原始林の植生が、この数10年間でずいぶん変わってきているそうです。


ナンキンハゼが春日山原始林を脅かしていることは、2010年11月に行なわれた「春日奥山古事の森」普及啓発イベントのシンポジウムで知りました。
伐採しなければならないものと、そうでないものに分けて、整備しているとのことです。
公園管理事務所の方だったでしょうか、伐採したら、紅葉を楽しみにしていた市民から苦情が出て困ったとのエピソードも紹介されていました。
ですから、こういう啓発イベントが行なわれたのでしょう。

原始林が市街地に隣接しているという珍しいロケーション。
春日山原始林は特別天然記念物で、世界遺産にも登録されていますから、数10年、数100年先を見据えた保全活動は大変でしょうが、大切なことと思います。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★ かぎろひさん、こんにちは!
お疲れのところ、コメントありがとうございます。
> 思い切った伐採
以前より踏み込んだ対策になったような感じですね。
対策の効果が分かるまで長い時間がかかると思いますが、保全がうまくいって欲しいですね。
★ bonbonno さん、こんにちは!
いつもありがとうございます。
少し違った角度から奈良のことを記事にしていきたいと思っています。
たまに脱線しますが。(笑)
この秋もできるだけ奈良に足を運ぶつもりです。
★emirin さん、こんにちは!
たまたま参加した普及啓発イベントのシンポジウムでナンキンハゼのことを知りました。
こういうことは、余り知られていないのかも知れませんね。
市街地のすぐ近くに原始林があることは、本当に驚きです。
長いこと禁足地だったこともあるのでしょうけど、それなりに手入れされてきたからでしょう。
これからも大事にしたいです場所ですね。

こんにちは!
驚きです、そういえば・・・若草山などにも多く樹勢してますね!
かぎろひさんのコメントのように「ナンキンハゼ」紅葉がすごく綺麗です・・
大好きな木なのですが・・・
そんなに繁殖率が高ければ、仕方ない事ですね。
原始林が混在している街って・・・・この奈良ぐらいでは?
毎日、見られる原始林なんて・・
それも、すぐ側なのですから・・大事にしたいですよね。

奈良の秋もいい具合に深まってきましたね
いつも奈良の素敵な記事、楽しみに見させて
いただいています。
秋の奈良、ご紹介楽しみにしてます。(^^v

こんばんは!
糸井神社の秋祭り宵宮の取材で最終電車で帰ってきました~
夜中ですが、コメントせずにはいられなくなりまして^^;
ついこの前、奈良公園管理事務所へ行ってきたところです。
そして、おっしゃるようなナンキンハゼのこともお聞きしてきました。
思い切った伐採を考えられているようです。
ナンキンハゼ、葉っぱも実も樹木も素敵だし、残念ですが、将来のことを考えると仕方がないのでしょうね。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR