平城宮跡資料館


久しぶりに平城宮跡資料館を訪問しました。



2010年のリニューアル前に行ったきり。
少しレトロ感が漂っていた館内でしたが、照明やレイアウトも工夫されて見やすい展示になりました。

解説ボランティアの方が、以前に比べると展示品が少なくなって、迫力に欠けているかも知れませんね、と話されていました。
確かにそういった側面もありますが、平城京をキホンから知るには絶好の資料館です。
しかも入館無料! ボランティアガイドも無料!





ワタクシは、奈良時代の人々の生き生きとした生活の様子が分かるような出土品が好きですねぇ。


<木とんぼ、さいころ、操り人形、独楽>

  

  ゲーム機なんか無い時代に、いろいろ工夫して遊んだんでしょう。
  さいころは博打に使ったのかも。



<呪いの人形(ひとがた)>

  

  両方ともヒゲがあるので、呪われているのは男ですね。
  心臓の部分に釘を打った跡があります。
  左のほうは人名らしい文字もあって、両目にも釘を打った跡があります。
  おお、怖っ!



<器に描かれた落書(似顔絵?)>

  

  これはワタクシに似ているような。。。
  

  これは山田優じゃあないですか?
  

  いいですねぇ、こういう落書。
  描いた人、いったい何を考えていたんでしょうか。



<展示品の中で一番のお気に入り>

  

  平城宮跡資料館へ足を運んでご確認を。


リニューアル前には、平城京のどこに誰が住んでいたかが分かる地図がありました。
藤原仲麻呂さんの家はここ、長屋王さんの家はそことか、知った名前の人の家を探すのがとても楽しかったのですが、展示されていませんね。
もう一度見てみたい。











平城宮跡資料館

  入館料:無料
  開館時間: 9:00 ~ 16:30(入場は16:00まで)
  休館日:月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)、年末年始

  展示解説:館内ではボランティアによる解説あり(無料)。

  アクセス(電車の場合):
   近鉄大和西大寺駅北口を出て、道なりに東へ歩いて約15分。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★*ならら* さん、こんばんは!
ハイ、「あれ」がとても気に入りました。(笑)
まさか1300年後に堂々と展示されるとは、元持ち主は夢にも思わなかったでしょうね。
周りにある「木」。
話には聞いていましたけど、具体的にどのように使うのか、「実演」して欲しい。
そうそう、お土産コーナー。
以前はぜんぜん商売っ気がない感じでしたけど、ずいぶんましになりましたね。

たいちょ! おはようございます
やはり、”あれ!”がお気に入りでございましたか・・・・^^;
ジオラマ展示になって、とっても親しみやすい資料館になったと思います。
展示の方法もよくわかるようになっていると思います。
おみやげコーナーが以前より数段良くなっているのにびっくりです^^
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR