祇園祭宵山2012




久し振りに祇園祭の宵山に行ってきました。
夕方になると提灯に明かりがともり、お囃子が聞こえてきて、独特の雰囲気で盛り上がります。




山鉾の中には、奈良に関係したものがありますよ。

【役行者山】
 修験道の祖・役小角(えんのおづぬ)が、一言主神(ひとことのぬしのかみ)を使って、葛城山と大峰の間に石橋をかけたという伝説をテーマにした山です。
 会所の近くに役小角、一言主神、葛城神の三体のご神体が安置されていました。

   



 山鉾巡行の7月17日当日、これらのご神体が鎮座する山です。

   



 会所にあった役行者の腰掛け石。

   

 由緒書きによると、役行者は生まれたところ(奈良県御所市茅原)から井戸伝いにこの地に駆け上がり、この石に座って修行をされたとのことです。この石に触ると、なぜか肩こりに効くらしい。



そのほかには、古事記の国生みや天岩戸に関連した【岩戸山】もありました。
山鉾それぞれのテーマや、動く美術館とも言われている装飾品などについて調べてみると、なかなか興味深いですよ。

  祇園祭の山鉾→






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★*ならら*さん、こんばんは!
祇園祭独特のあの雰囲気は、ホントええです。
今回は「南観音山」の内部に上って見学しました。
来年は別の鉾に上ってみたいです。
★白雪さん、こんばんは!
ホントにものすごい人の多さですね。
といっても、あの雰囲気を体験すると、また来年も来ようかなと思います。
八坂神社での石見神楽の奉納は、京都の街角でポスターをよく見かけましたよ。
せっかくお声がけしていただきましたが、人が多いところに連日日帰り京都行きとなると、ちょっとつらいです。
次の機会にぜひ拝観させていただきます。
★kumaさん、こんばんは!
ご無沙汰してます。
えっ? kumaさんも浴衣を着て、烏丸で降りたんですかっ?
今日は暑かったでしょう。
熱中症で倒れないように、気をつけてくださいね。

こんにちは!
桂に行く用事?があって今阪急電車に乗っています。http://blog.narasaku.jp/img/d/63676.gif>
浴衣を着られている方がたくさんいらっしゃいます。http://blog.narasaku.jp/img/d/63903.gif>
せっかくなのでわたしも雰囲気を味わいに行ってこようかな…http://blog.narasaku.jp/img/d/xE753.gif>

3年ほど前に行きましたが大勢の人で、ビックリしました。
16日今日の夜「八坂神社」で京都島根県人会の方々が石見神楽を招き奉納されます。
友人たちがお世話をしています都合が良ければもう一晩如何でしょう。

ええですね!!
祇園祭の京都は独特の雰囲気ですよね!!
今日はチョコット上洛の予定なんで、チョコットだけ祭り気分を味わってきます。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR