ミニ「貞慶」展


奈良まほろば館では、企画展「貞慶と神仏習合」が行なわれています。(9月27日~10月9日)





南都仏教の再興に大きな貢献をしたにもかかわらず、ほとんど知られていない貞慶さん。
今年2012年4月から5月にかけて奈良国立博物館で行なわれた「解脱上人 貞慶」展で大々的に取り上げられました。
今回の企画展は、そのミニミニ版といったところでしょうか。

興福寺、海住山寺、唐招提寺などの貞慶さんゆかりの寺院や、神仏習合に関するパネル展示が中心。
今回の企画の監修は、奈良国立博物館の西山厚先生がなさったそうです。
展示コーナーで企画展の準備作業をされていた方から伺いました。
その方、本館の運営やイベント企画などを手がけられている方で、しかも高畑町にあるタイ料理店RAHOTSU(ラホツ)をやっていらっしゃる方でもありました。
ちょっとびっくり。
なお、期間中2回、本館で西山先生の講演会があるとのことですが、残念ながら聴講申し込みは締め切られているようです。



貞慶さんゆかりの浄瑠璃寺の吉祥天立像が展示されています。
といっても、本物ではありません。
しかし、実によくできています。

横顔、美しすぎ!



















金峯山寺蔵王権現の秋のご開帳は、10月1日~12月9日です。
   









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★メグさん、こんばんは!
引き続きのコメント、ありがとうございます。
そう、奈良在住の方の中には奈良のことをネガティヴに表現する方がいますけど、もっと胸を張っていいと思うことがときどきありますね。
> その中のおひとり
あ、ありがとうございます。加えていただいて、恐縮でございます。
あした9月30日、どこかの観月会に行こうと考えていましたが、台風が来るのでやめようかなと迷っているところです。
采女祭も早々と中止が決定されましたしね。

東京の奈良まほろば館
私も 息子が東京に暮らすようになったので行けたけれど
東京の方って 結構 
奈良の事 
レスペクトしてくださってるように感じました。
地元の奈良県民は その事をもっと感じて 地元 奈良を愛して
誇りに思う必要があると思います。
実は私もその事を 県外からこられて奈良県の住民になられて方々から
教えてもらいましたから・・・・(なむさいじょうさんも その中のおひとりですよ)

★かぎろひさん、こんばんは!
この吉祥天さん、あまり大きくないので、自然と上から覗き込むような視線になりました。
横顔などは中腰でたくさん撮りましたから、多分、まほろば館の人に笑われていたと思います。
東京より山陰がいいですよ。
東京は人が多いし、騒音があふれていて、街歩きすると疲れます。
と、元東京都民は言う。(笑)
あー、早く美ノ吉さんでうどん食べたいーっ!

こんばんは!
お疲れさまです~
浄瑠璃寺の吉祥天さん、本物でないとはいえ、おそれおおくも頭上から拝する写真が珍しい! 失礼ながら、へえぇ、こんなんなんや^^;
背後は、奈良博でとくと。
まほろば館、まだまだ道のり遠し、です。
来春ぐらい行けたら、でもやっぱり東京より山陰やな、とか思いますので、なかなか実現しません。
ご出張があっていいですね。十一面さんと一緒だったし。うらやまし。
結崎ネブカ、まだお店では見ておりません(ってあまりスーパー行かないもので^^;)。
先を越されてしまいました~(笑)
来週あたり、また結崎へ行くつもりです。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR