解脱上人 貞慶展



奈良国立博物館で開催されている「解脱上人 貞慶」展。
5月27日(日)の最終日まであと一週間となりました。

詳しいことは、下記を参照ください。(いつもの丸投げモード)

  ・かぎろひさんの記事→
  ・奈良博のHP→


先日展覧会に行って、あまり知られていない貞慶さんについて、おぼろげながら知ることができました。
弟子たちが貞慶さんを慕っていたことが分かる文書も展示されていて、そういう人柄を知るにつけもっと顕彰されてもいいような気がしました。




で、今回、展覧会に行った別の大きな目的は、現光寺の十一面観音像でした。
座った姿が非常に珍しく、知的で涼やかな目をしておられる十一面観音さんにぜひお会いしたいと、かねがね思っていました。

現光寺は京都府木津川市加茂町にあって、JR加茂駅から徒歩20分弱ですが、拝観するには現光寺を管理している海住山寺に予約が必要で、しかも10名以上まとまったグループでの拝観が条件になっています。
実物を現地で拝むにはかなりハードルが高いです。

その現光寺の十一面観音さん、ひょっこり奈良博にお出ましになっていると聞いて、行かない理由はありません。

(観光パンフから)


久し振りにいいお顔立ちの観音さんに会うことができました。
360度ぐるりと見ることができます。
小さいですけど、暴悪大笑面もちゃんと見ることができました。

南山城(みなみやましろ)には現光寺のほか、十一面観音さんを安置しているお寺がたくさんあります。

   京都・南山城十一面観音巡礼HP→




会期末となる5月22日から27日(最終日)の期間限定で、超美人がお出ましになりますよ。
浄瑠璃寺の吉祥天さんです。

(奈良博のチラシから)


仏像というより、お人形さんのようですね。
も~、ウットリですね。
でも残念なことに、ワタクシ、今回、奈良博でお目にかかる機会がなさそうです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★みのさん、こんばんは!
櫟野寺の十一面観音さんもぜひお会いしたいのですが、まだ実現していません。
うらやましいですね。
奈良博、もう一度行かれるのですか?
ワタクシももう一度、現光寺の観音さんにお会いしたいのですが、ますますうらやましいです。
★かぎろひさん、こんばんは!
法金剛院は聞いたことはあるのですが、あまりよく存じておりません。
こちらにも座像の観音さんがいらっしゃるのですね。(メモメモ)
かぎろひさんも再び奈良博ですか。うらやましすぎ~。
★らん♪ さん、こんばんは!
ホウ、海住山寺さんが菩提寺なんですか。
あそこは見晴らしがいいし、まわりに茶畑もあったりと、いいところですね。
サクラの時期にお参りしましたが、坂が急でちょいとしんどかったです。
★*ならら*さん、こんばんは!
今回の展覧会は、地味に見えて実は佳作が多くてワタクシもとてもいいと思いました。
林小路の弥勒さん(でしたっけ)、たしか仏像館に展示されていましたよね。
こういう仏像を町内会(?)が持っているのが、奈良の面白いところと思いました。

たいちょ こんばんは
好かったですこの展示。林小路の弥勒さん(だったと思う・・)がとってもきれいでした。キリガネがとっても良く残っていてとってもきれいでした・・

こんばんは。
我が家は菩提寺が海住山寺さんなんです。
現光寺での十一面観音さんにお逢いして拝ませていただいたことあります。
10人以上は、ちょっと大変ですね。

こんばんは!
ご、ご紹介ありがとうございます。
なんだか、途中で強制終了(笑)してしまった記事なので、お恥ずかしい限りです^^;
みのさんのコメントを拝見して、実は私も、数少ないと言われる十一面観音さんの坐像を立て続けに拝観する機会に恵まれたことに思い至りました。
私の場合は、法金剛院ですが、櫟野寺へも行ってみたいものです。
そして私も、もう一度、貞慶展へ行きたいと思っているのですが…、今週中ですね。

こんにちは、現光寺の十一面観音さま、私も訪れたくも、10名以上の条件をクリアーできるはずもなく、今に、いたっておりました。
そして、今回、貞慶展でお会いしてきました。座像としての十一面観音さまは、珍しいのですが、この五月の連休、滋賀甲賀の櫟野寺の十一面観音さまにも、お会いできました。
こちらは、日本最大座佛観音さま(一丈一尺)で、眼前で圧倒されました。珍しい座像の観音様、二体にひと月の間にお会いでき感激しております。22日からの吉祥天さんとともに、もうひとたび、現光寺の観音さまに、お会いしてくることにします。
楽しい情報、いつもありがとうございます。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR