昭和なお店


商店街を歩くと、昭和なお店を見かけます。


初めて見たとき、何の店か分からず、思わず立ち止まってしまった。(@もちいどの商店街)


店に入るなと言わんばかりの網が店の入り口に張ってあるし。
少し場違いな感じのマネキンだし!




三条通りに面したこのお店。


時代に取り残されている感じですけど、ちゃんと営業している!
店に入るには、少し勇気が要ります。
カツカレー実食済み。





※そういえば、「奈良ビブレ」が来年1月20日に閉店するそうですね。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★みのさん、こんばんは!
おー、なんと、ご用達のお店なんですか。それは、それは。
最近、郊外型ショッピングセンターが増えて、こういった地元密着型の商店街が寂しくなっていますね。
もちいどのセンター街は、南に奈良町があるのが有利に働いているところがあると思いますが、やはり長年、地元の人たちに親しまれ、支えられてきたんでしょうね。
いろいろなイベントも企画されているようですし、商店街自体の努力もあるのだと思います。
ワタクシのようなびじたーにとってこの商店街は奈良町に行くときの通り道に過ぎませんでしたが、最近は観光客相手の店よりも、こういった地元密着型のお店を観察しながら歩くのが楽しいです。
さだまさし。40周年。。。。。う~ん、お互いに歳取った訳だ。
★MILK MODE さん、こんばんは!
はい、「ぜに宗」さんです。
目に留まるのは、ワタクシだけではないと思いますよ。
何か事件があって、立ち入り禁止のテープ代わりに、網がしてあるのかと思いましたよ。(笑)
洋裁関係をやっていらっしゃる方には、何らかの思い出があるようですね。
お母様に作ってもらった洋服の生地がこのお店のものだったんですね。
MILK MODE さんが手がけておられるハンドメイドバッグも、もしかしたら原点は「ぜに宗」さんなのかも知れませんね。(勝手な想像です)

こんはんは!
一枚目の写真、これって「ぜに宗」さんじゃないですか?
ここがなむさいじょうさんのお目に留まりましたか?!
子供の頃、ここで買った生地で母親によくお洋服を作ってもらってました。
この様子じゃ、店のディスプレイはその頃とあまり変わってないかもしれませんね~(^-^)

おはようございます。
確かに 一瞬、謎のお店かも。。。
実は、ここは私の御用達のお店。
昔からここにあり、、少し前までは、おばさんが色々、生地の事など相談にのっていただいてましたが、残念ながらおなくなりになりました。
今、現在は、おばさんの面影を残した娘さんがあとを引き継がれています。それにしても、なむさいじょうさんの興味の観点に、驚きいります。私などその辺を歩いていても、自分の興味のあることにしか視線がいきません。至る所に、楽しくためになる情報があるのに、、、反省しかりです。その興味の一つ、一昨夜、昨夜とさださんの40周年コンサート前夜祭、後夜祭とに行って充電してきました。とさ。 
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR